亀梨和也、初の蜷川舞台に気合十分 「毎公演死ぬ気でやらないと成立しない」

2015年8月10日 / 10:55

音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」に出演する高畑充希

 音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」のプレスコールと囲み取材が9日、東京・Bunkamura オーチャードホールで行われ、KAT-TUNの亀梨和也、高畑充希、六平直政、演出家の蜷川幸雄、音楽を担当した松任谷正隆が出席した。

 「青い種子は太陽のなかにある」は、47歳の若さでこの世を去った劇作家・寺山修司氏が1963年に28歳で書いた戯曲。寺山の生誕80年、そして演出家・蜷川幸雄が80歳を迎えるアニバーサリーイヤーである今年、亀梨を主演に迎えて上演される。

 プレスコールではオープニングと、亀梨演じるスラムに住む工員・賢治と心を通わせる弓子(高畑)が、夕暮れの中語らうシーンが公開された。亀梨はときに鬼気迫る表情を見せながら、屈折した思いを抱く若者を体現。高畑とともに、気持ちのこもった歌声を披露した。

 亀梨は、蜷川舞台初出演だが「ポイントポイントで言ってくださるので、蜷川さんの指導のもと、今日という日まで向かってこられた。すごく心強いです」と笑顔。蜷川氏は厳しい指導で知られるが「ダメ出しされた方が、こうすればいい、ああすればいいと分かる」と言い、「全体を通して強い指導を頂くこともありましたが、その前後をしっかり経験させてもらった。すごく愛情があって、いいものを作ろう、と言ってくださる」と語った。

 蜷川氏は「亀梨くんは真面目。でもあと5センチ、ウエストを絞ってほしいけど。でもとても屈折のある、いい演技をしている。高畑さんは芝居も歌もうまい。だから優等生になりすぎないように、ときには意地悪をしながら、楽しくやりました」とそれぞれを評価。亀梨は「あと5センチをどう縮めるか。明日(の初日)までに、いきましょう!」と応戦していた。

 初日に向け、高畑は「楽しみです。お客さんが来てくれて、どんなふうになるのか。楽しんで走り抜けたい」とコメント。

 松任谷の「蜷川ワールド、寺山ワールド、主演の2人のワールド、そして僕の音楽といろいろなものが重なって、思いもよらぬ形でまとまっている」という言葉を受け、亀梨は「松任谷さんがおっしゃったように、いろいろな要素を頂いて、それを自分の中を通してどう表現できるかと、1カ月以上の稽古でやってきた。毎公演、死ぬ気でやらないと劇として成立しない作品なので、キャラクターを通していい汗をかきたいなと思います」と気合たっぷりに意気込みを語った。

 舞台は8月10~30日に東京・Bunkamura オーチャードホール、9月4~13日に大阪・オリックス劇場にて上演。


芸能ニュースNEWS

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

大野智&櫻井翔「嵐の付き合いは一生もの」 「ずっと一緒に共にしていくのだと確信」

イベント2020年10月29日

 「2021年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が29日、東京都内で行われ、年賀状コミュニケーションパートナーを務める嵐の櫻井翔と大野智が登場した。  この日は2人が、今年の年賀状のキャッチフレーズ「このつながりは、一生もの。」をお … 続きを読む

page top