佐々木蔵之介、平幹二朗さんの思い出を語る 「舞台で『父さん』と呼べるのがうれしかった」

2016年10月28日 / 16:29

佐々木蔵之介

 22日に82歳で死去した俳優の平幹二朗さんの告別式が28日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、元妻の佐久間良子、中尾彬、中村玉緒、藤原竜也、桐谷健太、竜雷太、堤真一、山田涼介、溝端淳平、佐々木蔵之介ほか約600人が参列した。

 参列後、取材に応じた中村は「(舞台で)平さんの相手役をさせていただいたことがついこの間のよう。それ以降、30何年もお会いしていないんです。平さんは、ご子息(平岳大)と一緒にお芝居をしたかったんじゃないかと。それだけが平さんの心残りだと思います」と語り、涙を流した。

 続けて「でも、(喪主として)ごあいさつする姿は、素晴らしくしっかりなさっているので、きっと立派に跡を継がれると思います。平さんは天国でもお芝居をしていらっしゃる。そんな気がしております。本当に悔しかったと思いますけど、どうぞ安らかに眠ってください」と語った。

 佐々木と溝端は4年前の舞台「こんばんは、父さん」で平さんと共演した。溝端は「大大先輩。こんな方と一緒に同じ板の上で芝居できたことは、間違いなくこれからの自分の財産になると思います」と語った。

 続けて「役者としては雲の上の方、とてつもない次元の方なのですが、お芝居への向き合い方がつい最近芝居を始めたばかりの演劇青年のようにすごく純粋に貪欲に臨まれていて。その姿がすがすがしいというか、僕にとってはあの大先輩が…と衝撃的でした」と明かした。

 息子役を演じた佐々木も「稽古も含め、平さんを『父さん』と呼べる(役柄の)立場がうれしくて。平さんが、あの大きな体でせりふを言うと、劇場を突き抜けて、そのエネルギーが大地に空に宇宙まで届くようでした」と述懐。「平さんは、圧倒的な存在感で舞台に立たれるのですが、非常にチャーミングな方でした。地方公演に行った時も、平さんが(食事の)店(の予約を)を取ってくださったりしました」と思い出話を披露した。

 最後は「平さんは憧れの演劇の大先輩でした。昨日の夜、(葬儀場で)平さんとお会いして、眠ってらっしゃるのに力強い。今にも、シェークスピアのせりふを言い出しそうな感じで。ひとまず第一幕は終わって休憩、第二幕は立たれるのではないかと思いました」と声を震わせた。

 放映中のドラマ「カインとアベル」で平さんの孫役を演じている桐谷は「ワンシーンだけご一緒させていただいたのですが、もっとお話を聞いたりしたかった」と残念がり「役者として道を開いてくださった大先輩。すごく柔らかい方でした。もっと共演したかったのですが、その瞬間をもっと大切にしなければいけないと感じたし、役者というのは生身の人間がやっているんだなと教えていただきました」と平さんをしのんだ。


芸能ニュースNEWS

高橋英樹、事務所移籍の経緯を明かす 「娘が『私1人だけ売るの?』と言うから」

トレンド2019年6月25日

 「海の深層水『天海(あまみ)の水』」発売20周年記念・アンバサダー就任イベントが25日、東京都内で行われ、俳優の高橋英樹が出席した。 続きを読む

飯豊まりえ「すごく癒やされる森に行きたい」 安藤なつ「セクシーな下着で婚活に励んでいる」

トレンド2019年6月24日

 「フリスク クリーンブレス レモンミント」新商品発売記念イベントが24日、東京都内で行われ、女優の飯豊まりえとメイプル超合金のカズレーザーと安藤なつが登場した。 続きを読む

吉本興業、宮迫博之、田村亮らに謹慎処分 宮迫「皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したい」

ニュース2019年6月24日

 吉本興業は24日、同社所属の宮迫博之、田村亮、レイザーラモンHG、福島善成、くまだまさし、パンチ浜崎、木村卓寛、ムーディ勝山、2700、ディエゴの活動を当面の間停止させ、謹慎処分とすることを発表した  同社によると、5年ほど前に、上記芸人 … 続きを読む

純烈・酒井、紅白再出場に意欲「夢をつかみたい」 SKE48・高柳、夏らしい浴衣姿を披露

トレンド2019年6月24日

 「大江戸温泉金魚物語」~金魚祭りアート博覧会~オープニング・セレモニーが24日、東京都内で行われ、スーパー銭湯アイドル・純烈の酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太、SKE48の高柳明音ほかが出席した。 続きを読む

梶裕貴、結婚後、初めて公の場に登場 「幸せ者だなと思っています」

舞台・ミュージカル2019年6月24日

 「イノサン musicale」記者会見が24日、東京都内で行われ、出演者の古屋敬多、梶裕貴、武田航平、楽曲を提供したMIYAVIほかが登壇した。  本作は、フランス革命時の死刑執行人サンソンを描いた坂本眞一氏の歴史大河漫画を原作としたミュ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top