綾瀬はるか、初渡英で役づくり「来てよかった」 主演ドラマの原作者と対談

2015年12月25日 / 11:44

綾瀬はるか(左)とドラマの原作者、カズオ・イシグロ氏

 来年1月15日からスタートするTBSの金曜ドラマ「わたしを離さないで」で主演を務める綾瀬はるかがこのほど初めて渡英し、原作者で英国のベストセラー作家のカズオ・イシグロ氏と対談した。

 英国で100万部を超えるヒットを記録した同名小説が世界で初のドラマ化となり、世間から隔離された施設・陽光学苑で“良質”な教育を与えられ普通の子どもとして育てられてきた恭子(綾瀬)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人が、ある日生まれながらに与えられた使命により自分たちの“本当の運命”を知らされるというストーリーを描く。

 生まれてきた意味・生きる意味を問いかける本格派ドラマとあって「この作品を、この役を、より深いレベルで理解したい」と考えていた綾瀬のため、プロデューサーがイシグロ氏とコンタクトを取ったところ「ぜひロンドンへいらっしゃい。会って話をしましょう」と返事をもらったことで綾瀬が急きょ渡英し、今回の対談が実現した。

 イシグロ氏は「映像作品は(脚本の)森下さんやはるかさんのそれぞれの解釈が合わさってコラボレーションで作ることがエキサイティングなところ」とドラマ作品への期待を寄せ、物語を生み出した成り立ちやキャラクターの作り方など綾瀬が次々と繰り出す質問にも丁寧に受け答えるなど序盤から熱いトークが展開された。

 綾瀬が出演した「JIN-仁―」(2009年・TBS)のVTRを取り寄せて見たというイシグロ氏は、「時代設定という制限のある中で、医師に対する言葉にならない愛情を表情やボディランゲージでうまく伝えてらっしゃったところは綾瀬さんの演技力の素晴らしさだと思った」とも語り、綾瀬の演技力を絶賛した。

 ドラマの話題から“役者と作家という表現者としての違い”など深いテーマにも触れ、対談は予定時間を大幅に超える4時間にもおよんだ。綾瀬は「充実したお話ができて、来てよかったです」と充実感をのぞかせ、「『自分が思うようにやってください』とイシグロ先生がおっしゃってくださったので、自分が思う恭子という役を素直に演じられたらと思います」と役づくりへの新たな手ごたえを語っていた。

 2人の対談は1月8日発売の月刊「文藝春秋」(2月号)、ドラマのメイキング番組内で放送される。ドラマは来年1月15日午後10時からスタート。

 


芸能ニュースNEWS

芳根京子「私の中では『2日間戦争』でした」 北村匠海「僕にとっては『2日間感激』でした」

映画2019年11月20日

 映画『ぼくらの7日間戦争』完成報告&ヒット祈願イベントが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、芳根京子、鈴木達央と村野佑太監督が出席した。  本作は、宗田理氏のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』の舞台を、2020年に移してア … 続きを読む

武田真治「来年は身を固めたい」 「紅白でサックスを演奏できたら…」

トレンド2019年11月20日

 「ピーターラビットカフェ 横浜ハンマーヘッド店」プレスイベントが20日、横浜市で行われ、俳優の武田真治が登場した。 続きを読む

佐藤健「結婚は令和のうちに」 「なぁちゃんは信頼できるタイプ」

イベント2019年11月20日

 「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」の発売記念イベントが20日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務める笑福亭鶴瓶、佐藤健、西野七瀬が登場した。  「今年1年間を表す漢字」を尋ねられた佐藤は「黒」と答え、「プライベートで365日あ … 続きを読む

小芝風花「恐怖で涙が出ました」 首都直下地震を描いたドラマに主演

ドラマ2019年11月19日

 ドラマ「パラレル東京」の試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の小芝風花、高橋克典が出席した。  本作は、首都直下地震に襲われた東京の、架空のテレビ局で働くニュースチームの戦いを、4日間にわたりリアルタイムで描く。東京23区を震源とする … 続きを読む

吉田沙保里「フィギュアスケートを体験してみたい」 アスリートによる指導プログラムで

トレンド2019年11月19日

 旅行コミュニティプラットフォーム「Airbnb記者発表会」が19日、東京都内で行われ、ゲストとして元女子レスリング日本代表の吉田沙保里が登場した。 続きを読む

page top