KAT-TUN上田竜也「狂気を出すほど楽しい」 蜷川氏も上田を絶賛「才能ある」

2014年1月8日 / 16:21

 (左から)蜷川幸雄氏、鈴木杏、井上芳雄、勝村政信

 Bunkamura25周年記念舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」のフォトコールおよび囲み取材が8日、東京都内で行われ、演出を手掛ける蜷川幸雄氏、KAT-TUNの上田竜也、井上芳雄、鈴木杏、勝村政信が出席した。

 小説家・古川日出男氏の書き下ろし戯曲を演出した蜷川氏は「理解できなくて大変でした。その分頑張ったので、面白い」と言い切った。10年ぶりに蜷川作品に出演する井上は、冒頭から何ページにもわたる上田とのやりとりも完璧にこなし、「何分ビビっていまして、せりふだけは(頭に)入れてこようと思って」と苦笑交じりに心境を語った。

 蜷川作品に初出演の上田は「なんだかんだいって楽しかったです」と稽古を振り返り、「緊張はしましたけど、稽古を重ねて勝村さん、蜷川さんに指導していただきました。あのときはつらかったですが、今は楽しい」と晴れやかな表情をのぞかせた。

 上田は“授業料”が発生するほどの濃い指導を受けたようで、勝村が「お金を払ってほしかったんですけど」と言うと、井上も「まだ払っていなかったの?」と笑わせる一幕も。

 蜷川氏は上田の主演への抜てき理由について「意志が強そうだし、目つきも悪そう」と明かすと、「ものすごくよかった。分からないところは廊下で稽古したり、ジャニーズの人は真面目なんですよね」と絶賛した。さらに、「通し稽古を見たら“おお、才能あるな”と思いました。(自分は)意地悪だから、ちょっと売れている人は褒めないんですよ。でもそういうものを超えて、いいですよ。狂気がいい」と笑顔で語った。

 これを受けて上田も「狂気を出せば出すほど楽しかった。だからきっと素の自分にもあるんでしょうね」と手応えを実感。上田の成長を見守ってきた鈴木も「稽古から見ていて、その狂気が増していっている気がします。そこが解放されていく過程を見ているのが楽しかったです」と大きくうなずいた。

 初日を控え、心境を問われた上田は「初日のことはまだ考えられないんです。今やったフォトコールだったり、この後のゲネプロ(公開稽古)のことで(頭が)いっぱい」とぽつり。年末年始にはKAT-TUNとしての活動もあり、多忙を極める中での両立にも「それは最初から分かっていたので、うまく切り替えてやれました。KAT-TUNといるときは楽しい会話をしたりして、稽古ではしっかり集中できました」とストイックに語った。

 この日は兄弟を演じた“兄”井上とハイテンションで会話する場面が公開され、上田は「実はそこが普段のキャラクターとまったく違うところで、苦労しました」と漏らした。「気持ちの上で本当に井上さんのことが大好きというふうにテンション高く演じています」といい、蜷川も普段の上田について「普段は喋らないからね」と明かしていた。

 舞台は1月9日から2月1日まで、東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演。


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top