樹木希林&本木雅弘、“親子”で映画賞受賞 「こんな賞をいただき内心有頂天」

2015年12月16日 / 20:01

助演男優賞を受賞した本木雅弘

 報知新聞社制定の「第40回報知映画賞」の表彰式が16日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した佐藤浩市、主演女優賞の樹木希林、助演男優賞の本木雅弘、助演女優賞の吉田羊、新人賞の広瀬すず、藤野涼子ほかが出席した。

 『あん』の演技を評価された樹木は、製作費が非常に少なかったことに触れ、「55年の女優人生でも、ギャラで足を出したのはこれが初めて」と苦笑い。一方で、「河瀨(直美)監督の“ゴリ押し”でもってカンヌ(映画祭)に行きました。何が良かったって、(ある視点部門の)オープニング(作品)に選ばれて世界のバイヤーが見てくれたこと」と、この作品が世界中で上映されるきっかけになったことを喜んだ。

 そんな経緯で「この映画が、だんだん独り歩きして、私がイタリア語やポルトガル語を吹き替えでしゃべってる。それがまた上手なのよ」と笑いを誘いつつ「『わりかしいい映画だったんじゃないの?』って言ってたら、こうして賞をいただけることになりました」と笑顔を見せた。

 また、助演男優賞には『日本のいちばん長い日』で昭和天皇役を好演した樹木の義理の息子・本木雅弘が受賞。史上初の“親子同時受賞”となった。本木は、「こんな賞をいただき内心有頂天です」と喜びのスピーチ。「やはり誰かに認められるというのは救いですし、何よりの栄養です。大いなる舞台を設定して、コントロールしてくださった原田(眞人)監督、堤(幸彦)監督にお礼を申し上げます」と感謝を述べた。

 受賞については「昭和天皇、『天空の蜂』の原発設計士という役どころがよかったというのが一番の要因かな」と謙遜しながら「名優の方々が受賞した助演男優賞は、役者として認められる、いぶし銀に輝くような憧れがずっとありました」とコメント。

 「役者になって35年になりますが一度も自信が持てたことはありません。樹木さんとも『世の中の8割がたの人が適職に就けていないのでないか』と話しましたが、自分でも“向いてないんじゃないか”と現場で思う時間が長くありました。しかし、こうして褒めていただくと、続けていこうという気持ちになりました」と受賞の思いをかみしめた。

“親子受賞”を果たした本木雅弘(左)と樹木希林

“親子受賞”を果たした本木雅弘(左)と樹木希林

 


芸能ニュースNEWS

佐藤隆太「勇気を出して参加して」 観客参加型の舞台で初の一人芝居

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 舞台「エブリ・ブリリアント・シング ~ありとあらゆるステキなこと~」公開稽古と囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の佐藤隆太が登壇した。  本作は、開演前から佐藤が観客に話しかけたり、番号のついた小さなカードを渡してコミュニケーショ … 続きを読む

「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」レポート! 新たな2振りの刀剣男士が顕現

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」の東京公演が22~23日、東京都内の武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで上演された。  本作は、ミュージカル『刀剣乱舞』(以下、刀ミュ)に出演している刀剣男士による、歌い、踊り … 続きを読む

前田敦子、ワンオペ育児に奮闘するママ役 夫・勝地涼は「協力的に育児に参加してくれた」

ドラマ2020年1月24日

 NHKよるドラ「伝説のお母さん」完成試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、玉置玲央、大倉孝二、大地真央が出席した。  本作は、ロールプレイングゲームの世界が舞台。“伝説の魔法使い”ことメイ(前田)は、現在はワンオペ家事育児と … 続きを読む

小池栄子「大泉さんはパワーを吸い取とる」 大泉洋「それはお互い様」

映画2020年1月24日

 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊と成島出監督が登場した。  本作は、優柔不断だがなぜかモテる田島(大 … 続きを読む

横山だいすけ「だいすけお兄さんのファミリーコンサートにようこそ」 舞台「天才てれびくん」開幕

舞台・ミュージカル2020年1月23日

 舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」の初日舞台あいさつと公開稽古が23日、東京都内で行われ、出演者の前田公輝、横山だいすけほかが登壇した。  NHKの人気子ども番組「天才てれびくん」を舞台化した本作は、大人 … 続きを読む

page top