松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

2016年12月3日 / 13:21

作品への思いを語った松雪泰子

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。

 本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作では描かれなかった大人になった主人公の物語として映画化。

 松雪は「川端康成さんが表現したかった京都という舞台を、現代版として表現している作品です。この映画は小説を読むように行間を読む映画です。だからこそ人の想像力が大切になってくると思います」とほほ笑みながら語った。

 世の中に飛び出そうとする役を演じた成海は「そういう女性は素晴らしいと思います!」と言い切った後、「他にどんなこと言えばいいんだろう」と困った表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

 代わって松雪が、成海の役どころについて「璃子ちゃんの演じた役は、才能があるかどうか自分では分かっていない役で、それでも挑戦していく女の子なんです。私自身、若いころは積極的なところがあったので、かつての自分を見ているような気持ちになりました」と自らの過去を重ねて語った。

 そんな松雪を、家族はどのように思っていたのかと聞かれると「自分が方向性に悩むこともあったのですが、そんな自分を家族は手離しで見守ってくれました」と答えた。

 最後にSaito監督は「(本作は)温故知新と言えます。55年前、川端康成さんが今見ている京都の美しさを残そうと思って書いた作品であり、その思いをつないだ人がいるから、この作品は心をつなぐものにしたいと思いました」とコメント。

 それをを受けて松雪は「日本人がなくしてはいけない伝統を、残していかなければいけないという思いはあります。ですが、若い世代にどうやってつないでいくかということが難しいんですよね」と語った。

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top