【インタビュー】「おかあさんといっしょ」を卒業した小野あつこ 子どもたちの声が「日々の原動力に」

2022年4月20日 / 08:00

 2022年4月2日をもってNHKで放送中の「おかあさんといっしょ」を卒業した「あつこお姉さん」こと小野あつこ。6年間、うたのお姉さんとして活動したあつこお姉さん最後の放送には、卒業を惜しむ声が集まり大きな反響を呼んだ。番組に携わる以前から「子どもが大好きだった」という小野に、改めて番組を振り返ってもらった。

小野あつこ(スタイリング:三原千春/ヘアメーク:安藤千浪) (C)エンタメOVO

-6年間のうたのお姉さんとしての活動、お疲れさまでした。改めて、小野さんにとってこの6年間はいかがでしたか。

 長かったようで、あっという間で…、本当に濃い6年を送らせていただきました。これほど没頭させていただけて、夢のような時間でした。コロナ禍でスタジオに子どもたちを呼ぶことができなくなってしまったり、コンサートが中止になってしまった時期もありましたが、親子収録と形を変えて再びスタートすることができ、スタジオに子どもたちが戻ってきた瞬間は、忘れられない思い出です。私たちはもちろんですが、スタッフさんたちも、皆がその日を待ち望んでいたんだということを感じました。

-コロナ禍での番組制作は、制限のある中でもさまざまな工夫やアイデアが感じられて、私たちも勇気をもらいました。

 やはり物理的には子どもたちと会えない日々が続いて、夢に子どもたちが出てきたこともあったほど寂しかったですが、番組を見たお子さんたちが、私たちのイラストやお手紙をたくさん送ってくださって、皆さんとのつながりを感じることができました。会えない時間も皆さんが寄り添ってくださっていることを感じられたので、私たちも励みになりました。

-そうした経験を経て、新たな気付きはありましたか。

 新たにということではないですが、子どもたちのエネルギーの偉大さは改めて感じました。45人近い子どもたちがスタジオに来てくれて、一緒に歌って、「楽しかったよ」と声を掛けてくれたことが、日々の原動力になっていたんだなと。

-うたのお姉さんとしての最後の収録についても教えてください。

 最後の収録は、新しいお姉さんのまやお姉さん(ながたまや)を紹介して、皆で歌を歌うという内容でしたが、私は本当に涙もろいので、(本番は)大丈夫かなと心配していたんですが、実際に収録になったら、自分が初めてカメラの前に立ったときのことを思い出して、自然と落ち着きました。すごく不思議な感覚でした。自分のことを思い出しながらバトンタッチをするというのは。最後は皆と楽しんで歌い、感謝の気持ちで収録に臨めました。

-一緒に番組を作ってきたお兄さんやお姉さんとの思い出も聞かせてください。最初の1年間は、だいすけお兄さん(横山だいすけ)と出演していましたね。

 大先輩で、私が1日でも早くなじんで、子どもたちとの収録が楽しめるようにと、りさお姉さん(上原りさ)とよしお兄さん(小林よしひさ)と一緒に手取り足取りたくさんのことを教えてくださいました。お兄さん、お姉さんとしての心構えや、私が入る前に経験されたことなど、大事なことをたくさんお聞かせいただき、感謝でいっぱいです。

-そして、その後はゆういちろうお兄さん(花田ゆういちろう)と一緒に活動してきました。小野さんから見て、ゆういちろうお兄さんはどんな人ですか。

 ゆういちろうお兄さんは、舞台やミュージカルの勉強もしていらっしゃって、加入されたときから日々、いろいろな刺激を受けていました。皆のことを気遣ってくれ、引っ張ってくれる頼れるリーダーで、すごく安心感のある方です。この5年間は家族よりも長い時間を過ごした、大事な仲間です。

-2019年からは、たいそうの誠お兄さん(福尾誠)と杏月お姉さん(秋元杏月)さんも加入しました。

 誠お兄さんは、とても面白い方です。「そうぞうのへや」というコーナーでは絵も描いていましたが、すごい発想力で、驚くような絵を描くこともありました。私に全く違う見方があることを教えてくれた方です。杏月お姉さんは、妹のようにかわいくて、天使のようにいい子。心が優しく、学ぶことがたくさんありました。子どもたちも皆、杏月お姉さんが大好きでした。

-この6年間、着ぐるみやかぶり物など、たくさんの姿を見せてくれたあつこお姉さんですが、どの衣装が一番のお気に入りでしたか。

 おにぎりになれたことがうれしかったです。私が子どもの頃に「おかあさんといっしょ」で、お兄さん、お姉さんがおにぎりになっているのを見ていたので、憧れがあったんです(笑)。お姉さんになることが決まったときに、子どもたちに会えることの次に楽しみにしていたのが、着ぐるみを着られることでした(笑)。おにぎりだけでなく、ピーマンやトマトになったり…。一通りの食べ物になることができたと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

55歳で超絶アクション披露の東山紀之「これまでやってきたことが実を結んだ」 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」【インタビュー】

ドラマ2022年7月6日

 東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」(全10話)が6月24日から、Amazon Prime Videoで独占配信中だ。本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる … 続きを読む

今井翼「hideさんが残したものを大切にしたい」 『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演【インタビュー】

映画2022年7月6日

 X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして、時代を超えて支持されるロックのカリスマ“hide”。1998年に急逝した後、彼の実弟が意志を継いで仲間たちと困難を乗り越える姿を描いた映画『TELL ME ~hideと見た景 … 続きを読む

坂本真綾「まさかこのような展開が待っているとは夢にも思わなかった」 約9年ぶりのMCU作品参加で感じた驚きと喜び 映画『ソー:ラブ&サンダー』【インタビュー】

映画2022年7月6日

 アベンジャーズメンバー唯一の単独シリーズ4作目『ソー:ラブ&サンダー』が7月6日から公開される。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘の後、ガーディアンズとチームを組み、宇宙へと旅立ったソー(クリス・ヘムズワース)は、多くの人々の死に傷つ … 続きを読む

大泉洋、地元・北海道で「鎌倉殿の13人」撮影秘話を披露 「草笛光子さんが、3回もビンタしてきたんです(笑)」

ドラマ2022年7月5日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝を演じてきた大泉洋が、6月26日に地元・北海道で実施された第25回のパブリックビューイング後のトークショーに登壇。道内外から集まった400人の観客を沸かせた。  頼朝の落馬で終わる第25 … 続きを読む

「歌子らしく歌えるように心掛けています」初めての朝ドラでヒロインの妹を好演 上白石萌歌(比嘉歌子)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、内気で病弱だが、心優しく歌が大好きな暢子の妹・比嘉歌子を演じてい … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top