【インタビュー】ハナコ・岡部大「ドラマ史に残る食べっぷりを見せたい!」 ドラマ「しろめし修行僧」で主人公・米田たくあん役

2022年4月8日 / 10:01

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」が、4月8日深夜0時12分からテレビ東京で放送がスタートする。本作は、ほぼニートの寺の息子・米田たくあんが、托鉢(たくはつ)の全国行脚修行を通して、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描き、「しろめしに合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。たくあんが、しろめしをおいしそうに食べるシーンや、修行で訪れる先々で出会うマドンナとの淡い恋模様、幼なじみとの堅い友情物語も見どころになっている。本作の主人公・たくあんを演じる岡部に、ドラマへの意気込みや共演者の印象、自身が思う“しろめしに合う最高のおかず”などを聞いた。

(C)「しろめし修行僧」製作委員会

-本作は、岡部さんにとってドラマ初主演作となりますが、まずは意気込みをお聞かせください。

 今までのドラマの登場人物史上、一番食べるキャラクターになりたいです。とにかく「あいつは食べるぞ」という男になりたいと思っているので、ドラマ史に残る食べっぷりを見せられるように頑張りたいです。

-超食いしん坊の修行僧・米田たくあんというキャラクターを、どのように演じたいですか。

 たくあんは、お寺のボンボンでニートで、「どうせお寺を継げるっしょ」みたいに、世の中をちょっとなめている感じがあるのですが、修行の旅先で出会った人のためには、めちゃくちゃひたむきに頑張るところがいいところだなと思うので、どこかなめているところと、ひたむきに頑張るところのギャップをしっかりと出していきたいです。

-本作が放送される「ドラマ24」という枠は、「孤独のグルメ」をはじめとする、テレビ東京・深夜のグルメドラマのブランド枠になっていますが、この枠への特別な思いはありますか。

 「ドラマ24」は、深夜に見ていておなかがすいてしまってカップラーメンを食べちゃう…みたいな欲望をかきたてられる禁断のドラマ枠なので、いかに皆さんのおなかをすかせることができるかどうか。責任重大だなと思っています。視聴者の皆さんに、電子レンジに手をかけさせたら、もう僕の勝ちです。そうなれるように頑張りたいです。

-SNS上には、岡部さんが演じるたくあんについて「『男はつらいよ』の寅さんや『裸の大将』の山下清さんのような長く愛されるキャラクターになってほしい」という期待の声も上がっていました。

 とてもうれしいですが、身が引き締まる思いです。米田たくあんも、寅さんや裸の大将のような国民的な存在になれるように、気合を入れまくって頑張りたいです。

-岡部さんのドラマ初主演を報告したときのハナコの秋山寛貴さんと、菊田竜大さんはの反応は?

 秋山は、ずっと前から僕に「いつかは銀幕で顔を売ってほしい。どんどん出てほしい」と背中を押してくれていたのですが、まさかの主演ということに、2人共びっくりしていました。菊田も、自分以上に「すげーっ」と驚いてくれていました。

-岡部さんはバラエティー番組での大食いぶりが印象的ですが、周りの芸人さんは、岡部さんの食べる姿について何と言っていますか。

 プライベートで先輩方にごちそうになったときに、「おまえ、本当においしそうに食べるな」「おごりがいがあるな」と、食べっぷりでかわいがってもらっています。僕はサンシャイン池崎さんの池崎軍団に所属しているので、池崎さんに「岡部はよく食べるな」と言ってもらったり、シソンヌのじろうさんに、今回の役について「おまえにぴったりの役だよ」と言ってもらいました。

-修行僧の衣装のけさを着た感想は?

 めちゃくちゃしっくりきました。体にもなじみますし、監督もスタッフさんも、衣装合わせのときに「ぴったりだね」と言ってくださって、SNS上でも「修行僧に普通にいそう」と書かれていました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

【週末映画コラム】問題作を2本 テーマは傍観者的な虐殺『関心領域』/石原さとみが鬼気迫る演技を披露する『ミッシング』

映画2024年5月24日

『関心領域』(5月24日公開)  本作は、ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人々を死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る、収容所所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)一家の日々の営みを描く。 … 続きを読む

Willfriends

page top