草なぎ剛「お父ちゃんとお母ちゃんが、子どもを抱き締めてさえいれば、子どもは強く大きく育っていくんだと思いました」 映画『サバカン SABAKAN』【インタビュー】

2022年8月12日 / 07:00

 1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険に出る2人の少年(久田と竹本)のひと夏の友情を描いた『サバカン SABAKAN』が8月19日から公開される。本作で、大人になった久田を演じた草なぎ剛に話を聞いた。

草なぎ剛 (C)エンタメOVO

-この映画に出演することになった経緯を教えてください。ラジオドラマがきっかけだったとか。

 そうなんです。そのラジオドラマは、5年ぐらい前に、事務所を退所して「新しい地図」を立ち上げてからの初めての仕事だったので、すごく気合を入れてやりました。しかも、台本を読んだら、とてもいい作品でした。全員のキャラクターを、僕が一人でやったんですが、ブースの中でも、涙があふれてきました。それで金沢(知樹)監督に「ちょっと待って、感動し過ぎてこれ言えない」と。そんなことがありながらも全てやり切ったのですが、そうしたら何かボツになってしまって…。まあ、いろいろと事情もあるので、しょうがないかなと。

 それで忘れかけた頃に、「映画化が決まった」ということで声が掛かりました。ラジオドラマで読んだときにとても良かったので、これが映像になったらどうなるのかなと思って、それなら、一度自分が読んでいるし、もちろんやりたいと。実は、映画での僕の役はラジオドラマのときはなかったんです。監督が、僕に読ませてボツになったので、悪かったという気持ちで役を作ってくれたみたいです。

-映画の脚本を最初に読んだときの印象は?

 脚本を読んだときは泣きませんでした(笑)。でも、すごくいいなあと思いました。監督とはほぼ同年代なので、何か80年代に子ども時代を過ごした気持ちがよく分かりました。とはいえ、実はそこのところをピックアップしている場面はそれほどなくて、じっくりと読んでいくと、じんわりとした人情が、こんなにも伝わるものなのかと感じました。リアリティーがあるし、そういう時代だったなという思いもあるし、僕自身もそうですが、世間の方でも、あの時代が基盤になっている人は多いのではないかと思いました。

-映画の時代設定が1986年。草なぎさんは74年生まれなので、映画の子どもたちと同い年ぐらいですね。

 だから本当に彼らの気持ちがよく分かるし、それが故に、ラジオドラマのときにジンときたのでしょう。今、大人になっても、この時代はよかったんだなと思います。

-その頃は、もう芸能活動はしていたのですか。

 僕は13、14歳ぐらいから始めたので、この映画の久ちゃん(番家一路)と竹ちゃん(原田琥之佑)の、1、2年後には仕事をし始めている感じです。ちょうどこの世界に入る前だったので、その頃のことはとても鮮明に覚えているし、僕も田舎で育ったので、自転車を乗り回して、毎日友だちと一緒に泥だらけになって遊んだことをすぐに思い出すことができます。その頃に触れたもので、今も生きているという感じがします。

-この映画は、作家の主人公が少年時代を振り返り、その時代だけが持つ濃密な友情やちょっとした冒険が描かれます。何か『スタンド・バイ・ミー』(86)の日本(長崎)版という感じもしましたが。

 そうですね。和製の『スタンド・バイ・ミー』みたいなところはあるなと僕も思いました。『スタンド・バイ・ミー』もリバー・フェニックスたちが線路を行ったり来たりするところがあって、彼らたちにしか出せないような雰囲気がありましたが、それをこの映画では久ちゃんと竹ちゃんが出していて、すごくいいなあと思いました。演技をしたことのない2人にとっては、大挑戦だったと思います。

-その子役たちの演技を見て、どう思いましたか。

 彼らのような、演技をしたことがない子たちが、画面から漂わせる雰囲気とかを見ていると、演技って経験じゃないなと。いい意味で、いろんな可能性を秘めていると思いました。だから僕も、何も考えなくてもいいんだなと。だって、演技をしたことがないあの2人が、あんなにできるのだから、何もしなくてもいいじゃないかと。それが演技なんだなと思いました。逆に、いくら経験を積んでやっても、そんなものは関係ない。そういうことなんだなと思いました。

-よく、子役には勝てないといいますね。

 そうですね。動物と子役には勝てないと。だから、これからは、僕はもう台本を読み込まなくてもいいかなと。読み込んでもしょうがないなと。改めてそんな気持ちになりました(笑)。

-前回の『ミッドナイトスワン』(20)とは180度違う役でしたが、いろいろな役をやることには、どんな思いがありますか。

 役は、やっぱり出会いというか、神様から頂くプレゼントみたいな感じがします。実際にその役をやると、長いものなら半年とか付き合うわけで、自分自身の人生においても、大きな影響が起きるので、役との出会いは、人生のタイミングだなと思います。いいきっかけになってくれるというか、前に進めてくれるような役もあり、楽しませてくれる。そんな感覚ですかね。

 どういう経緯で僕にその役が来るのかは定かではありませんが、やっぱり何か縁があって、もしかしたら他の人が断って僕のところに来たのかもしれませんが、でもそんなことは関係ないわけで、頂く役というのは、とても楽しみだし、人生における出会いでもあるので、これからも、いい役に巡り合えたらと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top