松雪泰子、舞台あいさつで成海璃子に助け舟 「若いころは積極的なところがあった」

2016年12月3日 / 13:21

作品への思いを語った松雪泰子

 映画『古都』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、橋本愛、成海璃子、葉山奨之、伊原剛志、エンディング曲を担当した新山詩織、Yuki Saito監督が登壇した。

 本作は、川端康成の名作小説を現代風にアレンジし、原作では描かれなかった大人になった主人公の物語として映画化。

 松雪は「川端康成さんが表現したかった京都という舞台を、現代版として表現している作品です。この映画は小説を読むように行間を読む映画です。だからこそ人の想像力が大切になってくると思います」とほほ笑みながら語った。

 世の中に飛び出そうとする役を演じた成海は「そういう女性は素晴らしいと思います!」と言い切った後、「他にどんなこと言えばいいんだろう」と困った表情を見せ、会場は笑いに包まれた。

 代わって松雪が、成海の役どころについて「璃子ちゃんの演じた役は、才能があるかどうか自分では分かっていない役で、それでも挑戦していく女の子なんです。私自身、若いころは積極的なところがあったので、かつての自分を見ているような気持ちになりました」と自らの過去を重ねて語った。

 そんな松雪を、家族はどのように思っていたのかと聞かれると「自分が方向性に悩むこともあったのですが、そんな自分を家族は手離しで見守ってくれました」と答えた。

 最後にSaito監督は「(本作は)温故知新と言えます。55年前、川端康成さんが今見ている京都の美しさを残そうと思って書いた作品であり、その思いをつないだ人がいるから、この作品は心をつなぐものにしたいと思いました」とコメント。

 それをを受けて松雪は「日本人がなくしてはいけない伝統を、残していかなければいけないという思いはあります。ですが、若い世代にどうやってつないでいくかということが難しいんですよね」と語った。

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督

(左から)新山詩織、葉山奨之、成海璃子、松雪泰子、橋本愛、伊原剛志、Yuki Saito監督


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top