宮沢りえ「“怪物”演じるプランはゼロ」 NODA・MAP「MIWA」記者会見

2013年8月22日 / 18:35

 宮沢りえをはじめとするNODA・MAP第18回公演「MIWA」の出演者たち

 NODA・MAP第18回公演「MIWA」の制作発表記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者の宮沢りえ、瑛太、井上真央、小出恵介、浦井健治、青木さやか、池田成志、野田秀樹、古田新太が出席した。

 シャンソン歌手・美輪明宏をモチーフに、その人生を野田流のオリジナルストーリーで描く。

 作・演出を手掛ける野田は、宮沢に託した“MIWA”役について「男性が演じるのは無理だと思って、女性が演じることでちょっと違うものになるという逃げです。りえちゃんに苦労を押し付けるのは、ずっと(していること)」と笑わせた。

 宮沢は出演が決まったときのことを「『え、美輪さん? あの美輪さんですか?』と聞き返してしまった」と振り返り、「“怪物”を演じる上でのプランはゼロ。心強いメンバーと、野田さんのことを信じているので、お稽古の中でぐいぐい見つけていければ」と語った。

 台本はまだ完全には出来上がっておらず、宮沢自身も「黄色い髪の毛のイメージが強かったので、そういうカツラをかぶるのかと思ったけれど、今の美輪さんをそのまま演じるのではなく野田さんのテイストが入るので、どんなヘアと衣装になるかはまったく分かっていない」と明かした。

 美輪と対談した際には「思い、言葉が無限に広がっている方で、ずっとお話ししていたいと思いました」とうっとり。「スピリチュアルなことではなく現実的な仕事やエネルギーの話をさせてもらった。ものすごく愛の深い方だと思う。年齢や性別をひとっ飛びに超えて、自分が発言、表現することに百パーセントの責任をもっている方。かっこいい」と美輪の印象を語った。

 NODA・MAP初参加の瑛太は「気負わずやっていきたい。宮沢さんとのドキッとするようなシーンもあるようなので、最後までドキッとしていたい」と意気込みを語った。同じく初参加の井上は「16歳か17歳の時に野田さんのワークショップに参加して、それから10年はほとんど映像中心にやってきました。どこまで自分の力が通用するのか、怖くもあり楽しみでもあり、自分の力を探りながらも発揮できたら」と述べた。

 舞台は10月4日~12月8日に上演。東京・東京芸術劇場プレイハウス、大阪・シアターBRAVA!、福岡・北九州芸術劇場大ホールを回る。


芸能ニュースNEWS

玉木宏主演の「極主夫道」第7話 「龍と酒井の本気のネオポリスガールに爆笑」

ドラマ2020年11月23日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した元極道の龍(玉木)が“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘する姿を描く任侠コメディー。  今回は、妻・ … 続きを読む

「危険なビーナス」視聴者の犯人予想が加速 麻生祐未に「悪役をやらせたらピカイチ」の声も

ドラマ2020年11月23日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  今回は、伯朗(妻夫木)の父・手島一清(R‐指定)と母・禎子(斉藤由貴)の過去、そして佐代(麻生祐未)との関係が明らかになった。 … 続きを読む

水川あさみ「自分は突っ込みのつもりで…」 関西弁で傷つけた過去を告白

映画2020年11月20日

 映画『滑走路』初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の水川あさみ、浅香航大、寄川歌太と大庭功睦監督が登壇した。  本作は、32歳の若さで命を絶った歌人・萩原慎一郎のベストセラー歌集を映画化。非正規、いじめ、過労、自死…。現代を … 続きを読む

今年の“ボジョパ”は、オンラインで乾杯! サントリーが多彩なゲストとLive配信

イベント2020年11月20日

 19日、待望のボジョレーヌーヴォーが解禁となった。サントリーではこれを祝して、解禁日から3日間連続で、さまざまなゲストと共に「YouTube Live」を配信。「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォーを買って、毎日おうちでボジョパを … 続きを読む

窪田正孝から杉咲花に「朝ドラ」バトンタッチ 「自分の感性を大事に挑めば大丈夫」

ドラマ2020年11月20日

 NHKの連続テレビ小説“バトンタッチ”セレモニーが19日、NHK大阪放送局で行われ、放送中の「エール」に主演した窪田正孝と、次期朝ドラ「おちょやん」でヒロインを演じる杉咲花が出席した。  来週、最終回を迎える「エール」から、11月30日放 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top