伊藤淳史「お遍路さんに合掌された」 本職も脱帽の僧侶姿を披露

2015年10月24日 / 17:04

光円を演じた伊藤淳史

 映画『ボクは坊さん。』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の伊藤淳史、山本美月、イッセー尾形、原作者の白川密成氏、真壁幸紀監督ほかが出席した。

 本作は、祖父の突然の死をきっかけに、四国八十八カ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になった24歳の主人公・光円の物語。

 光円を演じた伊藤は「僕の中でお坊さんは、人生の節目、大切な人との別れの場面でお世話になる特別な存在だった」と語ったが、作品を通じて「お坊さんも一人の人間。日常があって、羽目を外すこともある。それでいて生と死に関して真摯(しんし)に向き合っていく本当にすてきな職業だと思った。そういう世界観や考え、思いというのをこの作品を通じて僕自身も学んだし、その思いが皆さんにも伝われば」と熱く語った。

 また、四国・今治の撮影では、お坊さん姿の伊藤にお遍路さんが合掌する場面もあったという。白川氏が「僕の立場は…って。それぐらい伊藤さんは何の違和感もなくお坊さんになっていた」と笑いを交えながら明かすと、伊藤も「境内に立っていたら、ほとんど僕とは気づかれなくて…」と照れ笑いを浮かべた。

 伊藤は「皆さんに手を合わせられるので、最初は“住職じゃなくてごめんなさい”という気持ちだったけど、撮影が進むにつれて“ご苦労さまでした”“ありがとうございました”と(僕も)自然に手を合わせることができるようになった」と満足げに振り返った。

 そんな伊藤に対して檀家の長老を演じたイッセーも「余計なものがなくてスッとまっすぐに立っている姿がお坊さんそのものだった」と絶賛。これには伊藤も「お芝居でないところで“役に近づいている”と言われたのがすごくうれしかった」と語り、笑顔を浮かべた。

(左から)真壁幸紀監督、白川密成氏、イッセー尾形、伊藤淳史、山本美月、主題歌を担当した吉田山田

(左から)真壁幸紀監督、白川密成氏、イッセー尾形、伊藤淳史、山本美月、主題歌を担当した吉田山田


芸能ニュースNEWS

「東京タワー」最終話 “詩史”板谷由夏と“喜美子”MEGUMIの決断に反響 「すてきな終わり方」「“透”永瀬廉ら4人の役者が素晴らしかった」

ドラマ2024年6月17日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の最終話が15日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  小島透(永瀬)は、浅野詩史(板谷由夏)と二度と離れたくない焦りから「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない。一緒に暮らそう」 … 続きを読む

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平の決断に「涙腺崩壊」 「“七苗”川口春奈と一緒に泣いた」「つら過ぎる」

ドラマ2024年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第9話が、14日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  家族のいる神戸へと帰るコウタロウ(松下洸平)を追って空港へ駆け付けるも、間に合わず会うことができなかった七苗(川口)。それでも諦 … 続きを読む

「Re:リベンジ」主人公“海斗”赤楚衛二の闇落ち展開に「斬新なドラマ」 「赤楚くんがドラマ始まった頃と別人でアッパレ」

ドラマ2024年6月14日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第10話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  朝比奈陽月(芳根京子)は、天堂記念病院の医師である大友郁弥(錦戸亮)から、妹の朝比奈美咲(白山乃愛)の … 続きを読む

「Believe」 “陸”木村拓哉と“玲子”天海祐希の夫婦の絆に反響

ドラマ2024年6月14日

  木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第8話が、13日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が … 続きを読む

「ブルーモーメント」 SDMに立ちはだかる謎の政治家が登場 「大丈夫。彼も海猿、分かってくれる」

ドラマ2024年6月13日

 山下智久が主演するドラマ「ブルーモーメント」(フジテレビ系)の第8話が、12日に放送された。(※以下、ネタバレあり)   本作は、同名コミックが原作。 内閣府直属チームSDM(特別災害対策本部)気象班統括責任者・晴原柑九朗(通称ハルカン、 … 続きを読む

Willfriends

page top