前山剛久「普通とは何かを考えてくれたら」 舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」開幕

2019年1月11日 / 01:00
(左から)谷佳樹、小松準弥、前山剛久、佐伯亮

(左から)谷佳樹、小松準弥、前山剛久、佐伯亮

 舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」の囲み取材が10日に都内で行われ、前山剛久と小松準弥、佐伯亮、谷佳樹が登壇した。

 本作は、第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞も受賞した児童文学のコミカライズを舞台化。孤独を抱えた青年が、幽霊や妖怪が出るというアパートに入居し、心優しくもクセの強い入居者たちとの交流を通し、なくしていたものを取り戻していく青春ストーリー。

 主人公の稲葉夕士を演じる前山は、「魂込めて稽古に臨んできたので、素敵な作品に仕上がっていると思います」とあいさつ。「座長だと引っ張らなければいけないと思っていたのですが、今回はみんなに支えてもらったという意識が強かったです」と稽古を振り返った。

 稲葉の親友・長谷泉貴役の小松は「僕は妖怪アパートにはいませんが、稲葉を見守り、心の変化を常に感じて、一緒にいるという大切な役割を担わせていただいています」と自身の役柄を説明した。

 コミック化、アニメ化もされている本作の、舞台ならではの魅力について、小松は「丁寧に描いているので、生身の人間がやることで心から震えてもらえるんじゃないかなと思います」と語り、龍さん役の佐伯は「(スペシャル・ダンサーとして出演する)三井聡さんや幽霊、妖怪たちのパフォーマンスも、一つの楽しみとして見てもらいたい」とアピールした。

 最後に前山は、「この作品を見て一番考えるのは『普通とは何か』だと思います。僕にとっての普通と皆さんにとっての普通は絶対に違いますし、それぞれに答えも違う。ぜひ、普通とは何かを、この作品を見て考えていただけたらうれしいです」と本作への思いを語った。

 舞台「妖怪アパートの幽雅な日常」は1月27日まで紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演。


芸能ニュースNEWS

東京女子流「ずんだ」のアロエヨーグルトを試食 “考案者“新井ひとみ「すごくおいしい!」

トレンド2019年1月19日

 「森永アロエヨーグルト 天下一フレーバー限定試食会」が19日、東京都内で行われ、東京女子流(山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生)が登場した。 続きを読む

瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

ドラマ2019年1月19日

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。  藤沢周平原作の本作は、とある謎めい … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉に悪役を提案 「いい人じゃ駄目。とことん悪くないと」

映画2019年1月19日

 映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。  本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田(木村)と、彼 … 続きを読む

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top