【インタビュー】石丸幹二、フィクサーとして「本音の分かりにくい表情」を意識  WOWOWドラマで黒木瞳と初共演

2015年4月2日 / 13:54

 政界の階段を駆け上る女性政治家、三崎皓子の奮闘とさまざまな思惑が交錯する複雑な人間模様を描いた幸田真音原作の小説がドラマ化された。4月12日からWOWOWの連続ドラマW「スケープゴート」として、全4話で放送される。

 皓子(黒木瞳)の若き日の恋人で、現在はテレビ局役員として政界の陰で暗躍する矢木沢峻を演じる石丸幹二が、政界ドラマの常識を破る「スケープゴート」の斬新さと、ともに日本を代表する舞台人として意識し合ってきた黒木との初共演を語る。

連続ドラマW「スケープゴート」に出演する石丸幹二

-読み応えのある台本ですが、どう感じましたか?

 爽快でした。たぶん、世の中の人に刺激を与える1作になるだろうと思いました。女性のきめ細やかな心情が書き込まれていますし、おぼれそうになっている彼女も描かれている。かれんな女性でも男と同じだけの仕事はする。そういう彼女だからこそ、みんながサポートして、祭り上げていくという形もあると思えますよね。

-リアリティーは感じましたか?

 ええ。登場人物みんなが、いろんなものをてんびんに掛けながら生きているのがリアルでした。

-矢木沢はなかなか本音を見せません。

 ある人の前で見せる表情は自分の中の持ちカードのひとつで、別のところにまた違うカードを持っている。分かりにくい表情をすることで別のカードが見えたりするので、あまり分かりやすい演技をしないようにしようと自分で決めました。前半はダークな部分も出し、後半は正義感のある部分を多く出したりしていました。謎が謎じゃなくならないようにだけは気を付けました。

-矢木沢はなぜ彼女を祭り上げるように行動し、陰でサポートしたんでしょう。

 自分の野望は必ず達成するという強い思いがあるでしょう。そして、かつて自分のほれた女がやっぱり最高の存在だということを自分に対して証明したかったんでしょうし。

-皓子を自らの野望達成のために利用するということは否定していないんですよね。

 そう、でも利用するというか、お互いをかなり意識しながら生きていくということだと思うんです。ひとつはっきり言えることは、矢木沢は皓子に今もまだほれているということです。

-初共演の黒木瞳さんの演技はいかがですか?

 かれんな一方で言うことは言う、やることはやるという皓子の姿は、とてもチャーミングです。

-劇団四季と宝塚歌劇で同じように舞台を中心に活動されてきて、今はテレビでも活躍されている。そういう点では共通点は感じますか?

 共通しているなと思うのは、声のレンジや大きさを舞台で出せるような声にまで広げてコントロールしているということ。ちゃんと舞台俳優としての武器を使っていらっしゃると感じますね。

-それは、声を含めた身体全部を使って演じているということですか?

 そうです。信念のある言葉を言うときはリアルに声を大きく張って話されますし、その時々のせりふに合った声を出されます。マイク頼みではなく、身体を使ってちゃんと発声されているので、横で一緒に演技していてもリアリティーがあります。それに黒木さんはしっかりと作品を読み込んで演じていらっしゃる。そんなところも尊敬しています。

 

【石丸幹二(いしまる・かんじ)】俳優。大河ドラマ「花燃ゆ」に加え、4月から「アルジャーノンに花束を」にも出演。7~8月は音楽劇「ライムライト」を全国8都市で上演する。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top