【インタビュー】映画『犬部!』大原櫻子「ワンちゃんたちのお芝居を見るのが、とても楽しかったです」

2021年7月20日 / 06:10

 大学に動物保護サークル「犬部」を設立した獣医学部の学生・花井颯太(林遣都)。彼と「犬部」のメンバーたちの熱い思いと奮闘を、笑いあり、涙ありで描いた『犬部!』が、7月22日から公開される。「犬部」のメンバーで後に研究者となる佐備川よしみを演じた大原櫻子に、動物たちとの共演の様子や撮影の裏話を聞いた。

佐備川よしみを演じた大原櫻子(ヘアメーク・木内真奈美(OTIE)/スタイリスト・米原佳奈)

-今回、獣医学部の学生から研究者を演じた感想は?

 私が演じた佐備川よしみは、「犬部」のネコ担当ということで、学生時代は紅一点というか、女性が少ない環境だったので、元気で明るく「犬部」を盛り上げたいという思いで演じていました。それから、30代になった研究者としてのよしみは、後輩もいて、ネコ用のワクチンの開発を進めているという、責任のある立場なので、学生時代の弾けた感じとはちょっと違う、責任を持って仕事をしている一人の女性として、成長した姿を見せたいと思って演じていました。

-メークや髪形も変えていましたね。

 そうですね。メークさんとも「元気いっぱいの女の子にしたいね」と話していて、学生時代は髪形もポニーテールにしました。30代はハーフアップにして、ちょっと大人になった感じを表現したりしました。衣装も、(篠原哲雄)監督やスタッフさんと話し合いながら進めていきました。学生時代は、かわいらしさを出したいと思って、結構脚が出ていたり、肌が見える衣装が多かったのですが、大人になったときは落ち着いた感じのものにしました。

-学生時代と社会人になったときとの演じ分けはどのようにしましたか。

 髪形などで外見的な変化がつけられたことは、役を演じる上でとても大きなものがありました。学生時代のよしみは、いつもわくわくしていてかわいいという感じで、動物への愛情もダイレクトに出せると思っていたので、幸せ感をたっぷり出したいと思いました。とにかく元気に明るくということを意識していました。研究者になったときは、あまり浮き浮きした感じはなく、動物の命を扱う大変さを自覚して、一生懸命に仕事をしているという真面目な表情を意識しました。

-16年後の研究室で「10年以上たってもワクチンが作れない」と嘆くシーンが印象的でした。

 私自身も仕事をしているときに、悔しいと思ったことや、悲しい出来事がバネになったりすることがあります。なので、私もあのシーンはとても大事に思っています。なぜ、よしみが大変なワクチンの開発をここまで一生懸命にやっているのかが分かるような、重みのあるシーンで、ここがよしみの真髄だと思ったので、私自身の仕事に対する思いと重ねてせりふを言っていたような気がします。

-演じるに当たって、篠原監督から何か注文はありましたか。

 台本を読んだときに、等身大に近いキャラクターだと思いました。監督からは、役柄へのオーダーよりも、「とにかく動物を扱う撮影になるので、いろいろと芝居の中でうまくいかないことが多くて大変だろうけど、頑張ろう」と言われました。

-動物が相手の撮影は、やはり苦労が多かったのでしょうか。

 大変でしたけど、「よくこんなお芝居をしてくれるなあ」という驚きもありましたし、楽しかったです。ただ、本番のカメラが回るまでどんなお芝居をするのかが分からなかったので、「お願いだからこっちを向いて」(笑)みたいなところもありました。大変でしたけど、癒やされました。

-では、動物が相手で楽しかったことは?

 やっぱり動物たちは純粋にすごくかわいいと思いましたし、林遣都さんが演じた颯太さんに寄り添っているワンちゃんたちが、指導の方が合図をすると、ほえる、待つ、近付くなどのお芝居が完璧にできたので、「すごいな」と。ワンちゃんたちのお芝居を見るのが、とても楽しかったです。

-特に印象に残っているシーンはありますか。

 たくさんありますが、颯太さんが、ワンちゃんにシャワーを浴びせて、ワンちゃんがブルっと身震いするのがきっかけになって、ほほ笑ましい空気が流れるというシーンで、なかなかブルっとしてくれなくて、何度もテークを重ねて、すごく格闘したなあと。やっぱり犬の芝居がないと出てこないせりふもあるので、遣都さん頑張っていたなあと思いました。

-よしみは等身大に近いキャラクターということですが、ご自身との共通点や、似ていると感じたところはありましたか。

 特に精神的に強いわけではないのですが、よしみが颯太さんに対してちゃんと自分の意見を言うところや、ネコを助けたいという強い思いを持って行動し、ワクチンの開発に励んでいるところなどは、ある意味、男っぽいというか…。何かそういうところが自分と似ているのかなあと思いました。

-演じながら、主人公たちの行動をどう思いましたか。

 学生なのに、ここまでの行動力がある人ってすごいなと思いました。どの時代でも、ゼロから1を生み出すには強いエネルギーが必要だと思いますが、それを学生がやっていたわけですから。颯太さんのモデルになった太田快作先生は、実際に今でも動物を助けています。こういう方がいるからこそ、動物たちも幸せに生きられるんだろうなあと思います。感謝しなければと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「『乗車します!』って感じでした(笑)」真田広之がブラッド・ピットとの初共演について語る 映画『ブレット・トレイン』【インタビュー】

映画2022年8月13日

 伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデビッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリーアクション『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)から公開される。海外を拠点に活躍する真田広之が、本作のオ … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」草笛光子「私が一人で決めてぶった、みたいな話に」 頼朝ビンタの真相を激白!

ドラマ2022年8月13日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。  ドラマでは、北条家のライバルであり、この地に縁のある、比企一族の重鎮、比企尼を演じる草笛光子が、比 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」成田瑛基「みんなが小栗旬さんに付いていっている」山谷花純「頼家の側室にされたけど文句はないです(笑)」北条家のライバル、比企一族を演じる若手俳優2人が撮影秘話を披露

ドラマ2022年8月12日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、当地に縁のある比企一族の比企時員を演じる成田瑛基と、せつ役の山谷花純が、比企能員役 … 続きを読む

3時のヒロイン、トリオ結成5年「覚悟がある人が夢をかなえることができる」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月12日

 アカデミー賞史上最多の14部門ノミネートで、世界中で話題を呼んだ映画『ラ・ラ・ランド』の世界が味わえる、「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ラ … 続きを読む

草なぎ剛「お父ちゃんとお母ちゃんが、子どもを抱き締めてさえいれば、子どもは強く大きく育っていくんだと思いました」 映画『サバカン SABAKAN』【インタビュー】

映画2022年8月12日

 1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険に出る2人の少年(久田と竹本)のひと夏の友情を描いた『サバカン SABAKAN』が8月19日から公開される。本作で、大人になった久田を演じた草なぎ剛に話を聞いた。 -この映画に出演するこ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top