亀梨和也、初めての蜷川作品に意欲 「座長として引っ張っていく」

2015年6月4日 / 20:41

 音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」の制作発表が、4日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われ、演出家の蜷川幸雄、音楽を手掛ける松任谷正隆、出演する亀梨和也(KAT-TUN)、高畑充希、六平直政が出席した。

 寺山修司の生誕80年、そして蜷川幸雄が80歳を迎えるアニバーサリーイヤーを記念した本公演。「青い種子は~」は寺山が20代のころに書いた戯曲で、亀梨、高畑は蜷川作品初出演となる。

 主演を務める亀梨は「今までやってきたことを提示させていただきつつ、(蜷川作品の)世界に染まりながら時間を過ごせたらいい。8月に向けて徐々にギアを上げていきたい」と語り、「座長として引っ張っていくことができたら」と意気込んだ。

 18歳のころ、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川と、蜷川にあいさつに行ったという亀梨。「それから10年近くたってこうして呼んでいただけて、感激している。お話自体は何年か前からあったんですが、それがいよいよ動き出すんだなと実感できるようになった」と、翌日からの歌の稽古開始、そして本番を見据え、瞳を輝かせた。

 蜷川は亀梨について「手こずりそうだなと思った。表面は柔らかいけど、この人は大変だろうと。困難な山を選びました」と独特の表現で、起用理由と魅力を語った。

 ヒロイン役の高畑も蜷川作品への出演に憧れを抱いていたそうで「野望の入り口に立てた」と終始笑顔。「楽しみで仕方がない。分からないことだらけなので、いっぱい恥をかいていきたい」と抱負を述べた。

 亀梨と高畑は映画『バンクーバーの朝日』で共演経験があるが、あらためて亀梨の印象を問われると「テレビで見ていた印象で“セクシー、ちょいワル”と思っていたけど、すごく真面目な方」と高畑。一方の亀梨は、同じく『バンクーバーの朝日』で共演し高畑の兄を演じた妻夫木聡に今回の舞台について報告したそうで「『俺の妹が、恋人(役)?』」って焼きもち焼いてました」と明かし、笑いを誘っていた。 

 8月10日~30日に東京・Bunkamuraオーチャードホール、9月4日~13日に大阪・オリックス劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

「ラジエーションハウスⅡ」山口紗弥加“たまき”の生き方に反響 「山口紗弥加が髪を上げながら歩く姿にときめいた」

ドラマ2021年10月26日

 窪田正孝が主演する「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)第4話が、26日に放送された。  本作は、2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の続編。天才 … 続きを読む

「アバランチ」“牧原”千葉雄大の過去が明らかに 「千葉くんの泣きの演技がリアル」

ドラマ2021年10月26日

 綾野剛が主演するドラマ「アバランチ」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、25日に放送された。  本作は、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エン … 続きを読む

安田顕「自分でもようやく気付いた」 「瞬間に面白いことが出てくる人間じゃない」

映画2021年10月26日

 映画『私はいったい、何と闘っているのか』完成披露上映会が25日、東京都内で行われ、出演者の安田顕、ファーストサマーウイカ、金子大地、伊集院光と李闘士男監督が登壇した。  本作は、芸人・つぶやきシローの同名小説を実写映画化。地元に愛されるス … 続きを読む

「真犯人フラグ」“一星”佐野勇斗の正体に疑問の声 「一星の説明が全部本当なのかは怪しい…」

ドラマ2021年10月26日

 西島秀俊が主演するドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の第3話が、24日に放送された。  本作は、家族が失踪してしまったサラリーマン・相良凌介(西島)が、世間から「犯人ではないか?」という疑惑の目=真犯人フラグを立てられ、追い詰められて … 続きを読む

新垣結衣「メルティーキッス」新CMに初の“共演者” 自身の特別な時間は「陽が沈む頃のマジックアワー」

CM2021年10月26日

 女優の新垣結衣が出演する明治「メルティーキッス」の新TVCM「今年も雪のようなくちどけを。」篇が、26日から全国で順次放送される。  今年の新CMには、かわいらしいメルティベアが初登場。新垣にとっては、メルティーキッス初の“共演者”となっ … 続きを読む

amazon

page top