ミュージカル「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」“ジョジョ”役の松下優也&有澤樟太郎「深い“ジョジョ愛”の中で演じたい」【インタビュー】

2023年12月21日 / 12:42

 シリーズ累計発行部数1億2千万部を誇る荒木飛呂彦原作の大人気コミックシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」が初めて舞台化される。今回、描かれるのは物語の始まりとなる第1部「ファントムブラッド」。19世紀末のイギリスを舞台に、主人公ジョナサン・ジョースター(通称“ジョジョ”)と運命的な出会いを果たすディオ・ブランドーを中心に〈謎の石仮面〉をめぐる熱き戦いと奇妙な因縁を描いた壮大な物語を展開する。“ジョジョ”をダブルキャストで演じる松下優也と有澤樟太郎に公演への意気込みを聞いた。

松下優也(左/ヘアメーク:ASUKA(a-pro.)/スタイリスト: YAMAMOTO TAKASHI(style³)と有澤樟太郎(ヘアメーク:田中紫央 スタイリスト:山田安莉沙) (C)エンタメOVO

ー世界的に大ヒットを記録している漫画の初舞台化です。最初に公演への意気込みを聞かせてください。

松下 初めてのことが多い作品ですが、僕は前例のないものが昔から大好きなんですよ。今回は大好きな「初」というワードがたくさん入っていますから、やる気しかないです。

有澤 待望の舞台化ですし、原作を知らない人はいないというくらいの超名作なので、楽しみな気持ちがとても大きいです。

ーお二人が演じる“ジョジョ”はどのような人物だと考えていますか。

松下 ジョナサン・ジョースターを演じることが決まってから、原作を何度も読んでいますが、見れば見るほどジョナサンは愛おしいし、突き抜けていてかっこいい。どんどん好きになっています。今回、舞台化することであの原作やアニメをどうやって表現するのかは、僕たちもまだ分からないところが多いのですが、演出面もぜひ楽しみにしていただけたらと思います。(長谷川)寧さんが演出・振り付けを担当されるので、ただのアクションではないと思います。肉弾戦で、1対1で戦うということではない。“波紋”をどう表現するのか、きっと想像を超えてくるだろうと思うので期待しています。僕たちが指を少し動かしただけで、すごいことになるのかもしれないなと楽しみです。

ー肉弾戦ではないとすると、有澤さんが出演していた舞台「キングダム」ともまた違った作品になりそうですね。

有澤 そうですね。ジョナサンは、突き抜けた正義感やまっすぐさ、人間らしさがある人物です。「ファントムブラット」は人間らしさをフィーチャーした物語だと思うので、そういう意味で、帝劇での上演にも世界観が合うと思います。演出の(長谷川)寧さんは、「死刑執行中脱獄進行中」でも(本作の原作者である)荒木先生の作品の演出をされていると聞きましたので、すごく信頼感があります。クリエーターの方々も本当に深い“ジョジョ愛”を持って挑んでいるので、その愛の中で演じたいと思っています。

ーイギリスを舞台にしているということもあり、“ジョジョ”は、紳士的な面もあるキャラクターですが、そうした紳士的な立居振る舞いも大切になるのでは?

松下 ミュージカルは1800年代後半を舞台にした作品が多いんです。なので、僕も何度かそうした作品に出演していて、紳士でいるという世界にも慣れてはいます。ジャック・ザ・リッパーに出くわすのは今回が3回目ですから(笑)。そうした作品に出演してきたという意味では、世界観としてはそれほどやりづらさは感じていないですね。ただ、(“ジョジョ”は)突き抜けているという点では尋常じゃない部分があると思うので、そこをどう表現していくのかは、自分でも未知なところはあります。表面的に紳士でいればいいわけではないと思うので、これから作り上げていきたいと思っています。

有澤 松下さんもそうですが、お父さんのジョースター卿の別所さんは、その年代の作品をたくさん演じられてきた方なので、紳士的な所作などをお二人から学んでいきたいと思っています。ただ、ジョナサンは内面をいかに出していけるかが重要だと思うので、台本としっかり向き合って、原作ファンの方も初めて見る方も絶対に楽しめる作品にしたいと思います。あのせりふが歌になるんだとか、いろいろな見方ができると思いますので、楽しみにしていただけたらと思います。

ー今作は、帝国劇場から公演がスタートします。松下さんは今回、初めての帝劇出演で、座長になります。それについてはどんなお気持ちですか。

松下 ワクワクしています。ついに来たかという感じです。もちろん、観客として何回も観に行かせていただいている劇場ですが、ステージ上からどんな景色が見えるのかすごく楽しみです。ただ、あまりそればかり考え過ぎないようにもしています。帝国劇場は長い歴史がある素晴らしい劇場ですが、僕たちはそれがどんな劇場であれやることは変わらないので、いつも通り、変に気張り過ぎずに立てたらいいなと思います。

ー有澤さんは舞台「キングダム」で年代の近い、仲が良い俳優が座長として立っている姿を間近で見てきたと思いますが、改めて今、自分が座長になるということに対してはどんな気持ちですか。

有澤 「キングダム」で立たせていただいて、帝国劇場はやっぱり特別な劇場なんだと感じましたし、座長としてそこに立てるのはすごいことだと思いました。カーテンコールであいさつをしている座長を見た時に、僕たちとは少し違う世界が見えているんじゃないかなと思ったので、その景色がどんなものなのかすごく楽しみです。それに、2025年に建替え工事に入ってしまうので、その前に立たせていただけるというのは本当に光栄だと思っています。両親にも見に来てほしいと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

瀬戸利樹、セラピスト役は「マッチョな体も見どころ」 役作りは「実際に施術を見学して、レクチャーを受けました」

ドラマ2024年4月24日

 現在放送中のドラマ「買われた男」で主演を務める瀬戸利樹が取材に応じ、本作の魅力や役作りについて語った。  本作は、三並央実氏と芹沢由紀子氏による漫画『買われた男~女性限定快感セラピスト~』が原作。セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢 … 続きを読む

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

Willfriends

page top