大沢たかお「海外のお客さんにどう受け止められるか」主演を務めた超話題作が世界配信スタート! 「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」【インタビュー】

2024年2月14日 / 13:10

(C)エンタメOVO

-太平洋戦争のような過去の戦争ではなく、現代を舞台に「米国」や「第7艦隊」などの国や組織が実名で登場し、日本が戦闘状態に巻き込まれる様子をリアルに描いている点が、日本の実写作品としては画期的です。

 政府や官僚、さらにはマスコミから国民まで、日本という国がいかにしてこの危機的な事態に対峙(たいじ)していくのか。それをエンターテイメントとして見せるのがこの作品の面白さです。そこを曖昧にすると、作品の魅力が失われてしまいますから。

-おっしゃる通りです。

 しかも、日本政府に関して、誰もが歯切れよくズバズバ決断していくような描き方をするのもリアルではありません。むしろ、周囲の顔色をうかがって忖度しつつ、アメリカのご機嫌も取りつつ…という描写の方が、僕らにとってはリアルなはずです。ただし、それがアメリカの観客にとっては、物足りなく感じるかもしれません。世界中が日本に関心を持つこの時代、この作品がどう受け止められるのか。それは、やってみないと分かりません。とはいえ、中途半端にかっこつけるようなことはすべきではないと思っています。そんなことをすれば、失敗するだけですから。

-覚悟がうかがえるお話です。では次に、海江田四郎を演じる上で心掛けたことを教えてください。

 お客さんに、海江田の真意をつかませないようにしようと。原作を読むと、顔立ちがりりしいこともあり、「世界を変える善良な人間」のように見えるんです。これまでは、それでよかったのかもしれません。でも、原作が連載されていた昭和や平成が過ぎ去り、以前は想像もしなかったことが次々と起きる令和のこの時代、果たしてそんな主人公に皆さんが魅力を感じるだろうかと。

-確かにそうですね。

 原作ではそうは見えませんが、視点を変えると、海江田の行為は「テロリストの暴挙」とも言えます。そこを前面に押し出せば、今の時代にふさわしいビターなエンターテイメントになるのでは、と。映像化する上で最も困難な選択でしたが、そんなことから、よりダークな方向で海江田のキャラクターを作り上げていきました。

-本作を通して、新たな発見はありましたか。

 ドキュメンタリーやニュースでは言えなくても、エンターテイメントなら言えることがあり、それによってよりリアルに感じられるものがあることに気付かされました。

-具体的にはどのようなことでしょうか。

 先ほどお話しした忖度のない台詞がまず一つ。さらに今回、海上自衛隊から本物の潜水艦を借りて撮影していますが、それが可能になったのも、これがエンターテイメントだからです。お借りするとき、「エンターテイメントですよね」と念を押されましたが、仮に「海上自衛隊のドキュメンタリー」だったら、借りられなかったに違いありません。「エンターテイメントとして日本の皆さんが楽しんでくれるなら」と、海上自衛隊も協力してくれるわけですから。そういう意味では、製作を進める中で色々な気付きを得られた作品でもありました。それが、皆さんにも伝わったらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

©2024 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES.原作/かわぐちかいじ『沈黙の艦隊』(講談社「モーニング」所載)

Amazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』
配信日:2024年2月9日(金)よりPrime Videoにて世界独占配信
配信スケジュール:2月9日(金)1~6話、16日(金) 7~8話
話数:全8話

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

【週末映画コラム】問題作を2本 テーマは傍観者的な虐殺『関心領域』/石原さとみが鬼気迫る演技を披露する『ミッシング』

映画2024年5月24日

『関心領域』(5月24日公開)  本作は、ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人々を死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る、収容所所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)一家の日々の営みを描く。 … 続きを読む

Willfriends

page top