柏木悠&石川凌雅&福澤侑「昭和のヤンキーはおしゃれで渋みがある」 ドラマ「ゴーストヤンキー」【インタビュー】

2024年5月16日 / 16:00

 現在放送中のドラマ「ゴーストヤンキー」。本作は、陸上選手の夢を絶たれ、人生に絶望した少年・風町トゲルが、ひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”集団「わんぱく団」と出会い、人生が大きく変わっていくオリジナルストーリー。霊界で起こる不思議な騒動に巻き込まれながらも、仲間たちと切磋琢磨(せっさたくま)しながら乗り越えていく、熱くてクスッと笑える物語だ。

 本作で主人公の風町トゲルを演じる柏木悠(超特急)と、昭和のヤンキー・千葉丈助/バーチ役の石川凌雅と富野吾郎役の福澤侑が取材に応じ、ドラマの見どころや“昭和ヤンキー”の印象、昭和・平成・令和の中で好きな時代などを語ってくれた。

(左から)福澤侑、柏木悠、石川凌雅 (C)エンタメOVO

-本作で皆さんが演じている役柄の魅力と、演じるうえで気を付けたことを教えてください。

柏木 僕が演じたトゲルは陸上を頑張っている中でけがをして挫折した役なので、その感情の起伏を見せられたらいいなと思いました。登場人物の中では僕だけが令和の人なので、昭和のヤンキーには「SNS映え」という言葉が通じないなど、ギャップを感じるシーンでは、僕もリアルな反応を届けたかったので、昭和の情報をあえて入れないように気を付けました。

石川 バーチは男気があって、背中で見せていくタイプのキャラクターです。最初は「わんぱく団」の敵チームとして登場するのですが、実はそれは「わんぱく団」のことを思って取った行動だったので、外側はクールですが、中はホットというギャップを出せるように意識しました。

福澤 吾郎は自分が間違っていても意見をしっかりと伝えたり、ストレートに気持ちをぶつけるタイプなので、そこが魅力だなと思います。自分が前に出るばかりではなくて、バーチや自分が認めた奴の背中を押せるところが人間味があって、僕が好きなところです。

-撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

柏木 大変なスケジュールの中、明るくて温かい現場でした。楽屋の過ごし方も、それぞれが個人の時間も大事にしつつ、ふざけ合ったりもして楽しく撮影できました。

石川 皆さんが差し入れしてくれて、現場においしいジュースやスイーツ、カレーなどがあったので、ご飯の話で盛り上がりました。初日は柏木くんが一口サイズのおしゃれなかまぼこを差し入れしてくれて、すごくセンスを感じて、本当にありがとうと感謝を伝えました(笑)。

-本作でも描かれている“昭和のヤンキー”は、皆さんから見て、ビジュアルや内面的なことも含めて、どのように映りましたか。

福澤 おしゃれだなと思います。今の時代はツッパリはいませんが、SNSがはやっているので、けんか一つにしても匿名で悪口を書いたり、そういうのはちょっと嫌ですよね。昔はムカついたら「面と向かって話をしようや」と言ってけんかしていたと思うので、今はぜいたくなものや便利なものは増えましたが、昔の生き方を見ると捨てたもんじゃないな、いい時代だったんだろうなと思います。

-見た目も“おしゃれ”に感じているのですね。

福澤 はい、見た目もおしゃれですし、今やると渋いなと思います。とはいえ僕らが急にリーゼントにして「ヨロシク!」と言い出したらおかしいので、実際にはできないのですが(笑)、昭和の世界観がレトロで好きなので、この作品でそれを感じられたなと思います。

柏木 僕も本当にそう思います。昭和のヤンキーは渋みがありますよね。

(C)「ゴーストヤンキー」製作委員会・MBS

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top