役所広司が“最悪の男”を演じる 「挑戦しがいのある役だった」

2014年3月6日 / 19:26

 (左から)役所広司、小松菜奈、中島哲也監督

 映画『渇き。』の舞台あいさつが6日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、小松菜奈、中島哲也監督が登壇した。

 本作は、「第3回このミステリーがすごい!大賞」を受賞した深町秋生氏のデビュー作を映画化。突然失踪した優等生の娘・加奈子(小松)の行方を追う父親(役所)が、娘の意外な像に戸惑いながら、やがて狂気を宿していく姿を描く。

 中島監督は、役所が演じる主人公について「すごくひどい人間で長所がまるでない。最近の邦画でもこんなにひどい人間は出てこない。その男が傷つき、ボロボロになりながら娘に対する思いを見いだしていく、原作を読みながらその過程にハラハラドキドキした」と語った。

 それを受けて役所は「監督のこれまでの作品の中でもナンバーワンに最悪な男らしい」と苦笑しながらも「本当に役者冥利(みょうり)に尽きる。やることは単純なのに心の中は複雑な男の役で、非常に難しかったけど挑戦しがいのある役だった」と振り返った。

 一方、本作が映画デビューとなった小松は“女優泣かせ”で有名な中島監督について「会う前はすごく怖くて、撮影中もいじめられるのかなと思っていたら、実際はすごく優しくて全然厳しくなかった」と笑顔で語った。

 役所も「監督は小松さんが大好き。モニターの前でもすごくニコニコされていたのでは」と明かした。

 映画は7月、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

「さっちゃん、僕は。」“京介”木村慧人が人妻に溺れる姿が話題に「目が男になる瞬間の慧人くんの演技がすごい」

ドラマ2024年6月19日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」最終回 “渋谷大海”京本大我の恋の結末に反響 「幸せを感じた」「渋谷くんに夢中になった3カ月間だった」

ドラマ2024年6月19日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  「どうか、幸せになってください」。大崎(宮近海斗)から愛花(田辺桃子)が保育士を辞めようとしていることを聞いた … 続きを読む

桜田ひより&細田佳央太のやり取りに共演者ら「キュンキュン」 JO1・河野純喜、高校時代は「ヤバいやつ呼ばわりで…」

ドラマ2024年6月18日

 ドラマ「あの子の子ども」制作発表記者会見が18日、東京都内で行われ、出演者の桜田ひより、細田佳央太、茅島みずき、河野純喜(JO1)が登場した。  本作は、蒼井まもる氏の同名漫画をドラマ化。妊娠が発覚したことで日常がガラリと変わってしまった … 続きを読む

「366日」最終話 “明日香”広瀬アリスの恋の結末に感動の声 「“遥斗”眞栄田郷敦と明日香が好き過ぎる」「キュンキュンした」

ドラマ2024年6月18日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の最終話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  “どうするべきかより、どうしたいかで考えてみるといいのかも”。雪平明日香(広瀬)は、池沢友里(和久井映見)から授かった言葉を … 続きを読む

「アンメット」柏木夫妻(加藤雅也&赤間麻里子)の夫婦愛に視聴者涙 「『モデルになってもらえませんか?』は反則や」

ドラマ2024年6月18日

 杉咲花が主演するドラマ「アンメット-ある脳外科医の日記-」(フジテレビ系)の第10話が、17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  原作は、同名コミック(原作:子鹿ゆずる氏/漫画:大槻閑人氏)。事故で記憶障害の後遺症を負った若手脳外科 … 続きを読む

Willfriends

page top