黒木華、調理シーンは一切吹き替えなし! 小日向文世「しがみつきたくなるほどかわいい」

2017年5月8日 / 15:05

料理人を演じる黒木華

 ドラマ「みをつくし料理帖」第1回完成試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の黒木華、森山未來、小日向文世、安田成美ほかが登壇した。

 高田郁氏の同名小説を基にした本作は、天涯孤独な澪(黒木)が、料理の腕一本を頼りに大坂から江戸に行き、上方と江戸の味付けの違いやライバル店からの妨害、武士・小松原(森山)との身分違いの恋などに悩みながら、やがて一流の料理人になるまでを描く波瀾(はらん)万丈の物語。

 原作のファンから「華ちゃんがやるなんてうれしい」と喜ばれたという黒木は、「それだけで(気持ちが)楽になってうれしくなった反面、これは頑張らねばならないぞと身が引き締まりました」と述懐した。

 黒木は、昨年11月から料理を習い、調理シーンは一切吹き替えなしで挑んでいるという。「初めて使った片刃の和包丁の扱いが難しかったですし、カツオ(のさばき)も大変でした」と1話の撮影時を振り返りながら、「何とかうまく見えるように編集してください…という感じです」と語り、はにかんだ。

 また、澪が働く料理屋「つる家」の主人で、ほとんど丸刈りに近い薄毛の種市を演じる小日向は「こんなに毛のないヅラをかぶるのは初めて。というか、特殊メークで2時間近くかけています」と意外な苦労を吐露した。

 しかし、それに見合った“ご褒美”ももらっているようで、「華ちゃんは時々しがみつきたくなるぐらいかわいくて、いつもうれしい気持ちで撮影をしています」と頬を緩めた。

 一方、時代劇初挑戦の森山は「(時代劇は)奥が深いですね」としみじみ。「手ぬぐいの扱い、箸の持ち方など(時代劇特有の)所作の全ては簡素化して出来上がっていて、ちょっと動きを変えるだけでその人の色合いが出る」と分析した。

 さらに「どの動きをチョイスすればいいか、頭ががんじがらめになりそうだった」と漏らしつつも、「まったく音を立てないで歩くとか、座るとか、勝手に遊びながらやらせてもらっています」と自分流の所作を取り入れていることを楽しそうに報告した。

 ドラマはNHK総合で13日から毎週土曜日午後6時5分から放送。

(左から)小日向文世、黒木華、森山未來、安田成美

(左から)小日向文世、黒木華、森山未來、安田成美


芸能ニュースNEWS

かまいたち山内「徳井義実さんに紹介したい」 確定申告アプリでシミュレーションを体験

トレンド2020年2月17日

 「freee 確定申告 SWITCH 2020」が17日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんが登場した。 続きを読む

磯山さやか、最近のバレンタイン事情を語る 「本命はいても多分あげない」

トレンド2020年2月17日

 「HOUSE JOURNEY JAPAN 茨城~常陸の国は、ラグジュアリー。~」のオープニングイベントが14日、東京都内で行われ、いばらき大使を務めるタレントの磯山さやか、荒磯親方(元横綱稀勢の里)ほかが出席した。 続きを読む

今泉佑唯「たくさんの現実と向き合うことが多かった」 瀬戸利樹「ワクワクを100パーセントに持っていけたら」

舞台・ミュージカル2020年2月14日

 舞台「あずみ~戦国編~」公演成功祈願会見が14日、東京都内で行われ、出演者の今泉佑唯、瀬戸利樹、味方良介、高橋龍輝ほかが登壇した。  本作は、小山ゆう氏の人気漫画を原作とし、刺客として育てられた美しい少女、あずみが戦国の乱世に身を投じてい … 続きを読む

成田凌「役は選ばず、地道にやっていく」 「毎日映画コンクール」で男優主演賞に輝く

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、周防正行監督作の『カツベン!』で男優主演賞を受賞した成田凌が登壇した。  『カツベン!』は、日本映画の黎明(れいめい)期の大正時代に、映画の語り部として人気を博した活動弁士た … 続きを読む

シム・ウンギョン『新聞記者』で女優主演賞 「もっと良い俳優になれるよう謙虚に臨む」

授賞式2020年2月14日

 「第74回毎日映画コンクール 表彰式」が13日、川崎市で行われ、藤井道人監督作『新聞記者』が日本映画優秀賞を受賞し、シム・ウンギョンが女優主演賞を獲得した。  本作は、真実に迫ろうともがく若き新聞記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、「闇」の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top