平岳大、亡くなる前日に「家族の会話ができた」 父・平幹二朗さんの告別式で明かす

2016年10月28日 / 15:24

父の位牌を持つ喪主の平岳大

 22日に82歳で死去した俳優の平幹二朗さんの告別式が28日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、元妻の佐久間良子、中尾彬、中村玉緒、藤原竜也、桐谷健太、竜雷太、堤真一、山田涼介、溝端淳平、佐々木蔵之介ほか約600人が参列した。

 平さんと佐久間の長男・平岳大は、喪主あいさつで「『生前父は』という言葉をいつか自分も言う日がくるなとは思っていましたけど、こんなに早く唐突にくるとは思っていませんでした」と悲しみを吐露。

 続けて「生前父は、どんな逆境に立たされても不死鳥のようによみがえってきました。30年前に肺がんを患った時も、それから大病を患った時も、小さな奇跡を起こしながら復活を遂げてきました。それで衰えるかな?と僕は思ったのですが、なぜか病気をすればするほどパワーアップしていく不思議な人でした」と振り返り、「その原動力になっていたのはやはり芝居だと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 また、平さんが亡くなる前日に、岳大の妹が一カ月前に出産した、孫の顔を一緒に見に行ったことを報告。岳大は「あまり子どもの扱いに慣れていない父は、遠くの方から最初は不思議そうに子どもの顔を見ていたのですが、だんだん慣れてくると、最後にはあの太い大きな繊細な手で赤ん坊を抱きかかえ、哺乳瓶でミルクをあげていました。それに気をよくしたのか、その晩は大好きなワインをたくさんいただきました」と明かした。

 さらに岳大は「今まで僕と妹と父ができなかった、家族の会話ができました。それにまた気をよくしたのかさらにお酒をいただき、僕はフラフラの父を抱きかかえて父の家に送り届け、ベッドの上に座らせ『もう飲むなよ』って言ったんですが。その時、父は子どもが親を見るようなかわいい顔をして『タケ、もう帰りなさい』と笑っていました」と最後の会話を述懐した。

 岳大は「父は幸せだったと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました」と締めくくった。


芸能ニュースNEWS

北山宏光「梅雀さんの声を夜な夜な聞きながら」 大先輩に日本語のイントネーション指導を依頼

舞台・ミュージカル2019年10月11日

 舞台「THE NETHER ネザー」の公開舞台稽古が11日、東京都内で行われ、出演者の北山宏光(Kis-My-Ft2)、中村梅雀、シライケイタ、平田満が稽古後に囲み取材に応じた。  本作は、インターネット上の仮想空間にはびこる「人間の欲望 … 続きを読む

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

トレンド2019年10月11日

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。 続きを読む

小芝風花、大地震を伝えるアナウンサー役 「私に務まるのかという恐怖もありました」

ドラマ2019年10月11日

 ドラマ「パラレル東京」スタジオ取材会が10日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典、伊藤淳史が出席した。  本作は、首都直下型地震に襲われた東京の架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたり、リアルタイムで描く。東京 … 続きを読む

伊藤健太郎『悪の華』は日本版『ジョーカー』 玉城ティナはサプライス誕生日に笑顔

映画2019年10月11日

 映画『悪の華』の御礼舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、玉城ティナと井口昇監督が登壇した。  本作は、押見修造氏による同名人気コミックが原作で、中学生たちが行き場のない衝動を爆発させていく人間ドラマ。  この日の観 … 続きを読む

超特急が『フッド:ザ・ビギニング』をアピール リョウガ「今までのアクション映画を超越」

映画2019年10月11日

 映画『フッド:ザ・ビギニング』のジャパンプレミアが10日、東京都内で行われ、宣伝隊長を務めるダンス&ボーカルグループ超特急のカイ、リョウガ、ユーキ、タカシが舞台あいさつに登壇した。  本作は、弓の名手として知られるロビン・フッドを、領主と … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top