「仮面ライダー555」20周年作品は「みんなが歩んできた結果」メインキャストが再集結! 半田健人&芳賀優里亜&村上幸平&藤田玲『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』【インタビュー】

2024年2月1日 / 14:22

 2003~04年にテレビ放送された平成仮面ライダー第4弾「仮面ライダー555(ファイズ)」20周年作品『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が、2月2日から劇場上映される。仮面ライダーファイズに変身する主人公・乾巧(=いぬい・たくみ)と仲間たちが、人類が進化した怪人“オルフェノク”との戦いを終えた20年後を舞台に、メインキャストが再集結し、人類とオルフェノクの運命を巡る新たな物語が繰り広げられる。公開を前に、乾巧役の半田健人、ヒロイン・園田真理役の芳賀優里亜、仮面ライダーカイザ=草加雅人役の村上幸平、謎を秘めて再登場する北崎役の藤田玲が、20年ぶりの続篇への思いを語り合った。

(左から)藤田玲、村上幸平、半田健人、芳賀優里亜(C)エンタメOVO

-主人公・乾巧が、かつてオルフェノクを支配していた敵・スマートブレイン社の手先として登場する序盤からサプライズ満載の物語ですが、台本を読んだときの感想は?

半田 これなら、長年の「555」ファンの皆さんが楽しんでいただけるんじゃないかなと。(テレビシリーズ全話も手掛けた脚本家の)井上敏樹さんらしいホンだな、という印象でしたね。

芳賀 個人的には、私の中で園田真理の物語は、テレビシリーズで終わっていたんです。その彼女の人生が20年越しに動き出すことが、楽しみでもありつつ、ちょっと怖さもあって…。だから、台本を開くのに、少し時間がかかりました。覚悟を決めて読んでみたら、衝撃的な展開もあり、すぐには受け止めきれなくて。

村上 僕は最初、「正当な続篇」と聞き、「どうやって出るんだろう?」と。草加は、首を折られて灰になっているから(笑)。でも、台本を読み始めたら、なるほど、その手があったかと。

藤田 まさか、でしたよね。僕もマネジャーから「出るよ」と言われ、「どうやって!?」と、ドキドキしました。北崎も、テレビシリーズでは食われちゃってますし(笑)。

芳賀 果たして、北崎なのか?って(笑)。

藤田 そう。「カメオ出演かな?」とも思ったけど、しっかり北崎で。しかも、スマートブレインの社長になっていて、どういうことなんだろうと。ただ、「望」と下の名前がついたのはうれしかったな。エンドロールを見たら、やっぱり「北崎」だったけど(笑)。

-かつての役を久しぶりに演じるために心掛けたことは?

半田 僕は当時から、巧を半分ぐらい、自分のままで演じていたんです。だから今回も、考えすぎると巧から遠ざかってしまうと思い、なるべく当時のようにフランクな気持ちで演じることを心掛けました。

芳賀 私も当時、等身大でやっていた部分もあるので、今回もそれほど意識したことはなかったな。でも、今回の真理を全て受け止めて演じられたかというと、迷いながらやっていた部分も大きくて…。ただ、それはそれでいいかなと思って、現場に身を委ね、みんなの顔を見て、監督とディスカッションを重ねる中で生まれた気持ちを大切していた気がする。

村上 僕は以前、ゲームに収録した草加の声が「似てない」と言われたことがあって(苦笑)。

芳賀 どういうこと?

藤田 自分なのに?

半田 でも、そのファンの気持ちも分かる。村上さんは草加のキャラが一人歩きしているんだよ。

村上 僕はずっと、「913(カイザ)祭」(村上が毎年開催している「555」関連のイベント)を続けていたので、一人歩きしていた部分もあるし、「僕が発すれば、それは草加だろう」という慢心もあったなと反省した。

芳賀 なるほど。

村上 だからそれが、草加という役をもう一度、客観的に見直すいいきっかけになった。おかげで、ここまでが草加かな、というガイドラインができたし。

半田 村上さんは僕らと違って、当時から草加雅人という役をものすごく作り込んでいたからね。実際の村上さんは、あんな嫌な人じゃないし(笑)。

©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映

 

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top