山田孝之「モテたいと思わないことが大事」 「自分らしく生きていればそれが一番カッコいい」

2017年5月8日 / 04:21

「MAROもてもてマーロ シート」篇

 ネイチャーラボは、メンズケアブランド「MARO」の新CM「MAROもてもてマーロ シート」篇と「MARO もてもてマーロ シャンプー」篇のCMキャラクターに俳優の山田孝之を起用し、8日から全国で放送する。

 以前、同ブランドのCMでミュージカル俳優のような力強い歌声を披露した山田は、今回MARO Boyzとしてエンターテインメント性にあふれた歌とダンスを披露する。

 今回のCMは今までのイメージを一新。自分の好きなものを信じ、人の目も気にとめず、ただ目の前にある今を楽しんでいる。そんな愛すべき男たちの内面からにじみ出る、本当の意味での「カッコよさ」をキャッチーな音楽とダンスで表現した。

 撮影は海外の街角を模したセットで行われ、山田とボーイズたちの絶妙な掛け合いや、明るい雰囲気、そしてシチュエーションや衣装を何度も変えて演じた山田の真剣な姿勢にスタッフも引っ張られ、スムーズに撮影が進み、「楽しむために楽をしない」という山田の言葉がとても印象的な現場となった。

 撮影の合間に行われたインタビューで、MAROを使ってモテモテになりたい男たちへのアドバイスを求められた山田は「僕は、モテたいのだったらモテたいと思わないことが大事だと思います。カッコよくありたいのであればカッコつけないことが一番だと思います。自分を好きになって、受け止めて、自分らしく生きていればそれが一番カッコいいことだと思います」とコメントした。

 「普段もそのように生きているのか」と問われると、「基本そうですね。でも、場合によっては内心ちょっと、カッコつける時もあります」と答えた。

 「そんな姿が、モテる秘訣(ひけつ)なのか」という質問には、「実際モテてるか分からないですけど(笑)。いや、そんなことない! MAROを使い始めてからモテてモテてしょうがないです!(笑)」と宣伝も忘れない山田だった。


芸能ニュースNEWS

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スタート 坂元裕二完全オリジナルの会話劇は「期待通り最高」

ドラマ2021年4月14日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の初回が、13日に放送された。  本作は、3度結婚し3度離婚している大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながらも幸せを見つけようとする姿を描く。  とわ … 続きを読む

「イチケイのカラス」逆転無罪の判決に「スカッとした」 山崎育三郎のハードルシーンには「大爆笑」

ドラマ2021年4月13日

 竹野内豊が主演するドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第2話が、12日に放送された。  イチケイの部長・駒沢(小日向文世)は、合議制で扱いたい案件があるとみちお(竹野内)たちに告げる。それは、一審で有罪判決が下された人気料理研究家 … 続きを読む

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

amazon

page top