松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

2016年12月3日 / 13:21

作品への思いを語った松雪泰子

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。

 本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作では描かれなかった大人になった主人公の物語として映画化。

 松雪は「川端康成さんが表現したかった京都という舞台を、現代版として表現している作品です。この映画は小説を読むように行間を読む映画です。だからこそ人の想像力が大切になってくると思います」とほほ笑みながら語った。

 世の中に飛び出そうとする役を演じた成海は「そういう女性は素晴らしいと思います!」と言い切った後、「他にどんなこと言えばいいんだろう」と困った表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

 代わって松雪が、成海の役どころについて「璃子ちゃんの演じた役は、才能があるかどうか自分では分かっていない役で、それでも挑戦していく女の子なんです。私自身、若いころは積極的なところがあったので、かつての自分を見ているような気持ちになりました」と自らの過去を重ねて語った。

 そんな松雪を、家族はどのように思っていたのかと聞かれると「自分が方向性に悩むこともあったのですが、そんな自分を家族は手離しで見守ってくれました」と答えた。

 最後にSaito監督は「(本作は)温故知新と言えます。55年前、川端康成さんが今見ている京都の美しさを残そうと思って書いた作品であり、その思いをつないだ人がいるから、この作品は心をつなぐものにしたいと思いました」とコメント。

 それをを受けて松雪は「日本人がなくしてはいけない伝統を、残していかなければいけないという思いはあります。ですが、若い世代にどうやってつないでいくかということが難しいんですよね」と語った。

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督


芸能ニュースNEWS

綾瀬はるか、振袖姿で餅つきに挑戦 「いい運動ですね。熱くなりました」

トレンド2019年1月16日

 「コカ・コーラ」福ボトルPRイベントが16日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める女優の綾瀬はるかが登場した。 続きを読む

河合郁人、初の単独主演舞台で「成長を見せたい」 かつて同居したふぉ~ゆ~辰巳とも共演

舞台・ミュージカル2019年1月16日

 舞台「トリッパー遊園地」の制作発表記者会見が15日、東京都内で行われ、出演者の河合郁人(A.B.C-Z)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、惣田紗莉渚(SKE48)、純名里沙、いしのようこ、渋谷天笑、榎木孝明が出席した。  本作は、現代から戦時中へ … 続きを読む

蒼井優「人生初の司会に緊張しています」 西田敏行「ライバルの役所くんが出ているので…」

授賞式2019年1月15日

 「第42回 日本アカデミー賞 優秀賞発表記者会見」が15日、東京都内で行われ、3月1日に開催される同授賞式で司会を務める、西田敏行と蒼井優が登場した。  会見では、「最優秀作品賞」の選出候補となる「優秀作品賞」を『カメラを止めるな!』『万 … 続きを読む

竹野内豊、誕生日サプライズに笑顔 「こういうの苦手。でもうれしい」

トレンド2019年1月15日

 「2019ブリヂストン新プロモーション・REGNO新商品発表会」が15日、東京都内で行われ、新CMキャラクターに起用された竹野内豊と杏が出席した。 続きを読む

成田凌、キスシーンのむちゃぶりに「イライラしていた」 門脇麦「若いエネルギーが凝縮している作品」

映画2019年1月14日

 映画『チワワちゃん』公開直前パーティーが14日、東京都内で行われ、出演者の門脇麦、成田凌、寛一郎、吉田志織、二宮健監督が出席した。  本作は、友人・チワワ(吉田)の死をきっかけに、揺れる若者たちの姿をエモーショナルに描く青春物語。  イベ … 続きを読む

page top