来年度前期朝ドラ「半分、青い。」ヒロインは永野芽郁 オーディション初参加で大役を射止める

2017年6月20日 / 18:53

2018年度前期朝ドラヒロインに決まった永野芽郁

 NHKの2018(平成30)年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」ヒロイン発表会見が20日、東京都内で行われ、ヒロイン役の永野芽郁が出席した。

 連続テレビ小説第98作目となる本作は、北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷の岐阜県と東京都を舞台に、失敗を恐れないヒロイン楡野鈴愛(にれの・すずめ=永野)が高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの、およそ半世紀の物語を描く。

 オーディション初参加ながら2366人の応募者からヒロインの座を射止めた永野は、本作が朝ドラ初出演。失敗を繰り返してもへこたれず、前を向いて生きていくヒロインのキャラクターに、永野自身のおおらかさや天真らんまんさ、度胸と愛嬌(あいきょう)を持ち合わせているところが、ぴったり当てはまったという。

 永野は「昨日の夜に合格したと聞いて考えていたのですが、全然実感はなくて。なんで今ここでこんなに写真を撮られているんだろうという気持ちがあったりする」と素直な感想を語りながらも、「出て来る直前に(会見場が)全体的に青い感じ、マイクも“半分、青い。”ねと話していたら、私、本当にやれるんだって(思って)。少しずつ実感が湧いてきた気もします。うれしいです」と笑顔を見せた。

 朝ドラの印象については「おじいちゃんが本当に大好きなイメージ」「朝の一つの習慣」と明かし、「自分が誰かの習慣になるドラマに出るっていうのは不思議な気もする。そのきっかけを頂いたので、自分らしく楽しくできたらいいな」と期待を寄せた。

 また、意気込みを問われると「昨日のこと過ぎて、頑張りますとしか言えない感じ。中学の時から『七転び八起きで頑張ろう』って毎年お正月に思っていたので、自分がこの役をできたらぴったりなんじゃないかと舞い上がっていました。頑張ります」と小さくガッツポーズを取った。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top