石丸幹二「半沢直樹で予習した」 復讐に燃える役柄でミュージカル主演

2013年9月30日 / 15:00

 (左から)村井國夫、坂元健児、石川禅、石丸幹二、花總まり、濱田めぐみ、彩吹真央

 ミュージカル「モンテ・クリスト伯」の制作発表記者会見が30日、東京都内で行われ、出演者の石丸幹二、花總まり、岡本健一、石川禅、坂元健児、濱田めぐみ、彩吹真央、村井國夫ほかが出席した。

 本作は、フランス革命後の動乱期を舞台に展開される、一人の男の愛と復讐(ふくしゅう)の物語。

 石丸は「どん底からはい上がってくる男の執念と、最愛の女性との再会の後の心の駆け引きを楽しんでいただけるように練り上げていきたい」とあいさつ。

 また、TBSドラマ「半沢直樹」の大阪編で堺雅人演じる半沢直樹の敵役を演じた石丸は「マニラから帰ってきました。ドラマ上でしたけど、半沢で顔の接近の仕方、つばの飛ばし方、目つきなどたくさん予習したので、舞台で使わせてもらいます」とユーモアたっぷりに語った。

 さらに「復讐はいいものですよ」と含みを持たせた笑みを浮かべ「(半沢直樹では)ものすごくいじめられる役でした。もともとはいじめていたんですけどね。やったらやられる、仕方ないです」と語り「心の宿った目の力。堺さんからそのことを学ばせてもらいましたが、それだけに頼らず歌の力、芝居の力、ハートですね。お客さんには“恩返し”したいです」と意気込みを語った。

 一方、岡本は「2人の美しい恋人たち、婚約を決めた2人を引き裂きます。誰よりも強い欲と愛を持って物語をどん底に落としていきたいと思います」とアピール。

 石丸が「岡本さんのファンで、個人的に舞台をよく見ています。悪の部分にすごく色気がある。個性が宿ってくぎ付けになるので楽しみです」と絶賛すると、岡本は「生歌、生オケは気持ちいいですよね。音楽も素晴らしいし、心をリアルに表現できたらいいなと思います」と語った。

 舞台は12月7日~29日、都内・日生劇場で上演。


芸能ニュースNEWS

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

横浜流星&飯豊まりえ、四千頭身の後藤を絶賛 「突っ込みが最高」

トレンド2020年1月16日

 中古車情報メディア「カーセンサー」新CM発表会が16日、東京都内で行われ、横浜流星、飯豊まりえ、お笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実が出席した。 続きを読む

page top