柳楽優弥「やりたいことができた現場」川栄李奈「柳楽さんはすごく自然体でした」人間味あふれる幽霊役で3度目の共演「オレは死んじまったゼ!」【インタビュー】

2023年9月1日 / 16:00

 ある日突然、死んでしまったホストの桜田和彦。幽霊となった彼は、同じく成仏できずにいる口の悪い元看護師・佐々木咲ら幽霊仲間と一つ屋根の下で暮らすうち、自分の人生を見つめ直していく…。9月1日からWOWOWで放送・配信スタートとなるドラマ「オレは死んじまったゼ!」(全7話)は、人間味溢れる幽霊たちの日常をユーモアたっぷりにつづった物語だ。主人公・桜田和彦と幽霊仲間の佐々木咲を演じるのは、柳楽優弥と川栄李奈。これが3度目の共演となる2人が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

川栄李奈(左)ヘアメイク:KUMI スタイリング:有本祐輔 /柳楽優弥(右)ヘアメイク:望月志穂美 スタイリング:長瀬哲朗 (C)エンタメOVO

-とてもユニークな物語ですが、脚本を読んだときの感想は?

柳楽 幽霊が主人公ですが、物語自体は日常で抱える悩みと向き合い、ひとつずつ解決していく中でだんだん仲間が増えていって…というヒューマン要素が強かったので、いい読後感がありました。ホラーやサスペンス的な要素はゼロでしたし。

川栄 毎話、心に刺さりました。抱えている悩みは登場人物それぞれで違うんですけど、最後まで見終わったとき、勇気づけられる作品だなと。

-日本人としてサンダンス映画祭短編部門グランプリを初めて受賞した長久允監督の独創的な映像表現も見どころですが、現場の印象は?

柳楽 僕は以前から長久監督の作品が好きだったので、初めて長久組に参加できてうれしかったです。ただ、撮影中はどこをモノクロにするとか、ここはフィルムっぽいルックで、といったことがわからないので、「これが長久イズム!」みたいなものを現場で感じることはなかったんです。

川栄 確かにそうですね。でも、今まで体験したことのないアングルや方法で撮影していたのは印象的でした。カメラマンの方が、セグウェイのような乗り物に乗って、移動しながら撮影していたのも、初めて見て驚きました。おかげで「完成したらどうなるんだろう?」と楽しみになりました。

柳楽 編集して音楽も入った完成映像を見たら、現場でイメージしていたものと全然違うから、「こうなったんだ!?」と驚いたよね。でも、キレキレの音楽だったり、映像のリズムのよさだったり、いろんな表現にこだわっているのが長久監督らしくて、改めて「好きだな」と。

川栄 といっても、撮影自体は無駄がなく、スムーズでした。監督の撮りたいものがはっきりしていたので。しかも、役者の感情を大切にして撮ってくださるんです。第2話で私が涙を流すシーンは、「カメラがこう来て、ずっと撮っていますから、いいところで」と言ってくださって、すごくやりやすかったです。その上で、音や映像で楽しませてくれたので、出来上がった作品を見た時、すごくおしゃれだなと思いました。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top