寺島しのぶ、若松監督の“予言”を明かす 「子どものことは監督に感謝です」

2013年3月9日 / 15:57

 (左から)染谷将太、高良健吾、佐野史郎、寺島しのぶ、高岡蒼佑、井浦新

 映画『千年の愉楽』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の寺島しのぶ、佐野史郎、高良健吾、高岡蒼佑、井浦新、染谷将太が取材に応じた。

 昨年10月に亡くなった若松孝二監督の遺作となった本作は、作家の中上健次氏が故郷の紀州を舞台につづった小説を映画化したもの。

 助産師を演じた寺島は「今日は監督がここにいらっしゃると思って臨みます」と語り、りりしい表情を見せた。佐野も「若松座長率いる一座の公演が始まったという感じ。監督の体はここにはないけれど、スクリーンの中には魂がある。僕らの魂がスクリーンで生きるのと同じで、共に生き続けるんだと思います」と若松監督への思いを熱く語った。

 また、本作の撮影終了後に妊娠し、昨年9月に長男を出産した寺島は「監督が『僕の映画に出た人は必ず子どもができるんだよ。人間は鬼気迫るものを感じると子どもができるもの。寺島さんも絶対にできるよ』っておっしゃていて。私は『もうできないと思う』って言ってたのに本当にできた。監督はすごく喜んで、一番最初に『ほらね!』って電話をくれました」とエピソードを披露した。

 すると井浦も、若松監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の出演後に父親になったことを告白。寺島は「『キャタピラー』の大西(信満)くんもそうだし、そういうのってあるんでしょうね。自分の子どものことは監督に感謝ですね」と感慨深げに語った。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top