若手注目俳優の佐藤瑠雅&坂井翔、「どこにでもいる男の子たちの何気ない生活を描いた」“じれキュン”ラブストーリー「彼のいる生活」【インタビュー】

2024年4月18日 / 08:00

 「仮面ライダーギーツ」の桜井景和/仮面ライダータイクーン役で注目された佐藤瑠雅と、ドラマ「ジャンヌの裁き」に出演し高い演技力が話題となった坂井翔がW主演するドラマ「彼のいる生活」がTOKYO MX、ABEMA、各配信サイトにて現在放送・配信中だ。本作は、青春BLの名手として名高い宮田トヲル氏による人気BLコミックを原作としたラブコメディー。いちずで完璧な爽やかモテ男子・田中一仁(佐藤)と家事が得意な純朴男子・夏川涼太(坂井)が同居をきっかけに心を近づけていく姿を描く。佐藤と坂井にお互いの印象や役作りについてなどを聞いた。

坂井翔(左)と佐藤瑠雅(ヘアメーク:森香織(pretium)、竹山美由紀/スタイリスト:津野真吾(impiger)

-出演が決まって、原作や脚本を最初に読んだときの感想を教えてください。

佐藤 「やっとイケメンムーブできる!」ですね(笑)。これまでどこかあか抜けないキャラクターを演じることが多くて、キラキラしていてみんなにチヤホヤされている役を演じてみたいと思っていたので、それがやっとできると思ってうれしかったです(笑)。それから、髪を短くするのかと。高校の時以来の短さだと思うので、懐かしいなと思いながら切りに行ったのを覚えています。

坂井 僕は、まず主演をいただけたというのがすごくうれしかったです。それから、原作を読んで、夏川の性格は自分に似ている部分もたくさんあると感じたので、自分に似た役をいただけたうれしさもありました。

-例えばどういうところが似ていると感じましたか。

坂井 夏川はコミュニケーションを取るのが少し苦手なタイプの男の子ですが、僕も初対面だと人見知りをしてしまう性格なので、そういう気持ちはすごく分かります。でも、仲良くなっていくと頼りたくなって、いい人だと思えばどんどん信用していくというところも似ているんじゃないかなと思いました。

-佐藤さんは、一仁と似ているところはありましたか。

佐藤 ありますかね?

坂井 ある! 顔が似てるよね。原作に似てる。

佐藤 そうなのかな?

坂井 あと、背が高くてリーダー気質なところは似てると思うよ。みんなを引っ張っていくタイプで。

佐藤 自分ではあまりそう思っていないですが、確かに周りから「リーダー気質」といわれることはありますね。なので、もしかしたらそういうところは似ているのかもしれないですね。

-そうすると、佐藤さんとしては、あまり自分とは似てないと感じながら演じていた?

佐藤 そうですね。あまりモテてこなかった人生なので、キラキラしていていいなとはすごく思いました。本当に周りからキャーってないですから!

坂井 えー、意外だね。

-原作を読んで感じたストーリーの面白さや魅力は?

佐藤 BL作品に初めて触れたのですが、普通の漫画と同じように読めました。すごく読みやすくて。読むまでは、入りづらい世界なんじゃないかと思っていたので、そうした認識を覆してくれる作品でした。

坂井 僕はBL作品に出演するのは2回目なんですよ。でも、男の子を好きになる役は今回が初めてで。前回と比べるということではないですが、今回のこの「彼のいる生活」は、どこにでもいる男の子たちの何気ない生活を描いている作品だなと思いましたし、そこに魅力を感じました。BLだからといって見づらいとか入りづらいということは一切なくて、微笑ましくなるような作品だと思いました。

-役作りにおいてはどのくらい、原作を意識して演じたのですか。

佐藤 原作がある作品は初めてですが、僕がアニメや漫画が好きなので、実写化されたときのファンの方の気持ちはよく分かるんですよ。「ここはもう少し原作に近づけられなかったのかな」と思うこともあるので、今回、演じるにあたっては、原作の一仁のキャラクターに寄せつつ、人が演じたときにしか出し得ない部分も出しながら演じようと思っていました。もちろんそれだけでなく、監督ともディスカッションを重ねて一仁という人物を作り上げていきました。

坂井 僕も同じです。1番意識したのは、原作での顔と現実での顔の違和感でした。原作で描かれている表情のまま僕が演じると不自然になってしまうところがあったので、夏川がリアルに存在していたらどういう顔をするのかなと考えて演じていました。

-夏川と一仁の関係性はどのように感じましたか。

佐藤 僕もお家にお泊まりして遊ぶ幼なじみはいたんですが、今の年齢になると連絡先すら知らないので、その仲がずっと続いていて、大学生になっても仲が良いというのはすごくうらやましいなと思います。

坂井 すてきな関係性だと思います。例えば、夏川は料理ができて、それが好きだから毎回料理を作っていますが、それに対して一仁は毎回ちゃんと感謝しています。料理を作ってくれるのを当たり前だと思わずに、きちんとお礼を言って、違うところでお返しをしてくれる。お互いに、毎日行っていることも当たり前ではないと思っているところがすてきだなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

松本穂香&犬飼貴丈&関口メンディー ドラマ「95」主演の高橋海人は「唯一無二の魅力的な人」【インタビュー】

ドラマ2024年5月20日

 高橋海人が主演するドラマ「95」がテレ東系で放送中だ。早見和真氏の青春小説が原作の本作は、大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆け抜けた高校生たちの熱き青春群像劇。  本作で高橋が演じる … 続きを読む

市村優汰、憧れは父・市村正親のような俳優 「プリンス・オブ・マーメイド」で舞台初主演に「死ぬ気で頑張る」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月19日

 俳優・市村正親の長男で、ミュージカル「オリバー!」で本格俳優デビューを果たした市村優汰が、8月8日から上演される海の音楽劇「プリンス・オブ・マーメイド~海と人がともに生きる~」で舞台初主演を果たす。市村が演じるのは、人魚の王子タリク役。石 … 続きを読む

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

Willfriends

page top