【インタビュー】映画『偶然と想像』濱口竜介監督「なさそうだけどあるという、”もう一つの現実”を描いてみたかった」

2021年12月13日 / 07:30

 「魔法(よりもっと不確か)」「扉は開けたままで」「もう一度」。それぞれが「偶然」と「想像」という共通のテーマを持ちながら、異なる3編の物語で構成された濱口竜介監督初の短編オムニバス映画『偶然と想像』が、12月17日から公開される。本作は、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞している。濱口監督に、短編集を作った意図、観客の反応、映画に対する思いなどを聞いた。

濱口竜介監督

-「今回は短編小説集のようなものを狙った」という談話を読みましたが、前作の『ドライブ・マイ・カー』も村上春樹さんの短編をつなぎ合わせたものでした。また、どちらの映画も、ある意味、純文学っぽいところもあると感じましたが。

 小説家の方にとっては、短編と長編の間を行き来するというのは普通のことだと思いますが、映画ではなかなかそういうわけにはいきません。村上春樹さんも短編でやられたことを、長編でもう一度練り直すということもされますよね。作家にとって、短編がある種の試金石やチャレンジになるところもあると思います。自分の中の未消化なアイデアを整理する場でもあるのかもしれません。僕も、そういう場を持ちたいとは思っていたのですが、短編映画を世に出すのはなかなか難しいので、今回のように、”短編集”にしてしまえば、出しやすくなると思いました。

-三つのエピソードの一つ一つがとてもユニークで、「この話、ありそうだけどないよな」という感じが面白かったのですが、各エピソードの着想はどこから得たのでしょうか。

 まず初めは「偶然」をテーマにしようと考えました。それで七編ぐらいのシリーズを作ってみようというのと、フランスのエリック・ロメールという監督も「偶然」をテーマに映画を作られていて、それがすごく好きだったので、そういうものをやってみたいと思ったのが着想の始まりです。一つ一つのアイデアは、本当に身近なもので、生活の中から出ているところがあります。

-では、具体的に1話目は?

 1話目は、喫茶店の隣の席で2人の女性の会話が聞こえてきて、それがまさにこの映画の中のタクシー内での会話の基になっています。現実のままではドラマにならないので、話している人の相手の男性が、話を聞いている人の元カレだったらどうだろうか、みたいな想像から話を広げていきました。そんな都合のいい話はないのですが、「偶然」をテーマにすると、これで成り立つんじゃないかみたいな感じになりました。

-第2話は?

 第2話は、大学教授をしている知人がいるのですが、彼が「最近は研究室のドアは開けたままにしている」と言うんです。なぜかというと、ハラスメントの問題があって、密室空間を作ってはいけないんだと。その一方で、それは自分自身を守ることにもなると。それを聞いたときに、扉が開いた部屋の中でサスペンスフルな状況が起きているのに、生徒たちがそれに気付かずに廊下を通り過ぎていく、というようなショットが思い浮かびました。その辺から始まっていきました。

-第3話は?

 第3話に関しては、極単純に、左右のエスカレーターですれ違いながら出会うというのは面白いなあと前から思っていました。立ち止まりたいのに通り過ぎていってしまうのが。そのときに、この映画のような勘違いも起こり得るのではないかというところから始まりました。一つ一つは日常のネタですが、そこから物語として発展させていくという点では、偶然というのはいいテーマだったと思います。

-三角関係、セックス依存症、色仕掛け、同性愛…など、性に関するユニークな描写が目立ちますが、この点について何かこだわりのようなものはあるのでしょうか。

 日常の中に性もある、ということです。日常は、パブリックなものだけで営まれているわけではなくて、プライベートな領域もあります。例えば、第2話のショットで行われているのは、まさにそういうことで、プライベートな領域とパブリックな領域の境界線を描いています。そういうものも取り扱わないと、現実を扱っているという気がしないということだと思います。

-性を通して現実が見えてくるということでしょうか。

 性は一つの要素です。基本的に、いかにも現実らしい現実を描こうとは思っていないので、この映画にもアンリアルに見えるところがたくさんあります。ただ、誰もが全てを現実にさらして生きているわけではない。人に普段見せない想像や欲望が、偶然を得るとこんなにも発展していく。それが結果的にはアンリアルな印象になると思うのですが、そこを何とか「なさそうだけどある」、”もう一つの現実”というところまで持っていきたいと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“生きること”を強調したところに、この映画の真骨頂がある『トップガン マーヴェリック』

映画2022年5月26日

『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)  トム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』(86)の続編。アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校に、伝説の男マーベリック(クルーズ)が教官として戻ってくる。だが、訓練生たちは彼の型破り … 続きを読む

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

amazon

page top