風間俊介、共演猫への“親ばか”を発揮 松岡茉優「尊敬する先輩は風間俊介氏」

2016年1月30日 / 18:15

「猫の抱き方も分からなかった」と語った松岡茉優

 映画『猫なんかよんでもこない。』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の風間俊介、つるの剛士、松岡茉優と山本透監督、原作者の杉作氏、主題歌を担当したSCANDALが出席した。

 実話を基にした同名人気コミックを映画化した本作は、ボクシングに人生を懸ける猫嫌いのミツオ(風間)と、兄(つるの)が拾ってきた2匹の猫“チン”と“クロ”とのかけがえのない日々を描く。

 総勢14匹の猫との撮影について風間は「撮影の中で(一緒に)生活をしていました。僕自身も猫がかわいくて“うちの猫”という感じで、あいつらのここがな~というところも出てくるような…」と語りながら頬を緩めた。

 続けて「黒猫のクロを鍛えるためにトレーニングをさせるシーンで、クロに対して『おまえさぼるなよ』と言って僕が出ていった瞬間にクロがさぼるという、脚本にはなかった天才的なアドリブを楽しんでほしいです」と明かして“親ばか”ぶりを発揮した。

 一方“犬派”という松岡は「人生においてこれまで猫と関わることがあまりなかった。抱き方も分からなかった」と語り、抱き方のレクチャーをはじめ、スタッフへの気配りやロケ中の通行人整理までこなした風間を「尊敬する先輩として、これから風間俊介氏を挙げていきたい」と褒めちぎった。

 これに風間は「さっき裏で、今日の占いで人を褒めると運気がアップするとおっしゃっていましたね。今僕を褒めてくれたのと関係ありますか?」と鋭く突込みを入れた。松岡が慌てて「風間さんが出ていた映画の番宣の続きで見た占いなので関係ないです!」と弁明すると、風間は「じゃあひねくれず素直に受け止めます」とにっこりほほ笑んだ。

 また、劇中のミツオ同様、家族に迎え入れたいぐらい気になっている動物を問われると、風間が「プレーリードッグですね、あのちょこんと感。今年33になりますが、僕の中にもああいうちょこんと感がほしいんです」と語り、つるのは「猫2匹、犬、トカゲ、子どもが4人いて6月にもう1人子どもが来るので、もう無理ですね。たまに庭にハクビシンも来ます」と大家族ぶりを明かして笑わせた。

(左から)杉作氏、山本透監督、松岡茉優、つるの剛士、SCANDAL

(左から)杉作氏、山本透監督、松岡茉優、つるの剛士、SCANDAL


芸能ニュースNEWS

宮崎あおい、結婚祝福の声に笑顔 「着物の着付けを改めて学びたい」

トレンド2018年1月16日

 「マイナビ転職」新CM発表会「“賛成!あたらしい生き方”応援式」が16日、東京都内で行われ、女優の宮崎あおいが出席した。 続きを読む

舞台「幕張の女」が開演 3本立てのオムニバス

舞台・ミュージカル2018年1月16日

 演劇ユニット「ジグジグ」によるオムニバス公演「幕張の女」が17日から、東京都内の上野ストアハウスで行われる。  旗揚げ以来、1000人規模の動員を続ける「ジグジグ」の公演第4弾は、3本立てのオムニバス。作・演出は堤泰之氏が担当している。 … 続きを読む

染谷将太「撮影は夢のような時間」 高野山東京別院でのヒット祈願に「興奮で鳥肌が立った」

映画2018年1月15日

 日中共同製作映画『空海―KU―KAI―美しき王妃の謎』の完成報告と大ヒット祈願が15日、東京都内で行われ、出演者の染谷将太、阿部寛、チャン・ロンロン、松坂慶子、火野正平、原作者の夢枕獏氏、チェン・カイコー監督が出席した。  この日、会場と … 続きを読む

西田敏行「ライバルは役所広司と村上虹郎」 4度目の優秀助演男優賞で「最優秀、取りたい」

映画2018年1月15日

 「第41回 日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、東京都内で行われ、3月2日の授賞式で司会を務める俳優の西田敏行と女優の宮沢りえが会見した。  5年連続8度目の司会となる西田は『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞も受賞した。こち … 続きを読む

竹内涼真、インフルエンザ後の体調は「完璧です」 “リフティング連続38回”の腕前を披露

トレンド2018年1月15日

 「ソフトバンク 新サービス記者発表会」が15日、東京都内で行われ、同社の新CMに出演する竹内涼真、生瀬勝久、壇蜜、志尊淳が登場した。 続きを読む

page top