日向亘「最後の最後にとっておきの作品」小松準弥「身が引き締まる思い」「仮面ライダーリバイス」のその後の物語でダブル主演『リバイスForward 仮面ライダーライブ&エビル&デモンズ』【インタビュー】

2023年2月9日 / 08:00

 人気特撮テレビドラマ「仮面ライダーリバイス」のその後を描いた『リバイスForward 仮面ライダーライブ&エビル&デモンズ』が2月10日から全国上映となる。本作では「リバイス」本編で活躍した仮面ライダーライブ、仮面ライダーエビル、仮面ライダーデモンズが、新たな組織「アリコーン」の陰謀に立ち向かう。ダブル主演を務める日向亘と小松準弥が、撮影の舞台裏や見どころ、「リバイス」という作品に対する思いを語ってくれた。

小松準弥(左)と日向亘 (C)エンタメOVO

-本作は「仮面ライダーリバイス」でお二人が演じてきた五十嵐大二と門田ヒロミが主人公ですが、ダブル主演と聞いたときはどんな気持ちでしたか。

日向 うれしかったですね。

小松 僕もうれしかったです。でも日向さん、本当にいいんですか? 隣にいるのが僕で(笑)。

日向 やめてくださいよ(笑)。僕ら、口癖のようにずっと「もっと一緒にやりたいね」と言っていたんです。そうしたら、最後の最後に、とっておきの作品が待っていて。準さんともいっぱい絡めるし、ヒロミと大二のクライマックスとしてもきれいにまとまるんじゃないかなと、すごく楽しみでした。

小松 「リバイス」本編の最初のプロットの段階で、「五十嵐大二と門田ヒロミは、いずれ疑似兄弟のような関係になっていく」と書かれていたんです。実際に本編でどんどん近くなっていった2人の関係性をここで表現できると思ったので、今回のダブル主演はうれしかったです。しかも、ヒロミはもともと、第1話で死ぬ予定だったんですよね。それが、(「リバイス」の)二番手の仮面ライダーである五十嵐大二と一緒に真ん中を張らせてもらえるということで、身が引き締まる思いでした。

日向 いやいや、こちらこそですよ。

小松 だから、一緒に頑張りたいな、という思いはありました。撮影は本当に大変だったんですけど、「日向も頑張っているんだ、俺も頑張ろう」みたいな感じで、お互いに励まし合って乗り越えて。

日向 「俺たちマジで頑張っているよね」とか言い合いながら(笑)。でないと、メンタルが持たないぐらい大変だった。

-その努力のかいあって、アクションを得意とする坂本浩一監督らしく、全編がアクションで展開する見応えたっぷりの作品に仕上がっていますね。

日向 普通にお芝居をするシーンの方が少ないくらいで。僕は最初、坂本監督だと聞いて、台本を見るのをやめようかと思ったんです。アクションが盛りだくさんで大変な撮影になることが予想できたので、「大二、ビルの40階から飛び降りる、みたいなどぎついシーンがあったらどうしよう?」と怖くて(笑)。意を決して開いてみたら、本当に大変なシーンばかりで。

-特に苦労したシーンは?

日向 撮影は真夏だったんですけど、護送車が襲撃されるシーンなんて、体感40度以上ありそうな猛暑の中、熱した鉄板みたいなアスファルトの上に倒れ込む芝居もあって。僕、「人生で一番」みたいなこと普段は言わないんですけど、あのシーンは本当に人生で一番しんどかった。今ちょっと思い出しただけでも、変な汗が出てきそう(笑)。

小松 アクション自体は、僕はすごく楽しかったです。台本に「(二役を演じる)ムラマサが刀を使う」と書いてあったのもうれしかったですし。僕は殺陣が特技なんですけど、ヒロミは銃や弓を使うことはあっても、刀はなかったんです。だから、ずっと「刀を使いたい!」と思っていたら、今回それがかなって。

-今回、小松さんはヒロミと、ヒロミと同じ顔を持つ“ムラマサ”の二役を演じていて、両者のバトルもあります。

小松 ヒロミとムラマサが戦うシーンは、ヒロミの攻撃と守りの殺陣、それに対するムラマサの攻撃と守りの殺陣、その両方を覚えなきゃいけないのが大変でした。でも、初めての挑戦でもあったので、楽しくやらせていただきました。

日向 自分と自分が戦うって、わけ分からなくないですか。僕は本編で(大二が変身する仮面ライダー)ライブと(二役を演じるカゲロウが変身する仮面ライダー)エビルが戦うシーンがあったとき、アフレコで声を差別化するのに、すごく苦労した覚えがあるんです。それなのに、準さんは今回、初めての二役で動きも全部一人でやっているから、本当にすごいなと思って。もっと自分を褒めてくださいよ。

小松 頑張りました(笑)。ただ、僕も本編のとき、二役をやっている日向に憧れがあったんだよね。演じ分けも素晴らしくて、完全に別物に見えるので、うらやましいな、楽しいだろうなと思って。今回二役をやらせてもらえることになったとき、真っ先に頭に浮かんだのは日向だったし。

日向 でも今回、初めて現場で見たときから、僕が台本を読んで想像していたムラマサを突きつけられたので、「すごい!」と思って。僕がカゲロウのキャラクターを作っていったときは、すごく難しくて、時間もかかったので、最初からムラマサが完成されていたのは、本当に驚きました。

小松 そう言ってくれると、うれしいな。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

瀬戸利樹、セラピスト役は「マッチョな体も見どころ」 役作りは「実際に施術を見学して、レクチャーを受けました」

ドラマ2024年4月24日

 現在放送中のドラマ「買われた男」で主演を務める瀬戸利樹が取材に応じ、本作の魅力や役作りについて語った。  本作は、三並央実氏と芹沢由紀子氏による漫画『買われた男~女性限定快感セラピスト~』が原作。セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢 … 続きを読む

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

Willfriends

page top