【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 今どきの若いモンは」反町隆史「『今どきの若いモンは』というせりふの中には、いろんな感情がある」究極の上司役でお仕事ショートドラマに主演

2022年4月8日 / 12:00

 「今どきの若いモンは」。誰もが一度は耳にしたことがあるこの言葉を毎回繰り返しながら、全ての働く人々にエールを送る「WOWOWオリジナルドラマ 今どきの若いモンは」が4月9日からスタートする(全8回放送/全22話)。吉谷光平の同名人気コミックを原作に、仕事に不慣れな新入社員・麦田歩(福原遥)や、その先輩の若手社員・舟木俊(中村海人 Travis Japan/ジャニーズJr.)たちが奮闘する日常を、ユーモアを交えてつづる“お仕事ショートドラマ”だ。部下の麦田や舟木に「今どきの若いモンは」の一言とともに的確なアドバイスを送る“究極の上司”石沢一役で主演するのは、唯一無二の存在感を武器に活躍する反町隆史。放送を前に、撮影の舞台裏やドラマの魅力、自身の生き方について語ってくれた。

石沢一役の反町隆史

-石沢のキャラクターをどんなふうに受け止めましたか。

 とても人間味にあふれたキャラクターです。分かりやすいキャラクターではあるけれど、ドラマの中で石沢の過去が描かれる場面があり、今はこういう上司だけど、昔はそうではなかった、ということが分かる。人間として成長している様子が描かれているので、すごく共感できるなと。

-演じる上で心掛けたことは?

 どちらかというと、相手と同じ目線でものを言うのが彼のよさで、この作品のテーマでもあります。だから、決して命令ではなく、部下の麦田なら麦田の目線に立って、舟木なら舟木の目線に立ってものを言う。僕自身、学生時代にサッカーをやっていましたが、そこで学んだのは、厳しい練習の中でも仲間がつらい思いをしていたら、同じような気持ちになって、助け合うのがチームワークだということ。それは、どんなことでも同じです。

-劇中、石沢は部下にさまざまなアドバイスをしますが、反町さん自身は後輩の役者にアドバイスをしたり、相談に乗ったりすることはありますか。

 僕も、若い頃は黙って先輩方の背中を見ながら、役者としての在り方を学んできたので、そういうことはしないようにしています。だから今回も、若い役者に「これはこうだよ」とか「ああいうことだよ」みたいなことは言っていません。ただ、僕も主演ばかりではないので分かるんですけど、現場の空気って、主役の方がどういう時間を過ごしているのかによって変わってくるんです。だから僕は、自分から若い俳優に声を掛けたりして、皆が「この現場に行きたい」と思えるような楽しい雰囲気を作るように心掛けています。

-若い俳優の福原遥さんや中村海人さんと現場で接した印象は?

 2人とも仕事をして、いろんなところでもまれてきているから、やっぱり柔軟ですよね。役に徹していますし、いい意味ですごく真面目です。僕の若い頃は、もうちょっといい加減でしたから(笑)。

-では、今の反町さんが若い頃の自分に何かアドバイスするとしたら?

 僕が俳優デビューしたのは19のときでしたが、生き急いでがむしゃらにやっていたところがあるので、今思えば、もう少し腰を据えて、ゆっくりやってもよかったかなと。特に役者は、早咲きよりも、少し遅咲きぐらいの方がよかったりするので。

-人生経験を積んでからの方がいいと?

 そうですね。人間として、男として経験を積み、自分を磨き、引き出しを増やした上で世に出ても悪くないんじゃないかなと。

-逆に、19歳でデビューしてから今までで、年齢を重ねてよかったこと、価値観が変わったことなど変化はありますか。

 僕ももう48ですが、年齢を重ねたことで大らかになり、全ての時間をある程度許して、楽しめるようになりました。昔は生き急いでいたこともあり、自分の欲が前面に出たり、「こうしなきゃいけない」とがちがちに考えたりしていたんですけど、そういうところは徐々に変わってきました。それはやっぱり、俳優という仕事をずっと続けてきたことに加え、子どもを育てたことも大きいのかなと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top