本木雅弘、妻と愛人の“鉢合わせ”回避!? 「内心妙に落ち着かなかった」

2016年2月13日 / 21:08

助演男優賞を受賞した本木雅弘

 「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が13日、東京都内で行われ、受賞者の深津絵里、二宮和也、本木雅弘、広瀬すず、篠原篤、橋口亮輔監督ほかが登壇した。

 同賞は、1919年に創刊された映画雑誌『キネマ旬報』が1924年度から発表している映画賞。

 『日本のいちばん長い日』と『天空の蜂』での演技が評価され、助演男優賞を受賞した本木は、スピーチの前に「ちょうどさきおとといに、この秋公開の西川美和監督の『永い言い訳』という作品のアフレコをしておりまして、事実上、全ての出番が終わりました」と近況を報告した。

 続けて「そしてその作品の中で、今後ろに座っておられます(主演女優賞の)深津絵里さんが私の妻、そして今日舞台のため出て来られなかった(助演女優賞の)黒木華さんが愛人役…。実はこの場は映画の中ではついぞ実現しなかった“鉢合わせ”ということになる予定だったため、私も内心妙に落ち着かず、罪悪感に襲われていたのですが、それを浴びずに澄んだ。危険回避できたということです」と明かして、笑いを誘った。

 『日本のいちばん長い日』で昭和天皇役に挑戦した本木は「あの当時の昭和天皇は“現人神”。人間であり神からの使者という存在だったので、醸し出す雰囲気を一口で説明できるものではなく迷っておりました」と演じる上での苦労を振り返った。

 それでも「やはり“曇ることのない思い”といいますか…、抽象的でかっこつけのように聞こえるかもしれませんが、本当に胸の下、おなかの下辺りに何物にも害されない、曇ることのない、そして欠けることのないダイヤモンドを抱えているというようなことを漠然と意識しました」と語った。

「第89回キネマ旬報ベスト・テン」の各賞受賞者は以下の通り。

日本映画監督賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
日本映画脚本賞:橋口亮輔監督『恋人たち』
主演男優賞:二宮和也『母と暮せば』
主演女優賞:深津絵里『岸辺の旅』『寄生獣 完結編』
助演男優賞:本木雅弘『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』
助演女優賞:黒木華『母と暮せば』『幕が上がる』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
新人女優賞:広瀬すず『海街diary』
新人男優賞:篠原篤『恋人たち』
外国映画監督賞:ジョージ・ミラー監督『マッドマックス 怒りのデス・ロード』


芸能ニュースNEWS

小瀧望、主演ドラマでキモかわいいに挑戦 「見事にハマってました」

ドラマ2019年10月21日

 よるドラ「決してマネしないでください。」試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の小瀧望(ジャニーズWEST)、馬場ふみか、ラウール(Snow Man、ジャニーズJr.)が出席した。  本作は、科学好きで恋愛経験ゼロの掛田くん(小瀧)が、 … 続きを読む

武田玲奈「理想の男性像は包容力があって優しい人」 「今後はお芝居メーンで頑張りたい」

トレンド2019年10月21日

 ロゼット洗顔パスタ“90周年”記念プレスイベントが21日、東京都内で行われ、女優の武田玲奈が登場した。 続きを読む

和久井映見「こんなにせりふを話したことは今までなかった」 谷原章介「僕の実人生にリンクしている内容」

舞台・ミュージカル2019年10月21日

 舞台「不機嫌な女神たち プラス1」の公開舞台稽古と舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介が登壇した。  本作は、女性3人と男性1人だけで繰り広げる、かわいい大人たちのほろ苦い日常を、豪華 … 続きを読む

井上小百合、卒業発表直後の舞台に「ご縁を感じた」 フラダンスの稽古は「びっくりするぐらいしんどい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 舞台「フラガール-dance for smile-」の公開舞台稽古が18日、東京都内で行われ、稽古前に出演者の井上小百合(乃木坂46)、矢島舞美、富田望生、太田奈緒(AKB48)、福島雪菜(劇団4ドル50セント)ほかが囲み取材に応じた。 続きを読む

ウィル・スミス、日本のファンの歓迎に感謝 若き自分のクローン映像は「美しいショック」

映画2019年10月18日

 映画『ジェミニマン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが17日、東京都内で行われ、主演のウィル・スミス、アン・リー監督、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。  本作は、史上最強の暗殺者ヘンリー(ウィル)と、23歳 … 続きを読む

page top