【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女(くもおんな)のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

2021年10月13日 / 12:05

-では、アルバムのタイトル「AVANCE」にちなんで、安蘭さんが今後、“前進”した先ではどんな自分になっていたいですか。

 宝塚のときには、トップスターになりたいという明確な目標がありましたが、退団してからは、ただ、いい役に出会いたいという思いがあるだけなんです。なので、今も、具体的にこうなりたいという姿があるわけではありません。「いい役に出会いたい」という、そのスタンスは変わらず、生きていることを感じながら楽しく仕事をしたいです。やっぱり舞台に立つことが好きなので、それは続けていきたいと思います。

-ファンの方へメッセージを。

 今回のアルバムは、私の今までの集大成でもあり、これからの私も見られるものになっていると思います。私が歌っていることを知らない方々にもぜひ聞いていただいて、安蘭けいのことを少しでも知っていただける機会になればいいなと思います。今まで応援してくださった方々には、今回歌った楽曲から感謝の気持ちが伝わればうれしいです。

 それから、「蜘蛛女のキス」は、作品のファンの方もたくさんいらっしゃると思いますし、作品の内容を知っている方も多いと思いますが、今回は日澤さんの演出、石丸幹二さんの主演で、今までとはまた違った世界観の作品ができあがるんじゃないかなと私も期待しています。「これぞミュージカル」というものが作り上げられればと思っていますので、ぜひ期待して楽しみにしていただけたらと思います。

(取材・文/嶋田真己)

ミュージカル「蜘蛛女のキス」

 ミュージカル「蜘蛛女のキス」は、11月26日~12月12日に、都内・東京芸術劇場プレイハウスで上演。安蘭けい30周年記念アルバム「AVANCE」は発売中。

ミュージカル「蜘蛛女のキス」公式サイト https://horipro-stage.jp/stage/spiderwoman2021/

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

-お芝居で映像作品との違いを感じる部分も?  映像ならカメラが寄ってくれるので、口に出すことなく表情で伝えられるところも、舞台の場合、言葉にしないと伝わりません。特にこの作品は、シェークスピアということもあり、せりふが多いんです。その点、森 … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

-本作ではさまざまな社会問題を絡めながら、人情味あふれる物語が展開します。その中で、磯村さんご自身にとって新たな発見はありましたか。  今回は「家族」について、深く考える機会になりました。俳優になる前は、当然のように「家族は血がつながってい … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

-そんな優三を演じる上で心がけていることは?  柔和で温かな優三の空気感を大事にするのと同時に、猪突猛進で物事に真っすぐ向き合う寅ちゃんとの対照性も意識し、頼りなさそうに見えつつも、内には太い芯があることを表現できたら、と思っています。 - … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

-初心を大切にしているとのことですが、最初にお芝居を始めたきっかけは?  私が地元の福岡の事務所に所属していたとき、ワークショップを受講する機会がありました。そこでモデルかお芝居、どちらかのコースを選択することになり、未経験だったお芝居に挑 … 続きを読む

Willfriends

page top