阿部寛「雨は降らさないけど雪は降らせる“雪男”」 関ジャニ∞大倉は、志尊淳に対抗心

2016年6月6日 / 17:38

阿部寛(左)と大島優子

 映画『疾風ロンド』のクランクアップ会見が6日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、大倉忠義(関ジャニ∞)、大島優子、濱田龍臣、志尊淳と吉田照幸監督が出席した。

 東野圭吾氏の同名小説を実写映画化した本作は、2月24日に長野県野沢温泉スキー場でクランクイン。オンシーズンのスキー場での大規模ロケを行い、4月13日に都内でクランクアップした。

 この日はキャスト陣が実際に同スキー場でも使用されているリフトに乗って登場し、そのまま会見が進められた。

 スキー場を舞台に、危険な生物兵器を秘密裏に回収することを命じられた主任研究員を演じた阿部は「スキーは20年ぶりでしたが、運よくあまり上手じゃない役だった。あと、例年より雪が少なかったけれど、僕が行った日に大雪が降りました。雨は降らさないけど雪は降らせる“雪男”なんです。今回はありがたがってもらえて良かった」と得意げに語った。

 スキー場のパトロール隊員を演じた大倉は、出演決定後に、プロフィールの趣味欄にスキーと書かれたことからオファーされたことを知ったという。「スキーは2回ぐらいしかしたことがなくて、取材の時に冗談で言ったのがプロフィールになっていたのかもしれない。それでオファーにつながるなら…」と笑わせたが、「そのせいでスキーで苦労したので冗談も言いにくい」と嘆いた。

 吉田監督から「振り向いた瞬間がとても格好いいので、できるだけ背中を見せて振り向くシーンを多くしました。本人は気付いていないと思うけど」と明かされた大倉は、驚きの表情を浮かべながらも「『ここはジャニーズの良さを出して』と言われることもあった。隣にD-BOYSがいるので、ジャニーズ対D-BOYSの戦い。負けられないと思って頑張りました」と隣の志尊を見やった。

 一方、9歳からスノーボードが趣味だという大島は、スノーボードクロスの選手という役柄に「来たー! と思いました。趣味が高じてお仕事に変わるなんて、こんな喜びはない」と語った。

 また、大島は「大倉さんがエキストラの方に『俺が上手に見えるように下手に滑ってくれない?』と頼んでいるのを目撃しました」とリーク。

 大倉は「エキストラの方が大会に出るような方たちだったので、その人たちよりうまく見えない(と役柄として困る)。八の字で滑ってもらったけどそれすらうまくて」と言い訳した。

 映画は11月26日から全国ロードショー。

(左から)吉田照幸監督、志尊淳、阿部寛、大島優子、濱田龍臣

(左から)吉田照幸監督、志尊淳、阿部寛、大島優子、濱田龍臣


芸能ニュースNEWS

「ハケンの品格」大泉洋が復活! 篠原涼子との「2人の掛け合いがあってこそのドラマ」

ドラマ2020年7月16日

 篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第5話が15日、放送された。  本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問うお仕事ドラマ。  今回は、大泉洋が演じる旭川支社 … 続きを読む

千鳥・ノブと博多大吉に「女性問題に注意」の忠告 ノブ「逆恨みが一番怖いんです」

テレビ2020年7月16日

 お笑いコンビ・千鳥(ノブ、大悟)と博多華丸・大吉、女優の中村アンが14日放送のバラエティー番組「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、大企業の社長や政治家などから相談を受けてきたというカリスマ占 … 続きを読む

今井翼「僕にとっての大きなスタートです」 映画『プラド美術館』でナビゲーターを担当

映画2020年7月15日

 映画『プラド美術館 驚異のコレクション』公開記念トークイベントが15日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版のナビゲーターを務めた今井翼が出席した。  本作は、昨年開館200周年を迎えたスペイン・プラド美術館を紹介するドキュメンタリー映画。 … 続きを読む

夏フェス施策「#ポカリsky」第3弾FINALが配信 「THE ORAL CIGARETTES」「BLUE ENCOUNT」ら3組が登場

イベント2020年7月15日

 音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」と「ポカリスエット」(大塚製薬株式会社)のコラボレーションによる、夏フェスのファンに向けたWEBコンテンツ「SPACE SHOWER TV×POCARI SWEAT #ポカリsky  … 続きを読む

多部未華子主演の「私の家政夫ナギサさん」 大森南朋の“おじさん家政夫”にファン続出

ドラマ2020年7月15日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第2話が14日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)として働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、“おじさん家政夫”のナギサさん(大森南朋)を雇ったことから巻き起 … 続きを読む

page top