山田杏奈「凛は、過酷な環境でも生きることをやめようとしない人」さとり世代に通じるたくましい主人公役に込めた思い『山女』【インタビュー】

2023年6月29日 / 10:00

 18世紀末、大飢饉(ききん)に襲われた東北の寒村。先代の罪を負った家の娘・凛は、人々からさげすまれながらもたくましく生きていた。だがある日、父親が起こした事件の罪をかぶり、村を去ることに。行き場を失い、禁じられていた山奥の森に足を踏み入れたことで、凛の運命は大きく動き出す…。6月30日公開の『山女』は、柳田國男の名著『遠野物語』に着想を得て、閉鎖的な村社会で生きる女性・凛の生きざまを通して、今の時代にも通じる「人間らしさ」を問う物語だ。主人公・凛役で強い印象を残すのが、『樹海村』(21)、『ひらいて』(21)、「17才の帝国」(22)などで存在感を発揮してきた山田杏奈。撮影の舞台裏や凛役に込めた思いを語ってくれた。

山田杏奈(HM:菅長ふみ(Lila)/ST:中井彩乃) (C)エンタメOVO

-凛の強くたくましい生きざまが鮮烈な印象を残す作品でした。オファーを受けたときに山田さんが感じた作品の魅力は?

 今も昔も変わらない村社会での人々の生きざまが、生々しく描かれているのが面白いと思いました。もともと村社会の話は好きだったんです。宗教的なことを絡めつつ、閉鎖的な環境で、人間の愚かさみたいなものを描いた作品に引かれるので。漫画では『ガンニバル』みたいな作品も好きです。多分、私にとって非現実だからなのだと思います。

-凛の生きざまについてはどう思いますか。

 凛は、冷害による食糧難の中、自分がやったわけでもない先祖の罪を背負わされ、同じ村の人たちからもさげすまれながら生きています。そんな過酷な環境でも強く見えるのは、彼女自身の生命力や打たれ強さのたまものだと思います。根本的な意味で諦めないというか、生きることをやめようとしない人なんですよね。でなければ、あの中で生きていくのはかなり大変。ただその分、映画の真ん中にいるのにふさわしいキャラクターとして演じるにはどうしたらいいのか、ものすごく考えました。

-役作りはどのように?

 本当は山の中で暮らせば一番いいんですけど、さすがにそれは無理なので、髪をバサバサにしたり、リップを塗るのを控えたり、細かいことから近づけていきました。山の中で撮影しているうちに、爪が汚れていったりするのも、凛に少しずつ近づけている気がしてうれしかったです。そういう意味では、撮影で1カ月間、山形に滞在していたことも大きかったかもしれません。

-方言はいかがでしたか。

 方言を覚えるのは大変だったのですが、普段、東京で暮らしている私が、いきなり山形に行ってお芝居しなければならなかったので、気持ちを切り替える上ではすごく助けられました。せりふが標準語のままだったら、あんなにスムーズに切り替えられなかったと思います。

-アニャ・テイラー=ジョイ主演の『ウィッチ』(15)の世界観も参考にしたそうですね。

 アニャ・テイラー=ジョイさんが大好きで、彼女が主演している『クイーンズ・ギャンビット』(20)の後にたまたま見たのが、『ウィッチ』だったんです。そうしたら、虐げられながら生きる主人公が凛に似ていて。にもかかわらず、すごく魅力的だったんです。だから、真ん中にいる女性が、打たれ弱いだけだと見るに耐えないものになると感じて、「こういう女性であってほしい」という私の願望も込みで、お芝居の参考にさせていただきました。凛について「強さがありますね」と言っていただけることが多いのは、それがうまくいったおかげかもしれません。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

山崎大輝&糸川耀士郎がWキャストで挑む 市村正親×大竹しのぶによる最恐で最高のミュージカル「また一つギアを上げて頑張っていきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月5日

 市村正親×大竹しのぶ×演出・宮本亞門で作り上げる、ミュージカル「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」が3月9日から上演される。本作は、18世紀にロンドンに実在したという理髪師をモデルとする痛快にして悲しい復讐譚。2007年に市 … 続きを読む

野間口徹、NHKドラマ初主演!VR世界を舞台にした異色のラブストーリーは「自分に近すぎる役で、圧倒的に難しい」夜ドラ「VRおじさんの初恋」【インタビュー】

ドラマ2024年3月4日

 NHK総合で4月から、夜ドラ「VRおじさんの初恋」が放送スタートする。さえない独身中年男性・遠藤直樹は日々、制服姿の少女のアバター“ナオキ”を操作し、VRゲームに没頭していた。人と関わることが苦手で、VR世界でも一人で過ごすナオキだったが … 続きを読む

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

Willfriends

page top