桜井日奈子「『女優が天職』と言えるようになりたい」若い女性が人生を切り開いていく物語に重ねた自らの歩み『魔女の香水』【インタビュー】

2023年6月16日 / 17:52

 6月16日から公開された『魔女の香水』は、将来への希望を失った若い女性・若林恵麻が、“魔女”と呼ばれる香水店店主の白石弥生(黒木瞳)との出会いをきっかけに、人生を切り開いていく物語だ。恵麻を演じるのは、『殺さない彼と死なない彼女』(19)、「君と世界が終わる日に Season4」(23)をはじめ、幅広い分野で活躍する桜井日奈子。「自分と重なる」という恵麻役に込めた思いを、これまでの歩みを振り返りつつ語ってくれた。

桜井日奈子(HM:サカノマリエ/ST:阿井真理) (C)エンタメOVO

-出演オファーを受けたときの気持ちは?

 不安を抱えた恵麻が、香水の力を借りて人生を切り開き、たくましく成長していく物語にわくわくしました。ただ、実年齢より上の役を演じるのは初めてという不安もあり、その振り幅をどう演じようかと考えながら台本を読みました。

-物語の前半、仕事を解雇されるなど、苦労続きの恵麻は同世代の共感を呼びそうですが、桜井さんは恵麻のどんなところに共感しましたか。

 「自分の足で立って生きていける人になりたい」という恵麻のせりふがありますが、前半はその言葉だけが彼女を突き動かしていたと思うんです。私も何もない状態から「何者かになりたい」という思いだけでこの業界に飛び込んだので、そこは一緒だなと。どうしていいか分からない不安を抱えたまま、その言葉だけを頼りに突き進む感じが、デビュー当時の自分と重なりました。

-桜井さんはそこからどんなふうに歩んでいったのでしょうか。

 私にも、恵麻にとっての弥生さんのように、自分を導いてくれる方がいたんです。それが、デビュー当時のマネジャーさんです。その方は、10代で社会経験のない私に、業界で生きていくすべを一から教えてくれました。オブラートに包まず、ストレートに物を言う方だったので、言葉は厳しく、精神的にきついときもありましたが、あのマネジャーさんがいなかったら、今の私はなかったと思います。

-普段も、そのマネジャーさんの言葉を心に留めて行動していると?

 そうですね。一緒にいた頃は任せっきりだったんですけど、離れてしまった今も、どこかで見ていてくれるはずですから。そういう意味では、他人のせいにできない分、より責任感も強くなりました。

-逆に桜井さんの周りに、恵麻のように人生に迷っている人はいますか。

 いますね。自分が何をしたいのか分からず、さまよっているような子が。劇中には「天職を見つけなさい」というせりふも出てきますが、天職になり得る仕事を探すのも大事だけど、天職にしたいと思える楽しみ方を見つけるのも、大切なことだと思います。その子には、それを教えてあげたいです。私自身も、女優業が天職かどうかまだ分かりませんが、天職にしたいと思っています。

-女優を天職にしたいと思ったことには、何かきっかけがあるのでしょうか。

 いつの間にかですね。実はデビューして3年目ぐらいまでは、結構しんどかったんです。私は、運よく、下積みもあまりない状態にも関わらず、ありがたいことにいろんな作品に呼んでいただけました。ただ、自分の「やりたい」という意欲より先に、作品が決まっていった分、どこか「やらされている感」があって。でもそれが、いつの頃からか「楽しい」に変わり、気付いたら「自分がやりたいからやっている」になっていたんです。そこで、「自分はこの仕事が好きなんだ」と気付くことができました。いずれは「女優が天職」と言えるようになりたいと思っています。

-そう言える人生を送れるのは、幸せなことですね。

 そうですね。

-そういう人生を送るために、弥生さんと出会って人生を切り開いていく恵麻や、マネジャーさんと巡り合った桜井さんのように、自分を導いてくれる人と出会う秘訣(ひけつ)はありますか。

 秘訣と言えるかどうか分かりませんが、自分の足を引っ張る人や、高め合えない人のそばにはいるべきじゃないのかなと。そういう意味では、いい人と巡り合うためには、環境を変えるのも大切なことかもしれません。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top