平岳大、亡くなる前日に「家族の会話ができた」 父・平幹二朗さんの告別式で明かす

2016年10月28日 / 15:24

父の位牌を持つ喪主の平岳大

 22日に82歳で死去した俳優の平幹二朗さんの告別式が28日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、元妻の佐久間良子、中尾彬、中村玉緒、藤原竜也、桐谷健太、竜雷太、堤真一、山田涼介、溝端淳平、佐々木蔵之介ほか約600人が参列した。

 平さんと佐久間の長男・平岳大は、喪主あいさつで「『生前父は』という言葉をいつか自分も言う日がくるなとは思っていましたけど、こんなに早く唐突にくるとは思っていませんでした」と悲しみを吐露。

 続けて「生前父は、どんな逆境に立たされても不死鳥のようによみがえってきました。30年前に肺がんを患った時も、それから大病を患った時も、小さな奇跡を起こしながら復活を遂げてきました。それで衰えるかな?と僕は思ったのですが、なぜか病気をすればするほどパワーアップしていく不思議な人でした」と振り返り、「その原動力になっていたのはやはり芝居だと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

 また、平さんが亡くなる前日に、岳大の妹が一カ月前に出産した、孫の顔を一緒に見に行ったことを報告。岳大は「あまり子どもの扱いに慣れていない父は、遠くの方から最初は不思議そうに子どもの顔を見ていたのですが、だんだん慣れてくると、最後にはあの太い大きな繊細な手で赤ん坊を抱きかかえ、哺乳瓶でミルクをあげていました。それに気をよくしたのか、その晩は大好きなワインをたくさんいただきました」と明かした。

 さらに岳大は「今まで僕と妹と父ができなかった、家族の会話ができました。それにまた気をよくしたのかさらにお酒をいただき、僕はフラフラの父を抱きかかえて父の家に送り届け、ベッドの上に座らせ『もう飲むなよ』って言ったんですが。その時、父は子どもが親を見るようなかわいい顔をして『タケ、もう帰りなさい』と笑っていました」と最後の会話を述懐した。

 岳大は「父は幸せだったと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました」と締めくくった。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top