八木沼純子がフィギュアスケート専門番組のメーン司会 選手の意外な素顔、大会の舞台裏などエピソード満載で放送中

2015年2月10日 / 12:31

 世界王者の羽生結弦選手をはじめ、多くの日本人選手が世界のトップレベルで活躍するフィギュアスケート。スタースケーターたちの華麗な演技に、たくさんのファンが熱狂している。そんな熱いファンに向けた、「フィギュアスケートのもっと深いところを知りたいっ!」という要望を満足させる番組が、今年1月から放送されている(毎月1回放送)。フィギュアスケート元女子シングル五輪代表で、解説者としてもおなじみの八木沼純子さんがメーン司会を務め、普段の競技中継では伝え切れない“大会の舞台裏”“選手たちの技に隠された緻密な計算”“選手たちの意外な素顔”などを伝えている。八木沼さんに番組の見どころを聞いた。

 

解説者としてもおなじみの八木沼純子さんがメーン司会

-初めに番組に対する抱負を。

 フィギュアスケートをいろいろな方に楽しく見ていただきたい、という思いでやらせていただいています。フィギュアスケートのファンの方も、初めてフィギュアスケートを見る方も、フィギュアスケートを見始めた方にも楽しんでもらえるような、堅苦しくなく、柔らかく、楽しく見ていただける番組にしたいと思っています。

-第1回放送の終了後に、視聴者から「こんな番組を待っていた!」など、たくさんの温かいメッセージが届いたそうですね。

  見ていただいた方の反響が伝わってくるのは、番組を続けていく励みになります。皆さんの要望に応えられるように、いろいろな角度からフィギュアスケートの魅力をお伝えしていきたいです。フィギュアスケートにもいろんなドラマがあり、いろんな選手がいることを分かっていただき、自分の子どもにもやらせてみようかしらとか、今度大会に行ってみようかしらとか、そんな発展につながっていくといいですね。

-取材を通して現役の選手を見ていると、ご自身の現役時代とは技術面も精神面も変わったことを実感するそうですが。

 今の選手は、意外とみんな、ピリピリしているようで仲が良い。私たちの現役時代は、同じリンクで練習していてもピリピリしている感じがありました。特に試合が近づいてくるとそれが高まってくる感じがありました。でも今の選手は、自分自身のオンとオフの使い分けがうまいのでしょう。ライバルたちのことも尊敬のまなざしで見られますし、それを自分に置き換えて実力を発揮させられるんです。あまり神経質にならない。それがすごいなと思います。

-特に印象に残っている若手選手は?

  14歳の樋口新葉選手は気後れしてないです。受け答えもしっかりしていて、記者の前に出ても何も心配なく、逆にしっかりし過ぎているぐらい。かといって喜怒哀楽を表に出さないもわけではなく、悔し涙も流しますし、滑り出すと足にモーターが付いているのかと思うぐらいスピードがあり、テクニックもある。楽しみな選手です。他にもいろんなタイプが集まっていて、今は『フィギュアスケーターのタイプってこういう感じ』と一言では言えません。いろんなタイプがいて面白いですよ。

-世界王者・羽生選手についてはどう思いますか。

  羽生選手は常に役者だと思います。「羽生結弦」というのを普段から意識している感じがします。それはスケーターとして必要な部分です。アクターとして自分をどう見せたらいいのかを知っている選手です。しかも、世界チャンピオンだからといって向上心がなくなっているわけでもない。常に先を見て、もっともっと進化することを考えている。後輩たちはそういう羽生選手をはじめ、浅田真央選手、引退した高橋大輔選手と鈴木明子選手、今日本を引っ張っている村上佳菜子選手を見て、自分たちが試合でどうするべきかを学ぶ。身近に素晴らしい教科書があるので、自分たちもそこに続くぞ!という気持ちになれる。それが日本のフィギュアスケートのレベルが上がっている理由だと思います。

-最後に視聴者にメッセージを。

 番組は始まったばっかりですが、初回放送が終わってからたくさんのメッセージを頂き、とてもうれしく思っています。メッセージや要望を頂くことで、もっとこういうことをしようとか、次につながっていきますので、どしどしご意見ご感想を送ってください。そして、一緒にフィギュアスケートを楽しんでいきたいですね。

 

■プロフィール
やぎぬま・じゅんこ
1973年4月1日生まれ、東京都出身。5歳からスケートを始め、14歳でカルガリー五輪(88年)の女子シングル日本代表として出場。世界選手権通算7回出場、93年ユニバーシアード大会優勝を果たし、95年からプロスケーターに転向。スポーツキャスター、解説者としても活躍中。

 

■番組データ
フィギュアスケートTV!
BSフジ

今後の放送予定

第2回
2015年2月11日(水)午後5時~5時55分
放送翌日に開幕する「四大陸フィギュアスケート選手権」の見どころを特集する。さらに「ヨーロッパ選手権」や、次代のスター候補が続々と登場する「全国中学校スケート競技会」なども盛りだくさんの独自映像で伝える。

第3回
2015年3月15日(日)午後2時~2時55分


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top