竹内結子、ホラー作を“なるべく引退”宣言 「慎重に検討させていただきたい」

2016年1月30日 / 12:57

「いっそ怖がらせる方の役をやりたい」と語った竹内結子

 映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一と中村義洋監督が出席した。

 小野不由美氏の傑作ホラー小説を映画化した本作は、事件や事故に起因する土地に根付いた“穢れ(けがれ)”の正体を解明していくというもの。

 竹内は「いよいよ公開ですので、穢れが全国に広がればいいなと思います。われわれも穢れを浴びた一員ですが、こうして全員そろえたことをうれしく思います」と語った。

 中村監督作品では3回目の主演となった竹内は「私が怖がりなので、現場はなるべく明るく明るくしてくれたようで愛を感じました」と感謝を述べた。

 一方、橋本は「監督のご指示が分かりやすく、端的な言葉で示してくれるのでやりやすかった」、坂口は「すごく楽しそうにホラーを撮るんだなと思ってびっくりしました」とそれぞれ撮影現場を振り返った。

 1998年公開のホラー映画『リング』でスクリーンデビューした竹内だが、「巡り巡ってリベンジというような形で出演がかないましたが、なるべくホラーに関しては引退宣言とさせていただければ…」と笑わせ、ホラー作品への今後のオファーについては「慎重に検討させていただきたいと思います。もしお話が頂けるなら、いっそ怖がらせる方の役をやりたい」と語った。

 最後に竹内は「これがハッピーエンドなのかバッドエンドなのかは皆さんがおうちに帰ってから決めてほしい。“住んではいけない部屋”と言っているからには、皆さんのお部屋は大丈夫なのか。最後の謎は皆さんのおうちで確認してください。あなたの部屋は住んでもいい部屋となりますように…」とこれから映画を見る観客をしっかりと怖がらせていた。

(左から)中村義洋監督、坂口健太郎、橋本愛、竹内結子、佐々木蔵之介、滝藤賢一

(左から)中村義洋監督、坂口健太郎、橋本愛、竹内結子、佐々木蔵之介、滝藤賢一


芸能ニュースNEWS

「ボス恋」玉森裕太の“子犬顔”に「かわい過ぎ」 「俺のこと好き?」がトレンド入り

ドラマ2021年1月20日

 上白石萌音が主演するドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第2話が、19日に放送された。  本作は、ファッション雑誌の編集部を舞台に、主人公の鈴木奈未(上白石)が、鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)の雑用係として奮闘しながら、仕事 … 続きを読む

田中圭が土屋太鳳の物まねを披露 土屋「うまいです」

映画2021年1月20日

 映画『哀愁しんでれら』完成報告会が19日、東京都内で行われ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCO、石橋凌と渡部亮平監督が登壇した。  本作は、「ただ幸せになりたい」と願う真面目な女性(土屋)が、社会を揺るがすような凶悪事件を起こすまでを描い … 続きを読む

「監察医 朝顔」“桑原”風間俊介「4時間で行くから」に 「最高過ぎてほれる」

ドラマ2021年1月19日

 上野樹里が主演するドラマ「監察医 朝顔(第2シーズン)」(フジテレビ系)の第10話が、18日に放送された。  朝顔(上野)の働く法医学教室に、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入った。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼み、光 … 続きを読む

松坂桃李、結婚発表後初の公の場に登場 独身時と比べて「健康をより一層大事に」

映画2021年1月19日

 映画『あの頃。』完成報告会見が18日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウと今泉力哉監督が登壇した。  本作は、ハロプロオタクの笑いと涙の日々を描いた青春群像劇。松坂はある日、松浦亜弥 … 続きを読む

山田孝之、主演ミュージカル開幕に気合十分 「嫌なことは忘れて、とにかく笑って」

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」の開幕直前取材が17日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、新妻聖子ほかが登壇した。  本作は、イギリスの人気コメディーグループ“モンティ・パイソン”の大ヒ … 続きを読む

page top