【2.5次元】『あんステ』最新作に出演中! 注目の若手俳優・渡邉駿輝&副島和樹が語る、役者としての成長

2019年1月28日 / 17:00

 ダウンロード数300万を突破しているスマートフォン向けゲームアプリを原作にした舞台化作品『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』シリーズの最新作『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』〜Memory of Marionette〜が現在、上演中だ。約1年ぶりの“エクストラ・ステージ”となる本作では、原作のイベントストーリー「追憶*マリオネットの糸の先」「演舞 天の川にかける思い」「挑戦!願いの七夕祭」の3本が描かれる。18年9月に開催された『あんステフェスティバル』から「fine」の伏見弓弦役を務める渡邉駿輝と、18年10月に行われた『あんステフェスティバル』応援上映会で「fine」の姫宮桃李役として初お披露目された副島和樹が、東京、京都公演を終えた心境を語った。(※取材時は大阪公演前)

姫宮桃李役の副島和樹(左)と伏見弓弦役の渡邉駿輝

-まずは、本作に出演が決まったときのお気持ちを振り返っていただけますか。

副島 僕は、2.5次元と呼ばれる舞台に出ることを夢見て2年前に上京したので、出演が決まったのは本当にうれしかったです。でも、その一方で、自分とは180度違うキャラクターを演じることに不安もありました。

-もともと、俳優になりたくて上京されたんですね。

副島 はい。僕は20歳まで海外に住んでいたのですが、その頃からアニメや漫画が大好きで、そのときにコスプレにも触れていたんです。コスプレはキャラクターというものを通して同じ趣味の方と通じることができる、コミュニケーションツールでもあったので、僕にとって大きなものでした。それでずっと2.5次元舞台にも憧れていたのですが、実際に出演するとなると、ただ衣裳を着て突っ立っていればいいわけではなく、キャラクターとして人生を生きなきゃいけないので、楽しい反面、すごく大変なことなんだということを日々、学んでいます。駿輝くんは?

渡邉 僕は、前回のフェスから出演しているのですが、そのときは本当に芸能界に入ったばかりで、何も分からず、ただただ出演できることがうれしいと感じていました。でも、稽古が始まって、そこで初めて、楽しいだけじゃ駄目なんだと気付きました。

副島 駿輝くんは、フェスのときに、ほかのキャストたちが集大成だと思って臨んでいる中に一人、パッと放り込まれて、かつ、フェスが終わっても自分は引き続き演じ続けるという、とても難しい環境だったので、大変だったと思います。駿輝くんはそこで、リアル「返礼祭」を体験したんですよね。先輩から後輩に託されて、彼は先輩たちの思いを今、体現してくれているんだと思います。

渡邉 いやいや、何を引き継げばいいのか分からなくて、次につなげるパフォーマンスということも分からなくて混乱して…今作での稽古でもいろいろと考えてしまって、ガチガチになっていましたが、fineのメンバーにフォローしてもらって、今、頑張れています。

 

-今回のお稽古、そしてここまでの公演を通して、ご自身ではどんな成長を感じられていますか。

渡邉 ダンスにまとまりが出た感じはします。

副島 開幕してから、fineのメンバー間に流れる空気が変わったんです。みんなで紡ぎあえて一つのパフォーマンスをするという感覚を体感できました。

-それは何かきっかけがあったんですか。

渡邉 きっと、純粋に楽しめたからだと思います。稽古のときは、どうしても正確さを求めてしまうので、いろんなことを考えながら踊っているのですが、本番になったら、何も考えずに楽しめた。ペンライトでお客さんが応援してくれているのが見えて、気分がすごく上がりました。

副島 お客さんからパワーをもらったんだと思います。ダンスだけじゃなく、芝居の面でも、稽古中は原作のキャラクターに近づけることにばかりとらわれていましたが、公演を重ねていくうちにふっと力が抜けたのを感じました。桃李として言葉を発することができるようになってきて、キャラクター同士の関係性に加え、僕と駿輝くんの関係性もキャラクターに乗っかって、少しずつ深みが出てきたと思います。

-この後、大阪、福岡、そして宮城公演がありますが、改めて、本作の見どころ教えてください。

副島 「Valkyrie」をメインとしたストーリーの中で、fineは今回、ヒール役に徹しています。登場するシーンは少ないですが、舞台の中では語られなかった天祥院英智(笹森裕貴)の思いや、それを知って着いていくfineのメンバーの気持ち、絶対王者であるfineの隠れた努力というものを、僕たちのパフォーマンスや空気感で伝えていきたいと思っています。

渡邉 それから、今回は、過去のエピソードも描かれています。斎宮宗(山崎大輝)と鬼龍紅郎(栁川瑠衣)の幼なじみという関係性が年を重ねたことで変化していき、微妙な距離感を持って対面したシーンとか…そういう細かい演技も見て欲しいです。

 
  • 1
  • 2

page top