来年度前期朝ドラ「半分、青い。」ヒロインは永野芽郁 オーディション初参加で大役を射止める

2017年6月20日 / 18:53

2018年度前期朝ドラヒロインに決まった永野芽郁

 NHKの2018(平成30)年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」ヒロイン発表会見が20日、東京都内で行われ、ヒロイン役の永野芽郁が出席した。

 連続テレビ小説第98作目となる本作は、北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷の岐阜県と東京都を舞台に、失敗を恐れないヒロイン楡野鈴愛(にれの・すずめ=永野)が高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの、およそ半世紀の物語を描く。

 オーディション初参加ながら2366人の応募者からヒロインの座を射止めた永野は、本作が朝ドラ初出演。失敗を繰り返してもへこたれず、前を向いて生きていくヒロインのキャラクターに、永野自身のおおらかさや天真らんまんさ、度胸と愛嬌(あいきょう)を持ち合わせているところが、ぴったり当てはまったという。

 永野は「昨日の夜に合格したと聞いて考えていたのですが、全然実感はなくて。なんで今ここでこんなに写真を撮られているんだろうという気持ちがあったりする」と素直な感想を語りながらも、「出て来る直前に(会見場が)全体的に青い感じ、マイクも“半分、青い。”ねと話していたら、私、本当にやれるんだって(思って)。少しずつ実感が湧いてきた気もします。うれしいです」と笑顔を見せた。

 朝ドラの印象については「おじいちゃんが本当に大好きなイメージ」「朝の一つの習慣」と明かし、「自分が誰かの習慣になるドラマに出るっていうのは不思議な気もする。そのきっかけを頂いたので、自分らしく楽しくできたらいいな」と期待を寄せた。

 また、意気込みを問われると「昨日のこと過ぎて、頑張りますとしか言えない感じ。中学の時から『七転び八起きで頑張ろう』って毎年お正月に思っていたので、自分がこの役をできたらぴったりなんじゃないかと舞い上がっていました。頑張ります」と小さくガッツポーズを取った。


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top