武田梨奈「自分の代表作になったと思っています」 今井雅之の遺作『かぐらめ』の舞台あいさつに登壇

2015年10月24日 / 18:04

「2枚の粗筋を読んだ時点で号泣した」と語った武田梨奈

 映画『かぐらめ』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行なわれ、出演者の武田梨奈、大杉漣、筒井真理子、黒川芽以、朝加真由美、奥秋泰男監督ほかが登壇した。

 本作は、山梨の小さな町を舞台に、母を亡くしたことをきっかけに父親との溝を深めた女性が、伝統芸能の神楽を通じて人生を見つめ直していく姿を描いた物語。

 満員の観客に迎えられた武田は「2枚の粗筋を読んだ時点で号泣した」と出演オファーを受けた時の様子を語り、その気持ちを「出会えたなと感じました」と表現した。

 劇中では武田と父親役の大杉が神楽を舞う場面が見せ場となる。このシーンについて大杉は「簡単にはできないです」とその難しさをしみじみと語りつつ、練習を積んで自分で舞った武田について「すごいなと思いました」と賞賛した。

 これを受けて武田は「神楽の師匠たちが『上手に踊ろうと思わなくていい。魂で踊れば絶対に伝わるから』と言ってくださったので、全力で私なりの神楽を舞おうと決めてやりました」と明かした。

 また本作は、5月に亡くなった今井雅之の遺作に当たる。若い時から何度も今井と共演してきた大杉は「今井さんの気持ちや俳優としての魂は、この映画の中に詰まっています」と言葉を送った。

 「自分の中では、代表作になったと思っています」と自信をのぞかせた武田。最後に、撮影を支えてくれた監督の母親が完成を待たずに亡くなったことについて触れ「絶対どこかで見てくれていると思っています。役者としても人間としても成長させてくれた作品なので、これからこの作品も一緒に成長していきたいなと思っています」と目に涙を浮かべながら語り、場内の拍手を誘った。

(左から)筒井真理子、武田梨奈、大杉漣、黒川芽以

(左から)筒井真理子、武田梨奈、大杉漣、黒川芽以


芸能ニュースNEWS

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

「Destiny」ドライブレコーダーに映る“放火犯”が判明 「“真樹”亀梨和也はかばっていたんだね」「何か深い理由がありそう」

ドラマ2024年5月22日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第7話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原)は、主治医でもある恋人・奥田貴志(安藤政信)の言葉で、吐血し倒れた真樹(亀梨和也 … 続きを読む

「95」エンディングの“秋久”高橋海人らの表情に注目集まる 「役者さんってすごい」「エンディングだけが癒やし」

ドラマ2024年5月21日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

Willfriends

page top