佐々木蔵之介、誕生日サプライズに「おおきに!」 横山裕と客席で豆まきも

2017年2月2日 / 21:56

舞台あいさつに出席した佐々木蔵之介

 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』大ヒット御礼舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)と小林聖太郎監督が出席した。

 イケイケやくざ・桑原を演じた佐々木は「公開して大ヒットの舞台あいさつをさせていただけることほど幸せなことはない」とうれしそうに語り、ヘタレ建設コンサルタント・二宮役の横山も「大ヒット御礼ということで、皆さまの前に立たせていただいてることを幸せに感じています」と感謝を述べた。

 上映前にもかかわらず“お気に入りのシーン”を発表することになり、佐々木は「まだ見てない人、大丈夫? もうすんませんね、しょうがないもん」と苦笑しながらも大阪・御堂筋の淀屋橋と本町の間で撮影されたという橋爪功とのワンシーンを挙げた。俳優になる前の会社員時代に「京セラドームを作るということで役所や竹中工務店と仕事をしていて、あの辺りは久しぶりだったから気持ちが上がっていて…。つまり映画とは全然関係ない」思い出だと明かして笑いを誘った。

 横山は親子を演じたキムラ緑子とのワンシーンで「ここ、なんか感慨深いシーンですね。緑子さんが僕の残ってるもんをパクっと食べて。『子どもの残り物って食べたなるやろ』って。その間がものすごくリアルでした」とほほ笑ましい撮影中のやり取りを振り返り、佐々木も「俺もここ好き」と頬を緩めた。

ファンに向けてひと足早く豆まきを行った

ファンに向けてひと足早く豆まきを行った

 そのシーンの静止画がスクリーンいっぱいに映し出されると、小林監督は「横から見たらすごく似ている」と大きくうなずき、佐々木は「このとき髪長いなあ」とポツリ。横山も「長いですね。今日切りたてですから。『ヒルナンデス』が終わってすぐ切ってきました」とさっぱりした新髪型のお披露目となった。

 そのほか“ヤクビョーガミが厄を払う”として、3人がステージから客席に向けて明日の節分を先取りで豆まき。佐々木と横山は途中でステージを降り、客席通路からファンに向かって豆をまくなどファンサービスで喜ばせた。

 また、締めのあいさつが終わり、最後の写真撮影というタイミングで横山が「ちょっと待ったあ!」と切り出すと「2月4日は蔵之介さんの誕生日ですよね。このまま帰しませんよ、蔵之介さん!」とファンに呼びかけてバースデーソングを歌い、サプライズで桑原の似顔絵入りバースデーケーキを贈った。

 佐々木は「すごい、やられたー。それでか、フォトセッションのあとにあいさつがないと聞いて、ちょっと進行がおかしいなと思ったんです」と舞台あいさつの打ち合わせを振り返り、「えー、あの。おおきに!」と照れ混じりに喜んだ。仕切り直して横山と佐々木が仲むつまじくケーキを食べさせあったが、横山は「こういう映画ではございません!」とフォローして大きな笑いを誘っていた。

バースデーケーキで誕生日をサプライズ祝福された佐々木蔵之介

バースデーケーキで誕生日をサプライズ祝福された佐々木蔵之介


芸能ニュースNEWS

深田恭子、憧れの「アンパンマン」でゲスト声優 自身の“アンパンマン的存在”は「吉田沙保里さん」

映画2021年4月12日

 映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントが12日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務める深田恭子、山崎弘也(アンタッチャブル)が出席した。  シリーズ32作目となる本作は、「雲の国」で生まれた雲の子・フワ … 続きを読む

本仮屋ユイカ「夫を殺す闇を背負った女の子です」 白洲迅&青柳翔と生配信イベントで主演作をアピール

ドラマ2021年4月12日

 ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」初回放送直前生配信イベントが10日に行われ、出演者の本仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔が登場した。  本作は、小説投稿サイト「エブリスタ」に投稿され、話題となった同名小説をドラマ化。主人公の夏奈(本仮屋)は、 … 続きを読む

ドロキュン劇場「殴り愛、炎」完結編に「笑い疲れた」 「山崎育三郎と市原隼人の無駄遣いが最高」

ドラマ2021年4月12日

 山崎育三郎が主演するドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日系)の後編が、9日に放送された。  本作は、鈴木おさむ氏が脚本を手掛けた“ドロキュン劇場シリーズ”の最新作。 エリート医師の明田光男(山崎)が、婚約者の豊田秀実(瀧本美織)と緒 … 続きを読む

広瀬すず×櫻井翔「ネメシス」放送スタート ポンコツ探偵役の櫻井に「いとおしかった」の声も

ドラマ2021年4月12日

 広瀬すずと櫻井翔が出演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の初回が、11日に放送された。  本作は、映画監督・入江悠が手掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。気鋭の推理小説家たちがトリックを監修した。  横浜のさびれ … 続きを読む

松重豊ら『バイプレイヤーズ』初日に感慨 「おちゃめな大杉さんがスクリーン裏で待機してそう」

映画2021年4月10日

 映画『バイプレイヤーズ』初日舞台あいさつイベントが9日、東京都内で行われ、出演者の田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、北香那と松居大悟監督が登壇した。  本作は、豪華なバイプレーヤー(名脇 … 続きを読む

amazon

page top