「“国民的なニーニー”になれたらいいですね(笑)」ハチャメチャなヒロインの兄を全力で熱演! 竜星涼(比嘉賢秀)【「ちむどんどん」インタビュー】

2022年4月25日 / 08:16

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50年の節目に送るのは、復帰前の沖縄で四人兄弟の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子が上京し、沖縄の家族に支えられながら料理人の道を目指す50年の物語だ。子役を中心に進んだ2週が経過し、第3週からいよいよ暢子役の黒島結菜をはじめ、成長した比嘉家四兄妹が活躍する。そのうち、心優しく家族思いだが、自由奔放でハチャメチャな“ニーニー”こと長男・賢秀を演じるのは、「ひよっこ」(17)以来、2度目の朝ドラ出演となる竜星涼。役に懸ける思いや撮影の舞台裏を語ってくれた。

比嘉賢秀役の竜星涼

-まず、出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 もともとは「きょうだいに男を入れるかどうか」という話もあったそうですが、男を加えると決まった時点で僕を起用してくれたことに、すごく感謝しています。今回は「昭和元禄落語心中」(18)と同じスタッフが中心のチームなので、また呼んでもらえたこともうれしかったですし、その期待に応えたいと思いました。僕自身としては、「ひよっこ」の時は初めての朝ドラということで、不慣れなことが多く、方言に苦労したこともあり、毎回悔しい思いをしていました。だから、今回はそのリベンジマッチのような気持ちもあります。

-ニーニーの魅力をどんなふうに捉えていますか。

 思ったことを何でも素直に実行し、真っすぐに突き進んでいく精神はまねしたいところです。ちょっと型破りで他人に迷惑を掛けることもありますが、ニーニーの場合はひたむきな愛情とか、家族に対するいろんな思いがその中にあるから、「ごめん」の一言で許せちゃうんです。そこはニーニーの強みだなと。僕もそうなれたらいいなと思っています(笑)。

-ニーニーを演じる中で、どんな手応えを感じていますか。

 僕は基本的にネアカな性格なので、シリアスな役よりも、今回の“陽気な兄ちゃん”みたいな役の方が楽しんでやれる気がします。いろいろなイマジネーションが湧いて、アドリブも瞬発的に出てきますし、現場でも普段ならちょっと遠慮してしまうような先輩たちにも、役に引っ張られて僕の方からどんどん話し掛けたりもできますし。これが、例えば、真逆のミステリアスな役だったら、「自分から場を盛り上げよう」という空気にはならなかったんじゃないかなと。それぐらい、役によって“現場の居方”が変わる気がします。

-今回は「家族の絆」も大事なテーマですが、比嘉家の印象を教えてください。

 すごくバランスがよくて、本当にこういう家族でありたいなと思わせるものがあります。僕は一人っ子なので、あんな妹たちがいたらいいなと憧れます。今回は、ほかの朝ドラとはちょっと違って、主人公の暢子だけでなく、兄妹それぞれの成長も描かれていきます。おのおのが主役になる部分もあるので、ぜひ注目してください。

-竜星さんから見た妹役の皆さんの印象を教えてください。

 黒島さんとは、彼女がまだこの仕事を始めたばかりの頃、作品で一緒になったことがありますが、今も当時と変わらない純度があります。ナチュラルで、久々に会ってもとても話がしやすくて。真っすぐで、芯のぶれないすてきな女優さんだな、と思いながらお芝居しています。

 (長女・良子役の)川口(春奈)さんも、僕が10代の頃は一緒にレッスンをしていたので、昔からよく知っています。共演は久しぶりですが、すてきな大人の女性になったなと。今回は「当て書きじゃないの?」と皆で話していたぐらい、誰もが役とリンクする要素があるんですけど、良子の華やかさがありつつも真面目でしっかりしているところは、川口さんと重なる気がします。

 (三女・歌子役の)上白石(萌歌)さんだけは、今回「初めまして」だったんですけど、チャーミングな笑顔に人柄の良さがにじみ出ているな、という印象です。賢秀と歌子が直接コミュニケーションを取る場面はまだそんなに多くないのですが、上白石さんのおかげで程よい距離感でいられます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気持ちよく暢子と再会することができました」成長した和彦がついに登場! 宮沢氷魚(青柳和彦)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年5月28日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50年の節目に送るのは、復帰前の沖縄で四人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指す50年の物語だ。5月30日からの第8週では、東京 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第20回「帰ってきた義経」義経の最期を際立たせた2人の女性

ドラマ2022年5月27日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日放送の第20回「帰ってきた義経」では、源義経が悲運の最期を迎え、斬新な展開と義経役の菅田将暉ら、俳優陣の見事な演技が話題を集めた。  そのドラマの盛り上げに貢献した存在として筆者が注 … 続きを読む

【映画コラム】“生きること”を強調したところに、この映画の真骨頂がある『トップガン マーヴェリック』

映画2022年5月26日

『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)  トム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』(86)の続編。アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校に、伝説の男マーベリック(クルーズ)が教官として戻ってくる。だが、訓練生たちは彼の型破り … 続きを読む

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

amazon

page top