佐々木蔵之介、平幹二朗さんの思い出を語る 「舞台で『父さん』と呼べるのがうれしかった」

2016年10月28日 / 16:29

佐々木蔵之介

 22日に82歳で死去した俳優の平幹二朗さんの告別式が28日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、元妻の佐久間良子、中尾彬、中村玉緒、藤原竜也、桐谷健太、竜雷太、堤真一、山田涼介、溝端淳平、佐々木蔵之介ほか約600人が参列した。

 参列後、取材に応じた中村は「(舞台で)平さんの相手役をさせていただいたことがついこの間のよう。それ以降、30何年もお会いしていないんです。平さんは、ご子息(平岳大)と一緒にお芝居をしたかったんじゃないかと。それだけが平さんの心残りだと思います」と語り、涙を流した。

 続けて「でも、(喪主として)ごあいさつする姿は、素晴らしくしっかりなさっているので、きっと立派に跡を継がれると思います。平さんは天国でもお芝居をしていらっしゃる。そんな気がしております。本当に悔しかったと思いますけど、どうぞ安らかに眠ってください」と語った。

 佐々木と溝端は4年前の舞台「こんばんは、父さん」で平さんと共演した。溝端は「大大先輩。こんな方と一緒に同じ板の上で芝居できたことは、間違いなくこれからの自分の財産になると思います」と語った。

 続けて「役者としては雲の上の方、とてつもない次元の方なのですが、お芝居への向き合い方がつい最近芝居を始めたばかりの演劇青年のようにすごく純粋に貪欲に臨まれていて。その姿がすがすがしいというか、僕にとってはあの大先輩が…と衝撃的でした」と明かした。

 息子役を演じた佐々木も「稽古も含め、平さんを『父さん』と呼べる(役柄の)立場がうれしくて。平さんが、あの大きな体でせりふを言うと、劇場を突き抜けて、そのエネルギーが大地に空に宇宙まで届くようでした」と述懐。「平さんは、圧倒的な存在感で舞台に立たれるのですが、非常にチャーミングな方でした。地方公演に行った時も、平さんが(食事の)店(の予約を)を取ってくださったりしました」と思い出話を披露した。

 最後は「平さんは憧れの演劇の大先輩でした。昨日の夜、(葬儀場で)平さんとお会いして、眠ってらっしゃるのに力強い。今にも、シェークスピアのせりふを言い出しそうな感じで。ひとまず第一幕は終わって休憩、第二幕は立たれるのではないかと思いました」と声を震わせた。

 放映中のドラマ「カインとアベル」で平さんの孫役を演じている桐谷は「ワンシーンだけご一緒させていただいたのですが、もっとお話を聞いたりしたかった」と残念がり「役者として道を開いてくださった大先輩。すごく柔らかい方でした。もっと共演したかったのですが、その瞬間をもっと大切にしなければいけないと感じたし、役者というのは生身の人間がやっているんだなと教えていただきました」と平さんをしのんだ。


芸能ニュースNEWS

「にじいろカルテ」第7話は「夫婦愛に泣けた」 認知症の“雪乃”安達祐実が2度目の結婚式

ドラマ2021年3月5日

 高畑充希が主演するドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系)の第7話が、4日に放送された。  本作は、山奥にある「虹ノ村診療所」を舞台に、ポンコツ内科医の真空(高畑)と、癖の強い外科医の朔(井浦新)、看護師の太陽(北村匠海)の姿を描く医療ド … 続きを読む

「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

ドラマ2021年3月5日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。  剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れな … 続きを読む

桜井玲香、咲妃みゆへの思いを告白  「好きが止まらないぐらいに大好き」

舞台・ミュージカル2021年3月4日

 舞台「GHOST」初日前日囲み取材&公開稽古が4日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、咲妃みゆ、桜井玲香、水田航生、森公美子が登場した。  本作は、大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をミュージカル化。温厚で誠実な銀行員のサム(浦 … 続きを読む

松坂桃李が“モンハン語”に挑戦 ミラ・ジョヴォヴィッチとオンライントーク

映画2021年3月4日

 映画『モンスターハンター』ジャパンプレミアムトークショーが4日、東京都内で行われ、出演者の山崎紘菜、日本語吹き替え版の声優を務めた本田貴子、松坂桃李が出席。主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督もオンラインで参加し … 続きを読む

大泉洋、吉田大八監督にボヤき連発 「全然オーケーが出ない。どんどんパニクる」

映画2021年3月4日

 映画『騙し絵の牙』騙し合いバトル開幕式が3日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。  本作は、作家の塩田武士氏が、大泉を主人公に当て書きした小説の … 続きを読む

amazon

page top