尾上右近、目指すは“分別のある子ども” 「責任を背負って、なおかつはしゃげる人になりたい」【インタビュー】

2022年12月13日 / 08:00

-では、30歳を迎えて、これから表現者としてどんな姿を目指していきたいですか。

 まずは、しっかりと責任を全うできるようになりたいです。20代の頃は「責任」という言葉を知らないんじゃないかというほど、全く考えたことがなかったんです。ですが、最近は、責任を全うすることでまた別の楽しみがあるんじゃないかと考えるようになってきました。責任を背負って、なおかつはしゃげる人になりたい。一言で言ってしまえば、「分別のある子ども」です(笑)。それが30代のテーマじゃないかなと思っています。人に迷惑をかけないように生きて、弾けるときは思い切り弾けていたいです。それから、「会ったら元気になる」と言われる人になりたいとは思っています。それは誰に対してもです。僕に会ったら元気になれる、僕の作品を見たら元気になると思ってもらえたら最高ですね。

-先ほど、2022年は「楽しむ」がテーマだったと話していましたが、改めて振り返ってどんな1年でしたか。

 2022年は、2021年の100倍楽しかったです。2021年は2020年より100倍楽しかったんですけど。

-毎年楽しいというのはすごいことですね。

 つまりは、ずっと楽しい。毎年更新しています。なので、きっと来年は今年の100倍楽しいと思います。楽し過ぎて大変そうだなと思うぐらい(笑)。真面目な話、僕はとても恵まれています。大好きな仕事をして、大好きな歌舞伎をして、その歌舞伎の中で自分が求められる存在に少しなってきていることをふと感じる瞬間があったり、そこで役に対して悩んだり、お客さまを呼ぶことの大変さを痛感したりすることも含めて、全てが楽しかった1年でした。

-2023年に、新しく挑戦したいことはありますか。

 ウコン飲料系の広告をぜひやらせていただきたい! お待ちしております(笑)。

-最後に、公演を楽しみにしている人たちにメッセージを。

 今回は、スサノオというエネルギーあふれる役なので、そのエネルギーと自分の役者としてのエネルギーを重ね合わせて、お客さまに楽しい時間を過ごしていただき、いい1年だったと思っていただき、そして、いい1年が始まったと思っていただけるような公演にしたいと思っております。劇場でお待ちしております。

(取材・文・写真/嶋田真己)

J‐CULTURE FEST presents 井筒装束シリーズ 詩楽劇「八雲立つ」

 J‐CULTURE FEST presents 井筒装束シリーズ 詩楽劇「八雲立つ」は、12月30日~2023年1月1日に、都内・東京国際フォーラム ホールB7で上演。
公式サイト https://www.iz2tokyo5.com

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top