河合郁人、初の単独主演舞台で「成長を見せたい」 かつて同居したふぉ~ゆ~辰巳とも共演

2019年1月16日 / 04:05

(前列左から)榎木孝明、河合郁人、辰巳雄大、(後列左から)いしのようこ、渋谷天笑、惣田紗莉渚、純名里沙

 舞台「トリッパー遊園地」の制作発表記者会見が15日、東京都内で行われ、出演者の河合郁人(A.B.C-Z)、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、惣田紗莉渚(SKE48)、純名里沙、いしのようこ、渋谷天笑、榎木孝明が出席した。

 本作は、現代から戦時中へタイムトリップした男と、彼がそこで出会う人々の物語。

 廃れた遊園地の経営改革に乗り出す中、思わぬタイムトリップをすることになる主人公を演じる河合は、今回が単独初主演舞台。「座長としてしっかり引っ張っていけたら。自分の成長した部分をしっかりと見せていきたい」と語った。

 一方、物語の鍵となる1944年の遊園地の従業員を演じる辰巳は、河合とは久々の共演だといい、「思い出に残る単独主演となるよう、僕も力添えができたら」と語った。

 2人は過去に約2年間、同居していたこともあり、気心が知れた仲。「どちらから別れを切り出した?」という質問には、河合が手を挙げ「僕の部屋の方が狭くて。クローゼットもなくてちょっと苦しくなってしまって…」と明かして笑わせた。

 会場となる「新橋演舞場」は、2人が「滝沢歌舞伎」に出演した“思い出の地”。滝沢秀明は今年から裏方に回ったが、「舞台のことを伝えた?」と聞かれた河合は「一応、お話をしたところ、『そうなんだ』とあっさりだった。『演舞場でやったことなかったっけ?』と言われたけど、それ戸塚(祥太)なんですよ」と苦笑い。

 滝沢は、本作の後に同所で上演される「滝沢歌舞伎ZERO」を手掛けているため「今は(主演の)Snow Manに集中していると思う」と河合は語ったが、辰巳は「来てもらえるようにこれからしつこく連絡したい」と言葉に力を込めた。

 また「戻りたい過去」について聞かれた河合は「10代のころに、少年隊さんの舞台『ウエスト・サイド・ストーリー』のオーディションを受けたのですが、緊張し過ぎて普段できる踊りも歌もできなかった。そのとき、ジャニー(喜多川)さんに、『ユーを呼んだのは失敗だったよ』と言われすごくショックだったので、もう一度そのときに戻って全力を出したい」と笑わせた。

 舞台は3月15日~23日、都内・新橋演舞場で上演。


芸能ニュースNEWS

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

川栄李奈&池田エライザ「5G体験を楽しんで」 新iPhoneの発売をオンラインで祝う

イベント2020年10月23日

 KDDI「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」が23日、オンラインで開催され、同社のCMで織姫役を演じる川栄李奈、親指姫役を演じる池田エライザが出席した。  この日の午前8時、au5Gに対応した初めての「iPhone1 … 続きを読む

小栗旬「星野源ボイスは“罪な声”」 「気持ちを穏やかにさせる声の持ち主」

映画2020年10月23日

 映画『罪の声』公開直前イベントが22日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、星野源と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフにした塩田武士氏の同名ミステリー小説を映画化。事件の真相を追う新聞記者・阿 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子演じる華が出産 「円城寺さんのダンスが意味不明で元気出た」

ドラマ2020年10月23日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第2話が、22日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。  今回 … 続きを読む

「七人の秘書」木村文乃、菜々緒、大島優子らが悪を倒す 「現代版必殺仕事人」の声も

ドラマ2020年10月23日

 木村文乃が主演するドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)の初回が、22日に放送された。  本作は、東都銀行常務秘書の望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)と情報屋の鰐 … 続きを読む

page top