【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女(くもおんな)のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

2021年10月13日 / 12:05

-では、アルバムのタイトル「AVANCE」にちなんで、安蘭さんが今後、“前進”した先ではどんな自分になっていたいですか。

 宝塚のときには、トップスターになりたいという明確な目標がありましたが、退団してからは、ただ、いい役に出会いたいという思いがあるだけなんです。なので、今も、具体的にこうなりたいという姿があるわけではありません。「いい役に出会いたい」という、そのスタンスは変わらず、生きていることを感じながら楽しく仕事をしたいです。やっぱり舞台に立つことが好きなので、それは続けていきたいと思います。

-ファンの方へメッセージを。

 今回のアルバムは、私の今までの集大成でもあり、これからの私も見られるものになっていると思います。私が歌っていることを知らない方々にもぜひ聞いていただいて、安蘭けいのことを少しでも知っていただける機会になればいいなと思います。今まで応援してくださった方々には、今回歌った楽曲から感謝の気持ちが伝わればうれしいです。

 それから、「蜘蛛女のキス」は、作品のファンの方もたくさんいらっしゃると思いますし、作品の内容を知っている方も多いと思いますが、今回は日澤さんの演出、石丸幹二さんの主演で、今までとはまた違った世界観の作品ができあがるんじゃないかなと私も期待しています。「これぞミュージカル」というものが作り上げられればと思っていますので、ぜひ期待して楽しみにしていただけたらと思います。

(取材・文/嶋田真己)

ミュージカル「蜘蛛女のキス」

 ミュージカル「蜘蛛女のキス」は、11月26日~12月12日に、都内・東京芸術劇場プレイハウスで上演。安蘭けい30周年記念アルバム「AVANCE」は発売中。

ミュージカル「蜘蛛女のキス」公式サイト https://horipro-stage.jp/stage/spiderwoman2021/

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top