制作統括が語る豪華キャストの見どころ「四兄妹それぞれの青春模様を笑いもたっぷりに描いていきます」小林大児(制作統括)【「ちむどんどん」インタビュー】

2022年4月23日 / 12:00

-現場で印象に残った四兄妹のエピソードはありますか。

 クランクインして間もない頃、四兄妹の皆さんがコミカルなお芝居をまとめて撮影する機会がありました。そういうお芝居は、相手役との会話のキャッチボールの中でより魅力を増していくものなんですけど、皆さんを見ていたら、テンポや間合いに対する勘がものすごくいいんです。お互いに絶妙な間合いで演じてくださるので、行間からにじみ出すユーモアのニュアンスが、脚本段階でイメージしていたものよりもさらに際立ち、よりくすっと笑えるものになりました。皆さん、役柄のことも相当考えて準備してくれているようですし、すごくありがたかったです。

-物語的にも暢子だけでなく、兄妹それぞれのドラマが描かれていくそうですが、その見どころを教えてください。

 暢子は沖縄を離れた後も、故郷に残る兄妹とお互いの人生を共有していきます。暢子が上京し、新たな人々と出会いながら料理人の夢を追う一方で、海や山など素晴らしい自然を背景に、やんばるに残った家族もそれぞれに生き生きとした人生模様を繰り広げます。恋や将来への不安といったそれぞれの青春が、涙も笑いもたっぷりに描かれます。今までご覧いただいた方だけでなく、これからご覧になる方にも楽しめるように作っていますので、ぜひ多くの方にお楽しみいただければと思います。

(取材・文/井上健一)

(左から)比嘉賢秀役の竜星涼、良子役の川口春奈、歌子役の上白石萌歌、暢子役の黒島結菜

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top