マツコ、スマホに切り替え「必死に勉強中」 「このままじゃ私、孤独死じゃない?」

2014年7月31日 / 16:05

 「氷の女神(パケコ・デラックス)像」お披露目式に登場したマツコ・デラックス

 「OCN モバイル ONE」の化身「氷の女神(パケコ・デラックス)像」お披露目式が31日、東京都内で行われ、CMキャラクターを務めるマツコ・デラックスが登場した。

 等身大に作られた氷像のアンベールを行ったマツコは「もっと(時間)ギリギリに作らなきゃ。溶けているから感想も何もないわよ。作り直す前のとげぬき地蔵みたい」と不満げ。「不出来です!」と切り捨てたが、最後は「まあ、涼をとっていただくということで。背中のラインはよく再現されているわよね」とフォローした。

 一方、最近“ガラケー”からスマホに替えたというマツコは「今必死に勉強してるわよ。情報弱者になりたくないから。だってこのままじゃ私、孤独死じゃない?」と愚痴を交えながらコメント。慣れない操作に苦戦しているようで「教えてくれる優しい男性は?」と問われるも「いないわよ。メールをしても返事の来ない人ばっかり。『久しぶり! 元気?』で、返事が無いってどういうこと」と嘆いた。

 また「2014上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)の女性部門で、綾瀬はるかと並んで5位に入っていることを知らされると「私、女性枠なの? 代理店もおかしいわね。まあ、ありがとう」と一瞬表情を和らげたが「かと言って世の中の男が私を綾瀬はるかと一緒とは思わないでしょ」とボヤいた。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top