高橋和也「出会うべくして出会った映画」自分自身の感情と重なり、人生を振り返る好機に『追想ジャーニー』【インタビュー】

2022年11月11日 / 08:00

 スターを夢見る18歳の高校生・文也(藤原大祐)は母親と口論の後、勉強もせず居眠りを始める。やがて目覚めると、目の前に現れたのは中年の“謎の男”。状況を飲み込めないまま文也は、その男に導かれ、なぜか恋人との出会いや結婚など、自分が将来迎える人生の分岐点に次々と直面することに。果たして文也は正しい選択をして、ばら色の人生を歩むことができるのか。そして、謎の男の正体とは…。11月11日から公開される『追想ジャーニー』は、人生の選択をめぐる独創的なファンタジーだ。謎の男を演じた高橋和也が、作品に込めた思いを語ってくれた。

高橋和也(ヘアメーク:鎌田順子(JUNO)) (C)エンタメOVO

-高橋さん演じる謎の男と主人公・文也との軽妙なやりとりに笑わされながら、物語にグッと心をつかまれました。まずは、本作に出演を決めた理由を教えてください。

 脚本を読んだ時点で、文也と謎の男の掛け合いがすごく面白かったので、直感的に「これはきっと面白い映画になる」と思ったんです。でも、実際に演じてみたら、文也役の藤原大祐くんのセンスがよく、すごくスリリングなお芝居ができたこともあって、想像以上に深い体験になりました。おかげで、「人生に後悔なんてない」と思っていたんだけど、「自分にも後悔はあるな」と改めて気づかされて。

-今までは後悔なく生きてきたと?

 後ろを振り向かず、とにかく前だけ向いて生きてきた人間なので。でも、それなりにいろんな経験をしてきたので、この映画をきっかけに、ふと思い返してみたら、「あんなことを言わなければよかった」、「あんなことをしなければよかった」と、改めて感じたことがたくさんありました。

-人生を振り返るきっかけになったわけですね。

 特に、謎の男と娘との関係が明らかになるシーンは、自分の実人生とすごく重なりました。娘に「なぜあんなことを言ってしまったんだろう?」と、傷つけてしまったことに対する後悔をものすごく感じて。親だったら誰でも、少なからずそういう後悔はあると思うんですけど、そんな感情が湧き上がってきて、涙が止まらなかったです。

-そんなことがあったんですか。

 ただそれは、俳優としては至福の時間で、悲しいシーンだったけど、同時にすごく幸福感があるんです。演技をしていて、自分の人生に重なる瞬間って、俳優にとって実はすごく幸せな瞬間なんです。何年かに一本、そういう経験ができるかどうかで、そこまで自分自身の感情と重なるシーンって、なかなかないですから。それがこの作品にはあったんです。

-高橋さん演じる謎の男は、文也が将来迎える人生の分岐点に立ち会いながら、「よく考えろ」とアドバイスをしていきます。高橋さん自身が、若い頃の自分に「よく考えろ」とアドバイスしたい人生の分岐点はありますか。

 僕自身は、自分がしてきた選択は間違っていないと思っているので、「もう一度戻ってあそこからやり直したい」とはあまり思わないんです。一見失敗したように思えることでも、実はそれが世界を広げてくれたり、新しい人との出会いになったりしているので。

-その一方で、謎の男は、売れないまま長年、役者を続けてきた男ですが、そういう生き方も否定しないと?

 そうですね。売れなくても、夢を捨てられない、諦め切れない人たちを僕もたくさん見てきました。でも、スターの人たちより、そういう人たちからたくさんのことを教わりましたから。

-興味深い話です。

 俳優やミュージシャンなど、厳しいショービジネスの世界で成功するのは何万人に一人で、みんながみんな、才能や運を持っているわけじゃない。圧倒的に多くの人は、自分の夢に向かってもがき続けている。でも、挫折を知った分、人間的により優しく、魅力的になれる気がします。それぐらい、人間的に味わいのある魅力的な人がたくさんいますから。

-なるほど。

 大切なのは、成功することじゃないんです。挑戦すること、やり続けることに人生の価値や意味がある。「成功したからよかった。いい人生だ」ではないと僕は思うんです。

-おっしゃる通りですね。

 この映画のいいところはそこです。「人生を失敗した」、「後悔だらけの人生だ」と思っている人に向かって、「そうじゃない。捨てたもんじゃないよ、あんたの人生」と肯定してくれる。僕もそういう考え方がすごく好きです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top