のん「三田さんのせりふや立ち居振る舞いが心に食い込んでくる感じがした」三田佳子「この役を演じられるのはのんちゃんしかいないと思った」映画『天間荘の三姉妹』【インタビュー】

2022年10月24日 / 08:00

 天界と地上の間にある街・三ツ瀬の老舗旅館「天間荘」に小川たまえ(のん)という少女がやって来る。たまえは、旅館を切り盛りするのぞみ(大島優子)とイルカトレーナーのかなえ(門脇麦)の腹違いの妹で、現世へ戻って生きるか、天界へ旅立つか、魂の決断ができるまで天間荘で過ごすというのだが…。漫画家・高橋ツトムの代表作『スカイハイ』のスピンオフ作品を北村龍平監督が実写映画化した『天間荘の三姉妹』が10月28日から公開される。本作で、主人公のたまえを演じたのんと、天間荘に滞在する謎の女性・財前玲子を演じた三田佳子に話を聞いた。

のん(ヘアメーク:菅野史絵(クララシステム)/スタイリスト:町野泉美)と三田佳子(ヘアメーク:森田光子/スタイリスト:村井緑) (C)エンタメOVO

-まず、最初に脚本を読んだときはどう思いましたか。

のん 私は、先に原作を読ませていただいたのですが、災害や震災で亡くなった人たちや、財前さんやたまえのように、三ツ瀬にやって来る人たちをファンタジーで描くというのはすごくすてきだなあと思いました。残された人たちの気持ちを考えたり、その悲しみに寄り添うという発想は私にもありましたが、亡くなった人たちがどう過ごしているのかということには、あまり思いをはせたことがなかったので、この物語を見て、こういうふうに、亡くなった人の魂が癒やされたり、自分の人生について振り返って考えられる場所があると思えると、救われる人がたくさんいるのだろうなあと感じたので、そこが素晴らしいと思いました。

三田 最初に読んだ台本から、何度か変わりました。その途中で体調を崩して入院したので、ちょっと無理かなと思ったんですが、同時に、「もしやるとなったら…」と思って、原作のコミックを読みました。その絵を見て、(財前は)私に似ていなくもないなと(笑)。それで、自分も病気をしたという現実的なことも重なりました。(財前の絵は)おしゃれな人だけど、必ず口がへの字に曲がっているんです。だから「への字はやろう」と思いました。実際にやってみたら、相当強烈な顔になりました。これまでそんな顔をして映画に出たことはなかったので、面白かったです。(北村龍平)監督には、迷惑を掛けるといけないので、途中で「降ろさせてください」と言ったのですが、「待ってでも、三田さんにやってほしい」と言っていただいたので、その言葉に勇気づけられて、退院してから10日もたたないうちに北海道まで行きました。そんな状況が、(演じた)財前玲子さんそのままだと思いました。

-今回が初共演でしたが、互いの印象はいかがでしたか。

のん 共演できることが本当にうれしかったです。三田佳子さんと一緒に演技ができるというので、かなり浮かれていました(笑)。もちろん緊張して、ドキドキもしていましたけど、共演できて本当に幸せでした。三田さんのせりふや立ち居振る舞いが心に食い込んでくる感じがして、たまえちゃんが財前さんに引き込まれていくのを、自分自身でもリアルに感じながら演じることができました。だから、本当に楽しかったです。

三田 映画の中では、年の離れた訳あり同士でしたが、たまえの、訳ありなのにとても純真で天真らんまんなところに、財前さんが引かれていくところを、彼女のストレートな芝居の中で、十分感じさせてもらいました。のんちゃんの芝居は、ストレートで、突き刺さってくる感じなんです。それも強くはなくて、自然体で。前から思っていましたが、のんちゃんはしっかりとしたぶれない女優さんという印象です。今回はますますそう思いました。今の若い人は器用で、どんどん変形していくような芝居が得意ですが、彼女はポンと芯が一つあって、それを貫いてやっているところが、ほかの人にはないところだと思います。実際にこの映画を見ると、この役を演じられるのは彼女しかいないと思いました。

のん ありがとうございます。

-この映画のテーマの一つは、生と死の間や死生観だと思いますが、その点についてはどう思いましたか。

のん 先ほども言いましたが、私は、残された人が、どんな悲しみを背負っているのかという気持ちに寄り添って考えてみたことはありましたが、亡くなった人がどうしているのか、どう思うのかを、幽霊とか、そういう世界観ではなく考えるという発想がなかったので、そこにこの映画の驚きがあると思いました。三ツ瀬に旅館があって、そこで魂を癒やしている人がいるという設定ですが、そういう世界が本当にあったらいいなとすごく思いました。もしそれがあれば、震災などで亡くなった人たちや残された人たちの無念の思いが少しは軽くなったり、止まっていた時間が動き出したりとか、そういうふうに思えるかもしれないと感じました。

三田 私は、生や死について、痛切に感じざるを得ない年齢ですが、この映画に出てくるのは、死に損なっていたり、生や死を拒否したり、命を粗末に扱いたいという思いから、(天界と地上との)中間にとどまっている人たちです。それで、こんなふうにとどまれる時間があれば、どんなにロマンチックだろうと思いました。この映画は、生か死かを自分で選びなさいというところが強烈だし、生きることの大切さを、一歩立ち止まって考え直せるところが、この映画のロマンであり、ファンタジーでもあるのかなという気がしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top