阿部サダヲら、新設舞台に戦々恐々 小栗旬から引き継ぐ捨之介は「ほぼ忍者」

2017年4月18日 / 15:35

捨之介を演じる阿部サダヲ

 劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season鳥」制作発表記者会見が18日、東京都内で行われ、作者の中島かずき氏、演出のいのうえひでのり氏と出演者の阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子、粟根まこと、福田転球、少路勇介、清水葉月、梶原善、池田成志が出席した。

 本作は、1300人以上の観客を乗せて360度回転する円形の客席を劇場中央に配置し、その周囲をステージとスクリーンが取り囲むことで“没入感”を体験できる「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として、現在は「Season花」が上演されている。続く「Season鳥」は、歌と踊りの要素を強化してショーアップした新たな「髑髏城の七人」が誕生する。

 中島氏は「小栗旬さんがやった捨之介を、阿部サダヲさんはどうするんだろうと皆さん思っていると思いますけど、こうなります。本当に楽しみにしてほしい」と自信をのぞかせ、「本の直しとしては、自分では本当に面白くできたと思う。それぞれの関係性も変わっていくし、花・鳥・風・月でこういうふうに変えていくんだと納得してもらえると思う」と手応えを語った。

 “花組”の小栗から引き継いで捨之介を演じる阿部は「台本を読ませてもらって、小栗さんがやっている捨之介、市川染五郎さんや古田新太さんがやってきた捨之介とは違うなと思いました」と印象を語り、「捨之介は着流しの感じもすねを出したり色気があると思っていたけど、ポスター撮りの時には全くすねを出さないで、ほぼ忍者みたいな格好でした。多分違うものになるってことだと思う」と笑わせた。

 新しい劇場については、極楽太夫役の松雪が「ちょっと方向音痴なところがあるので、裏で迷わないように気をつけないと。一度うかがったときに裏(の構造が)が難しかったので」と不安を語り、阿部も「こんなの体験したことがないと皆さん言っていました。それを聞いて怖くなって、逆に鍛えるのをやめました。体力を温存した方がいいかと思って」と戦々恐々としていた。

 舞台はIHIステージアラウンド東京で6月27日~9月1日まで上演。

(左から)梶原善、清水葉月、福田転球、松雪泰子、森山未來、阿部サダヲ、早乙女太一、粟根まこと、少路勇介、池田成志

(左から)梶原善、清水葉月、福田転球、松雪泰子、森山未來、阿部サダヲ、早乙女太一、粟根まこと、少路勇介、池田成志


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top